Search Unity

こんにちは!本日、Unity Cloud Buildの大型アップデートを発表します!この一年間、頂いた沢山のフィードバックを元にみなさんの仕事をさらに楽にするための機能の開発に尽力してきました。

まず、個別の機能についてお話するまえに、これらの機能は全てのユーザーに無料で提供されること、オープンベータサイトにて今すぐ利用可能であることをお知らせします。では、さっそく行ってみましょう!:

新プラットフォーム

まず、Cloud Buildでサポートするプラットフォームが倍になりました! iOS、 Android、WebPlayerの他に、Windows デスクトップMac OS X、および Linux 版のビルドが可能になりました。OS Xと Linuxでは 32ビット/64ビット/ユニバーサルのオプションが利用可能で、Windowsでは 32ビット/64ビットのオプションが選択出来ます。

image01

より簡単で、より柔軟なビルド設定

このアップデート以前では、一つのプロジェクトについて複数の異なる設定を使用してビルドしたかった場合、プロジェクトをその分複製しなければなりませんでした。例えばAndroidのGoogle Play向けバージョンと、Amazonなど他のストア向けのAndroidのビルドなどです – が、そんなことはもう終わり!このアップデートから、一つのプロジェクト内に複数の「ビルドターゲット(build targets)」を設定可能になりました。そしてココがポイントですが、このビルドターゲット毎に別のブランチと別の証明書 (credentials) を使用することができるのです。

この機能はプロジェクトのTargetsセクションから利用出来ます。

image00

既存のプロジェクトでは、現在利用中のプラットフォームは「default-PLATFORM」という名前になります。ターゲットを新しく追加すると、ターゲット名、だれ向けのターゲットか、どのブランチを使うかなどの設定をあらたに行うことができます。

Androidでのバイナリ分割(.APK + .OBB) サポート

Cloud Buildを通してAndroidでのバイナリが分割されたビルドを作成する機能をサポートしました。これが一番フィードバックからアツく要望されていた機能でしたので、今回リリースできたのは本当に嬉しいです!Android ターゲット設定のAdvanced Settings よりこの機能が利用出来ます。

新ウェブサイトと新UI

これらの新しい機能をサポートするためにウェブサイトとUIを刷新し、ちょっと小粋に使いやすい感じになりました。もちろん、すべての機能は今まで通りモバイル端末もバッチリサポートしているので、どこにいてもビルド、管理、ダウンロードが行えます。

全てのプランで全機能が利用可能に

最後に、私たちのサービスプランについて、皆さんからの大きなお声…「Cloud Buildはすべての機能が使えてこそ最も便利」…この点、大ッ変よくわかりました!ですので、本日より全てのプランで下記の機能が利用可能になりました:

  • ビルド前/ビルド後処理
  • Git、SVN、MercurialとPerforce との統合
  • スクリプトでの Define のカスタム定義
  • カスタムシーンリスト
  • デベロップメント(Development) ビルド/ デバッグ(Debug) ビルドの作成
  • プロジェクト毎のコラボレーター数を無制限に

新機能を使い始めるには

繰り返しになりますが、すべての機能はベータサイトですぐにご利用いただけます。
下記サイトから登録してご利用下さい。

https://build-beta.cloud.unity3d.com

新しいプラットフォームと新機能を利用するには、こちらのサイトからCloud Buildを利用いただく必要があります。より多くの方が利用を始めて新サイトが問題なく稼働する確証が得られたら、古いサイトを放逐します!(テキサスでは止めることをこう言うんです ;) )

最後に、私たちのチームに沢山のフィードバックをお寄せいただいたり、コミニュケーションをいただいた開発者の皆さんにお礼を申し上げます。新しい機能についてもぜひご意見をお待ちしています!!

15 コメント

コメントの配信登録

コメント受付を終了しました。

  1. aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa

  2. This is great stuff, thank you Unity!

    I would LOVE to see a WebGL build target :)

  3. I really would like to feature additional WebGL.
    google

  4. Paulo Godinho

    9月 27, 2015 11:17 pm

    Are blender files support on the way?

  5. Waiting for the WebGL cloud build

  6. I really would like to feature additional WebGL.

  7. Marc Schaerer

    9月 25, 2015 9:47 am

    I really love the new UI and build configuration. Its so much easier to work with a team and distinct feature branches than the manual project multi cloning to have them being built as required :)

  8. Dmitriy Pyalov

    9月 25, 2015 12:03 am

    Are you going to increase repository size limits?

    We have a relatively small project and our git repo size is already over 1.5 Gb.

    1. it’s going to be one of the main subscription driver imho, so I wouldn’t count on it :)

    2. I wish…

  9. Any thoughts on creating a VCS repository service like github?
    It would be useful to small indies and you need the source to build from anyway.

  10. Nice Features, but I have a question;
    “Xcode 7 allows anyone to download, build and ‘sideload’ iOS apps for free”, (http://9to5mac.com/2015/06/10/xcode-7-allows-anyone-to-download-build-and-sideload-ios-apps-for-free/)
    Is this possible in Unity Cloud Build?

  11. Thank you very much for the new features and for opening the restricted ones!

    I assume this is part of the “open beta” stage, but I’m curious on what are your plans after this period. Maybe giving full Cloud Build features to Pro licensees?

    1. Richard @ Unity

      9月 24, 2015 8:56 pm

      The features will continue to be free to all users after the Open Beta period. Please enjoy them.

  12. Thank you for making Mercurial support available for everyone! Now to go try out the new platforms and build some projects. :)