Search Unity

エディターセレクション – イカしたパーティクルをご紹介!

, 11月 18, 2015

日光の中を漂うチリから壮大なスーパーノヴァまで、パーティクルシステムはリアリティを与える沢山の小さな魔法のディティールを作ることができます。エレガントで低コストに、グッとくる見た目のエフェクトを作ってディティールアップしちゃいましょう!

パーティクルシステムは 銃のマズルエフェクト爆発するタル花火レーザービームエネルギーの爆発マンガの星の爆発、ガラスの破片、榴弾の破片、魔法のスペルや生々しく飛び散る鮮血など、多くの表現に使われる主要な描画メカニズムです。適切なサウンドエフェクトと組み合わせることで、効果はより一層高まります。

上記とトップのバナーは Polyfied の Particle Playground

パーティクルシステムとは?

パーティクルシステムとは、パーティクルエミッターがついたゲームオブジェクトで、パーティクルエフェクトのデザイン・設定とコントロールが出来るようになっています。完璧なパーティクルシステムを作るには、多くの選択がなされなければなりません。パーティクルは2Dテクスチャとメッシュのどっちを使うべき?パーティクルのポリゴンはカメラに常に向くようにする?どのくらいの頻度で、どのくらいの長さで、どのくらいのスピードでパーティクルを出す?色やサイズ、透明度を時間で変更する?コライダーで跳ね返るようにする?パーティクルが消えたときに、別のパーティクルを出すようにする?

パーティクルシステムを実験しながらゼロから作り上げることはとても楽しいのですが、とても時間のかかる作業でもあり、また、ちゃんとしたものを作るにはコツが要ります。しっかりとしたパーティクルシステムは美しいアートワークとうまくチューニングされた振る舞いのプロパティ、そしてプラットフォームやパフォーマンスに対する配慮が絶妙なバランスで取り合わせられたものです。幸い、正しいパーティクルを作るためにあなたがパーティクル・サイエンティストになる必要はありません。なぜなら、アセットストアには膨大な量の最高のパーティクルシステムが揃っているからです。アセットストアにはゲーム産業の一流のアーティストやテクニカルディレクターの手によって生み出されたすぐに使えるパーティクルが、あなたが必要なほとんど全ての用途について存在しています。設定済みのパーティクル(Prefab)集に加えて、アセットストアからは完璧なパーティクルのシンフォニーを作るのに使えるサードパーティーのフレームワークも見つけることができるでしょう。

ブッ飛ばせ!なんでもだ!

耐火スーツ、耳栓、安全ゴーグルは装備しましたか?ビデオゲームで何かをブッ飛ばすのは、疑いようなくすっごく楽しいものです。なぜなら、あなたは自然の法則に縛られることなく(あと地元の消防署にも迷惑をかけずに)地球を揺るがし、破片をブッ飛ばし、脳みそが蒸発するような爆発を作って楽しむ事ができるからです。最高ですね!

Flying Teapot の FT Explosion Master

私の最初のオススメは日本の Flying Teapot です。 Flying Teapot はアセットストアの中でもスプライトシートベースのパーティクル師として最高の制作者の一人です。 FT Explosion Master は20のPrefabが含まれていて、ひとつひとつの爆発が美しい煙の雲と噴出物、黒焦げになったデブリと踊る火炎で作り込まれていて、どんなパイロマニアのこころも揺さぶる出来になっています。

ft_explosions_2

このパーティクル集へのフィードバックはおおむね好意的ですが、スプライトシートを使ったシステム特有の問題として、このパッケージのパーティクルは他のものよりもカスタマイズ性に難があるという側面が指摘されています。しかしながら Flying Teapot はディティールやエネルギーの流れに対して細心の注意を払っているので、このパッケージのどのエフェクトを使ってもAAAクオリティのディティールとインパクトをゲームに加えることができるでしょう。

Realistic Fire & MASSIVEART の Explosion Pack

MASSIVEART はアセットストアではわりかし新参ですが、わたし個人としては最高の爆発エフェクトを提供していると思います。先の Flying Teapot と同じく、MASSIVEART もスプライトシートをベースにしたパーティクルを作っており、流麗でフォトリアリスティックな表現を実現しているというメリットがあります。しかし、反対にカスタマイズ性の難についても同じです。小さな爆発、大きな熱核融合爆発、キャンプファイヤー、火炎放射器、さまざまな煙、ファイアウォール…このパッケージで遊ぶのは楽しいですよ!

Unluck_1

Unluck Software の Fire FX

chick

Unlock はFire FXの他に ニワトリの群衆シミュレーターHerdSim Chickensも作っています…この2つを組み合わせて究極のニワトリ黙示録を作りたくなる欲望を抑えられなかったので、カッとなってやっちゃいました!

アセットストアパブリッシャーのUnluck Software はアセットストアコンテンツの中でももっとも多作なパブリッシャーの一角です。彼らの作品はモデルデータ、パーティクルシステム、鳥・魚・コウモリ・ねずみ・蝶の群衆シミュレーション、そしてオーディオデータなどに渡ります。そして驚くべくもなく、彼らは最もメジャーで人気のある炎と爆発のパーティクルシステム Fire FX の制作者でもあります。このパッケージは放火魔のみなさんがやりたいと望むことのすべてがクリーンなPrefabの形で含まれています:スパークや煙のついたリアルな炎、ショックウェーブやバックドラフトのついた爆発、破裂して燃え上がるガス管、炎の輪、地中の焦土、轟々と激しく燃え上がる炎… 先に紹介したいくつかのパッケージと違い、Unluck SoftwareFire FX はスプライトシートに依存しないため、他のものよりもう少しフレキシブルです。もし爆発エフェクトを自分用にカスタマイズしたいのであれば、このアセットが良い選択になるかもしれません。

マンガ的表現の世界にようこそ

多くのデザイナーがフォトリアリズムをリアルタイムCGの聖典のように考える一方で、私たちはゲームが実世界では不可能なことを実現するためのものとしても見ています。マンガのような世界観はリアルと非現実の真ん中に通る素晴らしい道で、シンボルと現実の要素を統合し、誇張やスタイル化を通して、現実の退屈な制約から自由になれます。任天堂は – 彼らが最初というわけではありませんでしたが – 2002年にリリースした「ゼルダの伝説 風のタクト」で美しくハイクオリティなマンガ的パーティクル表現を使用し、その効用を広く知らしめました。スタイル化されたホコリのパーティクル、剣戟、炎、はねる水、突風などは本当に傑出した表現で、ひょっとするとゲームプレイ自体よりも鮮明に覚えているのではないでしょうか。風のタクトの影響は今日日の多くのゲームに見ることが出来、またスタイル化されたパーティクルへの要望も依然健在です。

JMO_cartoon_2

Jean MorenoのCartoon FX Pack vol 1, vol 2, vol 3 & vol 4

アセットストアにはマンガ的表現のパーティクルも同様に多くありますが、その中でもマンガ的なパーティクルの王様といえば、まちがいなくJean Moreno でしょう。彼はフランスのアーティスト兼ゲーム開発者で、アセットストアですばらしいCartoon FX Pack シリーズをリリースしています。

easy editor

seperator

Morenoの最初のアセットである Cartoon FX Pack, Volume 1 はコミック本のビジュアル言語からの強い影響を受けていて、複雑なパーティクルの繋がりとアクションワードを組み合わせた作りになっています。KA-POW! (かぱぅ!) Moreno は彼の CartoonFX Easy Editor というカスタムエディター拡張をキットに含めるという画期的な試みを行い、彼の作ったエフェクト集をローレベルな部分に踏みこむことなくカスタマイズやリファイン出来るようにしました。

fxMegapack_header

Unlock Software の FX Megapack

fxMegapack2

もう一つのポピュラーなアセットはUnluck SoftwareFX Megapack です。この手軽なパッケージは$10以下のアセットに125以上のパーティクルPrefabが含まれています。パーティクルは大体マンガ的なスタイルものです。パーティクルは自由にカスタマイズできるので、マンガのアクションワードを削除したり変更したりといったことも自由にできます。

geteam_2

GE TeamDev の FX Quest

もしあなたが日本のRPGゲームのスタイルを愛しているなら、G.E. TeamDevFX Questは試してみた方がいいでしょう。彼らは沢山の技術と時間、エネルギーを投入して、このジャンルのゲームジャンルの雰囲気を忠実に再現したビジュアル表現を187以上のパーティクルエフェクトにまとめました。魔法攻撃やスペル、高エネルギーのファイアボール、自然のフォース… どれも明るく際立った表現で、カスタマイズも容易です。このアセットにはスマートなスケーリングツールや、ゲームのユーザー体験を強化する22のUI用パーティクルエフェクトも含まれています。

パーティクルフレームワークと外部ツール

ここまでいくつかの素晴らしいパーティクルエフェクト集を紹介してきましたが、もしさらにカスタマイズしたい!という場合はどうすればいいでしょう?あるいはさらに洗練されたパーティクルシステムを自作したい、という場合は?もしあなたが自分で作ることを信条とするパーティクルのエキスパートならば、アセットストアにはあなたのお手伝いが出来るであろう、いくつかの素晴らしいフレームワークとツールがあります。

Particle Playground 2 は直感的で簡単に使えるパーティクル作成フレームワークで、Unityの基本機能のShurikenパーティクルシステムを拡張するものです。 Polyfied はシステムを拡張して新しいプロパティ、たとえば乱流フォースや他の要素に対する引力・斥力などを追加し、それらを他のパーティクルシステムやゲームロジックとコミニュケーション出来るようにしました。

polyfied_2

Particle Playground 2 はパーティクルの状態のスナップショットを取って、セットしたパーティクルのスナップショット間を遷移するような作り方が出来るようにしてくれます。 さらに付属するPreset Wizardを使えば、作成したパーティクルを再配布可能な形で自由にエクスポートすることも出来ます。このシステムはすべてC#で書かれており、マルチスレッド対応もしていて、いくつかの初心者用のシーンも同梱されています。Particle Playground 2 は嬉しいことにUnityがサポートする全てのプラットフォームで動作します。

popcorn_hr_1.png

PopcornFX の PopcornFX Particle Effects

PopcornFXパーティクルは業界標準のパーティクルシステムですが、フレームワークを別途購入する必要があります。

アセットストアでパーティクルエフェクトを探し回っていると、多くのPopcornFXによる製品を発見するかもしれません。彼らは素晴らしいパーティクルとパーティクル作成に適したツール群を提供しています。ただし、一つだけ覚えておく必要があるポイントがあります。PopcornFX はUnityに含まれている技術ではなく、独自のプロプラエタリなパーティクル描画用テクノロジーを使っているということです。

popcorn_hr_3.png

PopcornFXによるパーティクルをUnityで使用するには、まず始めにPopcornFX Particle Effects Pluginを デスクトップ/コンソールAndroid iOSなどそれぞれのプラットフォーム向けに購入する必要があります。PopcornFXのクールなところは、彼らの作った専用のパーティクル作成アプリケーションを使ってエフェクトを作れるという点です。これはおおむねAAAのゲーム開発でこの手の仕事をするときの業界標準ツールでもあるのですが、費用がかかる点が難点です。個人的にはUnityのパーティクルレンダラーは十分な仕事をすると思いますが、多くの人々がそれ以上の機能を求めて費用を支払う価値があると感じているようです。

濡れるッ!(水に)

本質的には、パーティクルシステムとは小さな要素が変化・変質することで自然の力を表現するものです。その”自然”が我々の世界で起きるものとは全く違うものであったとしても、一定のルールにしたがっています。これらのルールが、普段パーティクルだと思わない現象、たとえば液体を表現するためにも適用できるというのは面白いことだと思います。流体力学はとても複雑ですが、パーティクルをうまく使うことで、けっこう効率的に表現することができます。

Fluvio

Think squirrel の Fluvio

ThinksquirrelFluvio は美しい水と流体のシミュレーターです。粘性、乱流、表面張力などのプロパティをうまく調整することで、ドロドロした重い溶岩やねちゃっとしたペンキ、荒れ狂う水など、どのような流体についてもシミュレーションすることができます。 Fluvio はちょっとしたパーティクルシステム、なんて程度のものではなく、洗練された流体力学エンジンによって駆動し、高い表現力をもつ液体シェーダーがついています。Fluvio はその実力を発揮するとき、パーティクルでどれほどすごいことが出来るのかをデモンストレーションしてくれます。ビジュアル面の良さに加えて、Fluvio の物理シミュレーションは流体ベースのゲームプレイ・メカニクスという新しい世界の可能性を広げてくれます。たとえばパイプを使ったパズル、水門やバルブ、物理的に正しい水車、浮力を持つオブジェクトの振る舞いなどです。Thinksquirrel の人々はさまざまなビデオチュートリアルや、そのまま使ったり、学習のために使える無料のサンプルプロジェクトをアセットストアに提供してくれています。

アセットストアにある多くの素晴らしいパーティクルシステムのうちのいくつかを、実用性の側面からピックアップして紹介しました。パーティクルシステムはライティングやオーディオと同じく、空っぽで退屈なステージを生き生きとしたリッチなものに変えるディティールを提供する大事な要素です。煙突からのぼる小さな煙が、ステージの装飾のための建物に誰かがそこで生を営んでいる感覚を与えます。森を飛び回る蛍は、あなたのゲームプレイとは無関係に自然がそこに生きている感じを与えます。私たちは現実では時にそういったものに関心を示さずにいますが、潜在的にはそれがあることを認めていて、こうした毎日の中の小さな要素が私たちの認知には豊かな表現として認識されるのです。わたしはパーティクル表現を実験し、楽しみながらそのディティールとインパクトが産むアドバンテージをあなたのゲームで活用するすることを強く推奨します。パーティクルはすっごく楽しいので、きっと退屈することだけはないと約束しますよ!

12 コメント

コメントの配信登録

コメント受付を終了しました。

  1. Lemon drop martini drink recipe

    11月 30, 2015 12:18 am

    The links you see in Editors’ Picks are hand-picked by the news organization whose logo is displayed above the links.

  2. A note to everyone now storming out to grab every Particle System they can find on the AssetStore:

    Most of the systems do not play well with pooling of objects (i.e. their particle systems cannot be resetted to be used again) and some of them are not even allocation free when just playing.

    So do your research and inquire the devs. ;)

  3. The first image reminds me of 2004’s Ubisoft intro.

  4. What is the impact of the particle system on the framerate in VR games/applications?

    Is the simulation executed twice? Or is it only the rendering which is done twice?

  5. Stefan Hollekamp

    11月 19, 2015 8:52 am

    Hello,
    nice post but plz tell the true:
    The PopcornFX Editor is Windows only like many other plugins…. :-(
    And each plugin is very expensive too…

    1. The PopcornFX Editor has 3 separate versions (PC, OSX, Android), so you have to buy the version related to the platform you are developing for.

    2. Raphael Thoulouze

      11月 20, 2015 4:04 pm

      Hi, PopcornFX dev, here.

      Just wanted to clarify a few things :
      – Our (free) particle editor is indeed windows-only (we do have plans to bring it to osx and linux) but the plugins do run on windows, osx, linux, android and ios.
      – The plugin indeed comes in 3 different versions, each targeting different platforms : desktop (windows, osx, linux), ios or android.

  6. Quite informative summary about particles…

  7. Robert Cummings

    11月 18, 2015 7:12 pm

    +1 for chickenpocalypse.

    1. Thomas Pasieka

      11月 18, 2015 7:51 pm

      -1 for not mentioning anything about Goats.

      1. No surgeons or bread was harmed in the making of this article. Also, this article was timely as I need to start researching particle systems.

        1. The chickens and the goats all stand and clap.