Search Unity

幸いなことにUnity 4.6系の最終バージョンである4.7.0 を無事リリース出来ました。これは4.6.9p1から4.6.9p4までのすべてのパッチリリースでの修正をまとめたもので、新しい機能追加は一切ありません。以前Unityのパッチリリースのプランについてのブログ記事で報じた通り、このリリースがUnity 4.x系の最後のオフィシャルリリースとなります。唯一の違いは私たちはこれを元々の4.6.10のかわりに4.7.0と呼ぶことにしたという点だけです。

なぜ4.7.0と呼ぶことになったのかについての理由を説明します。特に、このリリースを出すことは4.xのリリースを継続する、というような判断によるものではないという点を強調しておきます。4.7.0という名称になったのは別の理由があります。

  1. みなさんもよくご存じのように、UnityのWebPlayer プラグインはUnityのバージョン番号を見て、ダウンロードしたコンテンツをどのランタイムで再生するかといった処理を行っていますが、古いプラグインには新しい(2桁の)バージョン番号(x.x.10)を正しく認識しない問題があるのです。ブラウザープラグインの部分とUnityのランタイムの部分を同時に更新することは出来ないため、WebPlayerで問題が出ないバージョン表記に保つ必要があります。
  2. 4.6.10とするその他の問題は、このバージョン番号はApplication.unityVersionとしてScripting APIでアクセス可能なものなので、私たち以外の第三者の方々が書いたコードについても一部、“x.x.10” が同様の不具合を起こす可能性があるのではないか、という点です。

まとめると、4.6.10という以前までのすべてと違う新しいバージョン文字列のフォーマットに切り替わるのは、これがUnity 4.xシリーズの文字通り最後のリリースであることを考えると回避できるリスクは回避した方がよいという判断となり、バージョン番号は4.7.0となったわけです。

これが3年におよぶUnity 4.xサイクルと1年間の4.6.xリリースの最後を飾ります。この道のりを一緒に歩んで下さった皆様に、この場を借りて私たちより今一度お礼を申し上げます!とくにこの一年は4.6向けに10のメジャーリリースと36のパッチリリースをリリースし続け、濃密な時間を過ごしました。今後は私たちの全エネルギーをUnity 5の開発と保守に向けたいと思います。

Unity 5の最新のリリースがどうなっているかは、リリースのブログ記事をぜひ参照してください。他にもFacepunch StudioによるRustのUnity 5への移行事例をこちらから読む事が出来ます。もしUnity 5への移行を検討しているならば、このガイドラインが役に立つはずです。

24 replies on “Unity 4.xの最終版がリリース”

Please release an unnoficial editor of the 64 bits version of unity 4 no matter hoe many issues it has. Beast lightmapling begs for a y4 bits editor the moment you go large scale environment mapping.

I don’t know what going having trouble playing my call of duty heroes game been like this for over two weeks with activision trying to figure something out then you guys come to play just want to get my game back up to much money spent here and time

Unfortunatly, this will break a lot of assets (until they get fixed, of course), because there is no sane way to check for the version number in Unity. Would be so cool if there was something like “#if UNITY_VERSION < 5" or similar.

“UNITY_4” and “UNITY_5” don’t exist, that’s the problem. (Your link confirms this.) Most assets use “#if UNITY_4_0 || UNITY_4_1 || …” and as they didn’t think of having UNITY_4_7, too, they all have to be updated. Annoying, for a simple bugfix release.

UNITY_5 works fine for me :) Just tested it in my project, compiles fine and even works in VS. Though I’m using Unity 5.3, I don’t know if it works in 4.7.

Another option is to use Application.version, split result with “.” and see what number in first index is. It’s kinda “dirty” way, but works.

Could you please check the additional download links for V4.7.0f1 cacheserver and builtin shaders zips ?
Both lead to 404 currently ….

That is not cool!

And it is especially not cool to promote it! Instead of being ashamed of not supporting your single stable version at the moment (because Unity 5.x IS NOT STABLE), you proclaim it obsolete! The shame is on you, guys and girls from Unity!

I’m thinking you’re blowing this out of proportion. All game engines have some problems and Unity 4.x is not an exception. Also, the new UI is not forced on you; you can still use NGUI

I think the only thing that is not stable is the performance on mobile plattforms. There are problems with the UI and the new Shaders in Mobile Plattforms. (Performance very low, fps lower than 30). But, i don’t know if the Unity Team have resolve this thing already.

But everything else i think is perfect.

We found Unity 5+ crashes on various devices for iOS when loading scenes, and for android our crash rate in the wild went drastically up. We had to go back to 4.7 for the time being.

For example iPad pro consistently crashes on loading new scenes after a few minutes when using OpenGL 2.0.

Comments are closed.