Search Unity

Unity と PiXYZ Software が提携、リアルタイム開発で CAD データが利用可能に

, 3月 6, 2018

Unity は PiXYZ と提携し、CAD データを利用したソリューションを提供します。これによって、CAD データに基づくリアルタイムでインタラクティブな仮想体験を今までよりはるかに速く作成できます。

Unity は今日、航空宇宙、建築、自動車、建設、遊戯機、輸送、製造、医療など、ゲーム以外の多くの業界で使用されています。これらの業界でリアルタイム性によってもたらされる利点には、より良いデザインコラボレーションによるイノベーションの加速、より高いトレーニング効果を上げるための VR/AR トレーニングの開発、エンゲージメントの向上と売上の増加につながる没入感のある体験を作り出すことなどがあります。

業界の専門家は、ワークフローにリアルタイム性がますます必要であるとみなし、プロダクトや体験を思いつき構築する方法が完全に変わる可能性があることを認めています。先進的な考えを持つ業界の人々が製作のプロセスをリアルタイムにするために大幅な前進を遂げてきましたが、絶え間なく困難に直面して来ました。特に、リアルタイムな開発のための大規模な CAD アセンブリを準備したりインポートしたりする際に困難がつきまといました。

それを解決するために Unity と PiXYZ Software は協力して、大企業から個人の専門家まで、すべての人に最高と言っていただけるソリューションを提供し、Unity でリアルタイムの体験を生み出すために CAD データを簡単にインポートして最適化できるようにしました。

PiXYZ Software の社長で創業者である Stéphane Imbert 氏は次のように述べています。「PiXYZ は、大規模な CAD アセンブリの処理に伴う困難な課題を解決することを目的として、CAD 専門家により、CAD 専門家のために設立されました。Unity のリアルタイムの開発プラットフォームは、CAD を使用し高品質な体験を構築したい顧客にとって、最高のリアルタイムのワークフローであると広く認識されています。Unity との戦略的パートナーシップにより、市場で最高の、最もレスポンシブで、最も負担の軽いソリューションを提供して、今後、互いの顧客にますますお役に立つことができるでしょう。」

業界最高クラスの CAD データ準備、インポート機能

PiXYZ との協力によって、Unity で大規模な CAD アセンブリを扱うことが可能になりました。これは大量のデータを管理する企業にも Unity でプロジェクトを開発する個人の専門家にも有用です。PiXYZ のプロダクトがさまざまなニーズにどのようにフィットしているかを見てみましょう。

すべての PiXYZ プロダクトに共通しているのは、高速な処理速度、大量のアセンブリ処理能力、ほぼすべての一般的な設計システムからデータを使用する能力をあわせもつハイパフォーマンスコアです。レクサス NX の完全な自動車駆動系アセンブリを処理する場合でも、CATIA(ダッソー・システムズ製の3D インタラクティブアプリケーション)の大規模な建築用カーテンウォールでも、Inventor(オートデスク製の 3D CAD ソフトウェア)の製造機器でも、PiXYZ を備えた Unity がすべてをカバーします。

PiXYZ Plugin によって、プロジェクトに直接 CAD モデルをインポートするメニューオプションが Unity エディターに加わります。Plugin は、一連のダイアログによって CAD モデルのスケーリング、方向の調整、修正(縫合)、テッセレーションを行います。また、UV のマッピング、デザインの階層のインポートの制御、 LOD (Level of Detail) の生成のオプションも備えています。さらに、Plugin には、CAD データを Windows ランタイムに直接インポートできるという、とっておきの凄い機能があります。Plugin を使うと、プロジェクトからランタイムの実行ファイルをパブリッシュでき、エンドユーザーはその新しい CAD データのインポートを開始できます。これを使うと、プロジェクトの再ビルドやアセットバンドルの作成なしに即座に更新したものを提供できるため、常に変化する CAD データを扱う際に特に威力を発揮します。

PiXYZ Review と Review Premium は、プロジェクトのビルドをまったく行わずに、CAD データを処理する代替手段を提供します。Review を使用すると、ネイティブの CAD ファイルを素早く開いて、位置変更自在な断面図、分解組立図、インタラクティブな 3D 測定、PMI(製品製造情報)データへのアクセスなどの直感的な方法を使ってファイルを処理することができます。Review はまた、さまざまな場所でさまざまなデバイスタイプを使用している複数の参加者間で、リモートコラボレーションを可能にします。さらに、Review Premium では、没入型のコラボレーションのために VR デバイスと AR デバイスを使用することもできます。

PiXYZ Review は、あらゆる場所でデザイナーとエンジニアのインタラクティブなコラボレーションを可能にします

PiXYZ Studio と PiXYZ Studio Editor は、デスクトップ用の強力でカスタマイズ可能な CAD インポートとデータ準備を提供します。これらの製品は、Plugin で利用可能な機能にさらに制御機能を加え、モデルの簡素化、隠線処理、反転した法線ベクトルの修正、インタラクティブな修正のためのツールを提供します。Studio Editor を使用すると、ジオメトリの特性やデザインのメタデータに基づいて効率の高い自動処理が可能な Python スクリプトの作成が可能になります。

PiXYZ Studio でプロダクトの設計データを素早く準備し、リアルタイムな体験を創造できます

PiXYZ Studio で、リアルタイムな体験や踏査に使える製造装置用 CAD データを作成することができます

PiXYZ Pipeline と PiXYZ Connect を使用すると、プロジェクトの処理をデータセンターに移動できます。Pipeline には Studio のすべての機能があり、さらに、オンプレミスのサーバーやプライベートなクラウドのインスタンスで自動バッチ処理を実行する機能を備えています。大量のデータを処理する必要がある場合はサーバーを追加し、必要な容量に合わせてスケールできます。Connect を使用すると、Pipeline の複数のサーバーを活用して会社のセキュリティ境界内で専用 Web サービスを作り、CAD のインポートとデータの準備を行うことができます。

成功を実現するための徹底したソリューション

業界をリードするプロダクトだけでは十分ではないことを Unity は承知しています。サポートやトレーニング、そして、開発への取り組みを変化に合わせてスケールする能力も必要です。Unity はこれまでさまざまな企業向けサポートを顧客に提供してきました。それをゲーム業界以外の企業のニーズにお答えし拡張するため、Unity を基礎としてその上に PiXYZ プロダクト、サポート、トレーニングを目的に応じて組み合わせることができる Unity Industry Bundle を提供します。

私たちは業界専門家のニーズに焦点を当て、新しいトレーニングだけでなくカスタムトレーニングも提供しています。Unity はまた、開発者が Unity を最大限に活用できるよう支援します。開発の規模を拡大する必要がある場合は、Unity の開発者の大規模なコミュニティ(月に 100万人以上のアクティブな開発者が参加しています)を探して、プロジェクトに必要な人材を見つけることもできます。

イノベーションの加速とインパクトの高い体験の創造

リアルタイム性の潜在的な応用例はあたかも無限にあるように思われ、PiXYZ と Unity が提携したことにより、CAD を使った作業が簡単になり、開発者はあらゆる主要な VR デバイス、AR デバイス、PC、モバイルデバイスを含む 25 以上のプラットフォームでリアルタイムの体験を作り出すことができるようになりました。特に、これらの業界の企業や開発者は、プロダクトのデザインビジュアライゼーション、トレーニングアプリケーション、顧客対応のインタラクティブな、または没入感のある体験のためにリアルタイムを利用することに非常に大きな価値を見いだしています。

バーチャルデザインレビュー – イノベーションの加速

Unity のリアルタイムの開発プラットフォームと AR/VR 機能は、より優れた設計をより迅速に効率的に作成するのに役立ちます。設計者とエンジニアは、共有された大規模なプロダクトのビジュアライゼーションにより共通の場に立って協力でき、そのため、さまざまな部門や分野間での設計変更の影響を容易に視覚化できます。バーチャルデザインレビューは、サプライヤーやビジネスパートナーも交えて行うように拡張することさえできます。

トレーニング – 知識を伝える

VR や AR による体験は臨場感のあるトレーニングを提供し、忠実度の高いリアリスティックな設定で学習者を引き付け、トレーニング成果を向上させます。VR/AR トレーニングでは、工員がまだ完成前の工場の操作訓練を行ったり、身体の安全性を損なうことなく危険な設備の運転を訓練することができ、作業中に事故が発生するリスクを大幅に削減することができます。

マーケティングとセールス – 顧客にインパクトの強い体験を

Unity を使用すると、リアルタイムのインタラクティブで臨場感のある顧客体験を作り出すことができます。それは、プロダクトでより高い顧客エンゲージメントと投資を促進し、結果的に売上の増加につながります。PiXYZ の利用で、製品設計データを直接活用してオンラインコンフィグレーターを作成したり、現実のような忠実性で顧客がプロダクトを体験できる VR 体験を作りだすことも可能です。

もっと詳しい情報を得るには

Unity Industry Bundle に関する詳細を知りたい、または、技術革新の加速、インパクトのある体験の提供、ビジネスの変革にどのように Unity と PiXYZ を活用できるかついてもっと詳しく知りたい方は、ぜひご連絡ください。専任のエキスパートによるチームが皆さんからの質問をお待ちしています。

Unity のエキスパートと連絡を取る

40 コメント

コメントの配信登録

コメント受付を終了しました。

  1. Hello, with PiXYZ asset, can i import Autocad (.dwg) or Microstation (.dng) 3D drawings ? Mainly do you have a list of supported CAD format ? Thx – Denis

    1. Edward Martin

      4月 23, 2018 4:28 pm

      Hi Denis, AutoCAD 3D DWG (up to v 2018) is supported in the 2018 version of PiXYZ products. Microstation DNG is not currently supported. The PiXYZ website has an up to date list of all supported formats. The links to the PDF for each product are a bit long to post here, but you can just go to https://www.pixyz-software.com/, select “Products” in the top menu, the product you are interested in, and search for “formats” to find the link. – Ed

  2. Hello, what is average waiting time for an unity expert response?

    1. Edward Martin

      4月 19, 2018 3:33 pm

      Hi Łukasz, I believe I found out what went wrong – there was a typo in the email address you provided for contact. I sent another email to you with what I believe is your correct email address. I’ll make sure we take care of you! – Ed

  3. Nothing in asset store and no prices anywhere? I am thinking it’s mega expensive then, which is a shame

    1. https://www.pixyz-software.com/plugin/

      1000 € / year

      1 year subscription renewable
      Available for Unity 2017.4.0f1
      Includes all PiXYZ PLUGIN formats (see more)
      Includes all PiXYZ PLUGIN features (see more)
      Node-locked / Per seat license

  4. carlos e r barbosa

    4月 2, 2018 3:33 am

    Please, I need to create executable apps that loads CAD data at run time for my clients, in other words each client will have its own executable that loads their CAD files and uses my custom built tools to interact with it. Do I need to have a PiXYZ license for each executable (build created)?

    1. Edward Martin

      4月 3, 2018 5:27 pm

      Hi Carlos, if you’re using the Plugin to update CAD data in the runtime, then yes each person who wants to update CAD needs a license. Note that this is only for Windows runtimes. If you have a larger group of people, we offer a floating license for the Plugin that can be shared. Depending on your use case there may be other workflows that best fit your needs – I’d encourage you to click on the “Talk to a Unity Expert” link and the right person will follow up with you. Cheers, Ed

  5. Nikolay Bolshakov

    3月 29, 2018 2:30 pm

    where can I get this software? Unity Experts do not answer me (

    1. Edward Martin

      3月 29, 2018 7:20 pm

      Hi Nikolay – we’ve just reached out to you. Sorry for the delay!

  6. Possible ETA for a trial version? Thanks

    1. Edward Martin

      3月 29, 2018 12:46 am

      Hi Luca, the trials have been unleashed as of today – for the Plugin and Studio that is. The trial for PiXYZ Review will drop very soon. If you’ve already signed up, you should hear very soon. If not, please sign up at the “Talk to a Unity Expert” link above (it’s working again). Thanks, Ed

  7. Hi, I made contact & received a “Thank You we will be in touch” email some 12 days ago. This plugin is of massive interest to us (& our clients in the engineering and construction industries) but I was hoping for a little more pro-activity from Unity / PiXYZ . Are you just snowed under with enquiries or are you being super selective with who you provide access to?

    1. Edward Martin

      3月 23, 2018 2:49 am

      Hi Nige, I am very sorry about this. I chased this down today and found that your request was misrouted. We’ve now sent it to the right person and you should expect to hear from him soon. Yes, we are a bit snowed under with requests, but no we’re not filtering anyone out. I also want to thank you for posting about this, as it helped us fix the mistake on our end so that others don’t suffer the same problem. Cheers, Ed

  8. I work on a programming team in an office of about 70 CAD modelers that use Autodesk products and we create custom tools and solutions to help our teams workflow. Would I be able to say import an Autodesk Revit model into Unity now with this solution? Previously imports do not include any of the materials and the like, just end up with a large grey model in Unity, not fun. Using Maya as a step between works better but is annoying. Having the ability to dump out of Revit into Unity is something I could probably sell my boss on.

    1. Edward Martin

      3月 20, 2018 2:01 am

      Right now PiXYZ supports IFC and ACIS but not yet Revit – but you can export from Revit to one of those formats. Revit support is on the roadmap and we’d like to talk with you about getting you into a beta evaluation with that capability. Please click on the “Talk to a Unity Expert” button and in your message make sure you say you want to be connected with Ed Martin. I’ll take care of you from there!

      1. I tried to make contact but continue to get the following error at the next page.. “The website encountered an unexpected error. Please try again later.” I spoke with a co-worker and he provided me with IFC models from Revit to use as a test for now. I would be available for Revit beta testing then. My department is looking to possibly use Unity with some of our new content for customer engagement/experience.

        1. Edward Martin

          3月 29, 2018 12:52 am

          Hi Joe! Sorry about that, I feel your frustration. I talked to our web team and they got this fixed. Since you’ve already tried this twice, I want to offer you two routes to getting your PiXYZ trial. The link works again, so feel free to click on that. I also reached out directly to you.

  9. Jussi Korhonen

    3月 15, 2018 1:35 pm

    Hello!

    I would like to hear more information on when/how do we get our hands on this. We work with customer cad models and we want to try this pipeline as it seems to be promising.

    1. Edward Martin

      3月 15, 2018 1:41 pm

      Hi Jussi, please click the “Talk to a Unity Expert” link above and we’ll get in touch with you about providing access to a license you can try. PiXYZ supports most major CAD formats so I think you’ll find it meets your needs.

  10. 软件支持的是线性模型还是多边形模型?

    1. Edward Martin

      3月 15, 2018 1:39 pm

      PiXYZ support both B-Rep / NURBS data and polygonal model formats. If you are interested in knowing whether a specific format is supported, please let me know in the comment below.

  11. We currently have a project which requires us to import CAD models at real time from a server in to a shared VR Experience. We are currently using our own implementation but it’s limited and still in development. Is this something that PiXYZ could handle? I would love to try a demo.

    1. Edward Martin

      3月 14, 2018 1:21 am

      Hi Mark, this sounds like a good fit for PiXYZ. Please click on the “Talk to a Unity Expert” button above and we’ll be in touch about demo licenses!

    2. Szalkai Miklós

      3月 19, 2018 6:55 pm

      Yes it can!Much faster and it can handle more!

  12. Customessaywriting

    3月 11, 2018 10:29 am

    6-bis CAD; – all’Indice dei domicili digitali delle pubbliche amministrazioni e dei gestori di pubblici servizi (IPA), di cui all’art. 6-ter CAD; – all’Indice nazionale dei domicili digitali delle persone fisiche e degli altri enti di diritto privato, non tenuti all’iscrizione in albi professionali o nel registro delle imprese, di cui all’art. 6-quater CAD; – al registro generale degli indirizzi elettronici, gestito dal Ministero della giustizia (NOTA 5).

  13. RahulOfTheRamanEffect

    3月 8, 2018 10:01 am

    This is fantastic and something I really need in a project that I am currently working on. My current workflow uses Autodesk Fusion 360 for IGES files, Simplygon for optimizing the meshes, Blender for further tweaks and material adjustments and finally Unity on which my app is built. The Unity Industry Bundle could really bring me a productivity boost.

    I’ve already contacted the Unity Expert about the bundle, but while I wait for a reply, could you provide a hint on when the bundle will be available, how much it is going to cost and if there are any restrictions of use in its license?

    1. Edward Martin

      3月 8, 2018 3:48 pm

      Hi Rahul, that’s great to hear! Based on your description, I think PiXYZ could be a great solution for you. PiXYZ has great capabilities for reading both parts and assemblies for all major CAD applications, and could save you a lot of steps (and time). The next version of PiXYZ is launching very soon, and we’ll get you a trial license of the product so you can try it out and see if it’s a great fit for your workflow. If it is, then we can provide you with an Industry Bundle – or if you already have a copy of Unity, a license of the right PiXYZ product for your needs. You should hear from the Unity Expert soon – we’ve had a large volume of inquiries, so it may take a couple of days to hear back. Feel free to connect with me on LinkedIn if you’d like to chat some more, and I can follow up directly.

  14. Yes please. Sounds very nice! Hope we will see .stp support!

  15. Oh, I actually missed the “super power” thing when I posted my last comment. Now it gets interesting!

    Can that import function automatically have a polygon count ceiling for its tesselation set by script?

    1. Edward Martin

      3月 8, 2018 12:17 am

      Hi, eobet – today the Plugin provides the ability to tesselate using presets, with the option of specifying an accuracy level. The ability to specify a triangle count is in PiXYZ’s roadmap and we look forward to sharing more news on that.

  16. So judging by the date this is announced, it is in direct resonse to Unreal Engine Studio for Enterprise, and their Datasmith CAD translation service? This seems like a hurried after-though in comparison, though… time will tell.

    (We actually quite succesfully translate CAD data to Unity for VR already using 3D Studio Max, but we have begun to investigate Unreal as well due to several reasons, Datasmith being one of them.)

  17. Daniel Nielsen

    3月 7, 2018 11:39 am

    That is some awesome news ! looking forward to see the support of CAD data in Unity !!

  18. Great, much awaited feature and also suggest to please support DICOM format for healthcare devices imaging – Thank you

    1. Edward Martin

      3月 8, 2018 12:20 am

      Thanks for the feedback, this is a great place for you to post features that are important to you. We’re listening to all of our customers.

  19. Nice!
    When?
    How?

    1. Hi Cascho, glad to hear you’re interested! Click on the “Talk to a Unity Expert” and we’ll be in touch with more details. PiXYZ has been in the market for a year already, so it’s a proven solution.

      1. Yes, because one year makes a solution “proven”.

        After having taken care of their child for the first year, most parents are considered “proven” even though they haven’t done much but parenting yet. Likewise, new software with lofty promises should be considered mature and battle-tested merely for existing.

        Are you people serious?

        1. To be fair your analogy is completely wrong. If you want to compare it properly you’d need to say: “X amounts of parents have been using product Y for 1 year and it’s been great”. Now is it a proven solution? It depends of how big X is right?

        2. Hello,
          I’m Geoffrey from PiXYZ Software. If I may add some details, our team members are experts and engineers issued from large automotive companies, software editors, research, 3D content creation, and VR industry. We crafted our software from more than 10 years of experience optimizing 3D models for complex and numerous industrial use cases. You can have a look at our main customers on our web site: http://www.pi.xyz
          Thanks