Search Unity

8 月にはじめて開催された、Unity の自動車産業向けウェビナーで、PiXYZ が提供する業界最高水準の CAD インポートソリューションと、Unity のリアルタイムレンダリングプラットフォームを組み合わせることで、素晴らしいアイデアや製品を簡単に実現できることを参加者の皆様にお伝えしました。このウェビナーは、Unity の Ed Martin と Adam Myhill、そしてパートナーである PiXYZ の Axel Jacque 氏をはじめとする、業界のエキスパートたちが講師を務めました。

本記事はこのウェビナーの内容の要約です。このウェビナーでお伝えした主な内容は以下の通りです。

  • 車両の CAD データをシームレスにインポート・準備・最適化する方法
  • Unity を使って、離れた場所にいる者同士が、没入感のあるインタラクティブ 3D 環境内で、リアルタイムかつフルスケールでプロダクトデザインの共同作業を行う方法
  • プロジェクトサイクルタイムの短縮、3D デザインモデルの改良、開発と CAD プロセスに掛かる時間および費用を簡単に節約する方法

このウェビナーでは細部にわたる実演も行っています。録画をオンデマンドでご視聴いただけます。ウェビナーでご案内した PiXYZ トライアルの延長をご希望の方はこちらからご連絡ください

自動車産業向け Unity

ウェビナーはまず Ed のプレゼンテーションから始まりました。彼は、デザイン、エンジニアリング、マーケティングなどの分野に携わる人々のニーズとして「CAD データからの 3D 体験の作成」があることを紹介しました。例えばハイエンドなビジュアルや、VR トレーニングアプリ、あるいはスマートフォン向けの AR アプリを作成したいとしましょう。ユースケースに関わらず、直面する課題は同じ「リアルタイム向けの CAD データをどう準備するか」ということになります。ウェビナーではこの問題を PiXYZ と Unity によってどのように解決できるか、実際の例を挙げてご紹介しています。

続いて Ed は、自動車産業に変化をもたらしている以下の 4 つの大きな要素の動向によって Unity へのニーズが高まっていることをお話しました。

  • 便利なデジタル体験への消費者の期待
  • サービスとしてのモビリティ(MaaS)
  • 自律走行車両
  • コネクテッドビークル

これらの 4 つの要素が組み合わさって、市場における競争の性質を変化させています。私たちは、問題を解決して自動車産業におけるユーザーの皆様がより高い競争力を持てるようにすることで、他のすべての業界の皆様にとってもより高い競争力を得るための力になれると考えています。

続いて Ed は、顧客が特に没入感のあるインタラクティブ体験のデザインと構築を必要としている分野として、Unity が注力している主な分野を 5 つ挙げました。

  • 自動車のデザイン
  • セールスとマーケティング
  • トレーニングとガイダンス
  • ヒューマンマシンインターフェース(HMI)
  • シミュレーションとビジュアライゼーション

PiXYZ でリアルタイム 3D 用 CAD データを準備する

続いて Axel が、PiXYZ Studio を使って Unity 用 にCAD データを準備する実演を行いました。強力なデータ準備のための強力なアルゴリズムが幅広く利用可能で、かつ、その利用も簡単です。バージョン 2018.2 では PiXYZ Studio に Python スクリプト編集機能が追加され、データ準備に必要なプロセスも自動化できるようになりました。これに関連するその他の PiXYZ 製品には PiXYZ Plugin for Unity などがあります。これを使用するとエディター上で簡単にインポートを行えるだけでなく、Windows ランタイム内への CAD データのインポートも可能になります。非 Windows ランタイムを更新する必要がある場合は、PiXYZ Connect を使ってアセットバンドルを作成すれば、すべてのプラットフォームでランタイム内に直接インポートできます。

次に Ed が、120 種類以上の高品質で写実的なマテリアルで構成される、新しい Automotive Material Library (Beta 1.5) をご紹介しました。プラスチック、レザー、ガラス、カーペイントなど、自動車の完全なビジュアライゼーションの準備に必要なすべてが揃っています。Ed が、これらのマテリアルを Lexus LC 500 に手動で割り当てる実演を行いました。Lit シェーダーと Stack Lit シェーダーの場合、Inspector ウィンドウでマテリアルを編集・調整できます。これは、バージョン 2018.3 の公開とともにアセットストアから無料で入手可能となります。

マテリアルおよびライティング用のアーティスティックなリアルタイムツール

最後に Adam が Lexus のトレーラーを例に、ツールを使ってどのような素晴らしいクリエイティブな作業が可能かをご紹介しました。Adam は Lexus LC 500 をフィーチャーした車の宣伝映像をわずか 1 週間足らずで制作した小さなチームの一員です。チームはアセットストアのパッケージを利用してコンテンツを作成し、すべてのシネマティクスとライティングを数日間で作り上げました。Adam は、Timeline を使用して、ショットのシーケンシングや、ライティング・色・視覚的配置の調整を、すべてリアルタイムでレンダーしながら行う方法を実演しました。

まとめと今後の予定

最後に下記の要点を振り返って、ウェビナーは締めくくられました。

  • デザインデータからインタラクティブなリアルタイムコンテンツを作成するのに必要なパイプラインが Unity によって提供されている
  • PiXYZ と Unity は、小規模な企業向けの Plugin や Unity Pro から、大規模な企業用の Unity Industry Bundle や PiXYZ Studio や Connect に至る、幅広いツールを提供している
  • HD レンダーパイプライン(HDRP)は標準的なマシンにおけるリアルタイム 3D の可能性を拡げている
  • ツールは今すぐに利用可能(PiXYZ のトライアルの延長をご希望の方は、こちらからご連絡ください。)

今後は以下のイベントが予定されていますので、お見逃しなく。

  • Car Design News ウェビナー ― 9 月 26 日水曜日 8:00(太平洋標準時刻)には Car Design News によって次回のウェビナーが開催されます。Gravity Sketch が Unity を使用して VR ビジュアライゼーションをどのように作成したかを、Honda Motors のデザイナーである James Robbins 氏を特別ゲストに迎えてご紹介します。席に限りがありますので今すぐご登録ください。(※[訳注]こちらのイベントは好評のうちに終了しました。)

デザイン:James Robbins 氏

  • Unite Los Angeles で開催される AutoTech Summit ― 10 月 23~25 日、Unite にて AutoTech Summit が開催されます。一部の皆様は 6 月に Berlin サミット(参加者 300 人以上)に参加されたことと思いますが、LA では更に多くの参加者が見込まれますので今すぐご登録ください。(※[訳注]イベントは好評のうちに終了しました。)

ウェビナーのオンデマンド視聴

上記にご紹介したウェビナーはオンデマンドで視聴可能です。自動車産業向け Unity の機能をぜひ実際にご覧ください。このページのコメント欄にぜひご意見をお寄せください(私たちは、すべてに目を通しています!)。特に、PiXYZ と Unity の組み合わせをあなたのビジネスにより活かすためのアイデアを楽しみにお待ちしています。詳細および PiXYZ パッケージ入手はこちらのページをご覧ください

返信する

これらの HTML タグや属性を使用できます: <a href=""> <b> <code> <pre>

  1. Would it be possible to get the unity project of the Lexus for research purpose only?
    Actually I only need to know exactely how to setup screenspace-reflections in the HDRP.

    Also thanky you a lot for your posts! We are a small hobby team, looking to make (interactive)-commercials with unity.
    We`ve come a long way, in terms of grafical capabilities along with the Unity-engine over the past five years.
    After succesfully transitioning to the 2018-HDRP, we are now closing in on our photogrammetry workflow and looking forward to work with CAD in unity. To have a full repertoire of product capturing.

    So it would be awesome if someone could give me the final ingredience to unitys photorealistic magic!

      1. I’m happy to report that screen space reflection (SSR) is now enabled in HDRP for 2018.3, please see https://github.com/Unity-Technologies/ScriptableRenderPipeline/wiki/HDRP-Asset for more details.

  2. I think this not the best one. But prosessors will increase their capabilities and abilities.

    1. Could you develop this I am not sure to understand

  3. there are fights can be won, and fights that can’t. Going up against Epic/Unreal and their car/metal rendering and post processing stack isn’t one of the winnable ones.

    1. Can’t disagree. But it’s interesting to look at how Unity is trying to do something without proper technologies.