Search Unity

リアルタイム描画技術による映像制作の世界がますます勢いを増す中、多くの皆さまが、迅速なイテレーションと強力なストーリーテリングのワークフローを可能にする最新のベストプラクティスによって、シネマティックなシーンの制作を行いたいとお考えのことでしょう。そんな皆さまに朗報です ― ゲームのカットシーンやショートフィルムなどのリニアコンテンツを Unity で制作したいユーザーに向け、Film Sample Project がアセットストアから公開されました。

Mike Wuetherick は、Made with Unity チームのシニア・プロデューサーです。彼のチームは過去 2 年間で、ショートフィルム『ADAM: Episode 2』および『ADAM: Episode 3』(Oats Studios)、そして最近では Disney Television Animation とのコラボレーションによる『Baymax Dreams』など、大規模なシネマティック映像制作プロジェクトを多数手掛けてきました。

Unity の Film Sample Project のご紹介

このパッケージには、リニアコンテンツ(ショートフィルムだけでなくシリーズ物のアニメーション作品も含む)の制作をお考えの皆さまのために事前設定されたサンプルプロジェクトが含まれています。『ADAM: The Mirror』や『Baymax Dreams』などのショートフィルムの制作で使用されたレイアウトのテクニックが用いられているほか、皆さまがご自身で Unity でシネマティックな映像プロジェクトを制作する際のたたき台としてお使いいただけるようになっています。

本プロジェクトは、最近公開された HD スクリプタブルレンダーパイプラインとポストプロセッシングスタック V2、Timeline、そして Cinemachine を使用しており、私たちが Unity を使ったリニアコンテンツの制作に取り組む中で追加で構築した、エディターユーティリティやカスタムのタイムライントラックなどの便利なツールを多数含んでいます。

Film Sample Project は Unity アセットストアから入手可能です。

Film Sample Project の使用を開始するには、Unity がインストールされている必要があります。本プロジェクトは Unity 2018.2 で制作され、2018.2.x のすべてのバージョンで機能するようになっています。

Unity のインストールが完了したら、プロジェクトを新規作成し、アセットストアを開いて Film Sample Project をインストールしてください。

(注)Film Sample Project は完全な Unity プロジェクトですので、空のプロジェクト内にインポートする必要があります。

内容

本パッケージには以下が含まれます。

  • 基本的なプロジェクト構造および編成 ― リニアコンテンツの制作専用に設計された Unity エディターウィンドウのカスタムレイアウト([例]Timeline ウィンドウのデフォルト表示)などが含まれます。
  • マルチシーン読み込みのフレームワーク
  • コンテンツ、シーン、タイムラインのためのベースディレクトリ構造
  • Unity がエピソード物の制作のために開発し、有用性が確認された、ツールのライブラリやタイムライン拡張機能をはじめとする便利な機能(Tools メニューからアクセス可能)
  • Oats Studios 制作のショートフィルム『ADAM: The Mirror』からの 3 つのショットを含むサンプルショートフィルム(以下が含まれます)
    • キャラクター「ADAM」(Unity デモチーム制作)
    • キャラクター「WASP」(名前は「Lu」、Unity デモチーム制作)
    • キャラクター「Traption Guard」―(Unity デモチーム制作のキャラクター『ADAM』を基に Oats Studios が制作)
    • 上記のサンプルショートフィルムに含まれるオリジナルのモーションキャプチャーカメラの動き
    • (注)上記 3 体のキャラクターは、以前リリースされた「Adam Character Pack」(Unity デモチームが Unity Humanoid Rig を使用して制作)に含まれていたバージョンを基に Oats Studios がショートフィルム『Adam Episode 2』、同『Episode 3』用に修正したリグを搭載した状態で提供されます。
  • 上記 3 体のキャラクターのアニメーション(モーションキャプチャーカメラ付き、Generic リグアニメーション)
  • 新規のシリーズ物制作のたたき台としてご利用いただくために設計された『Empty Series』 のシーンおよびタイムライン一式

クレジット

  • 環境アセット「Airlock」は Virtuous Games が Oats Studios のために制作したものです。モーションキャプチャーは Animatrik のスタジオで撮影されました。
  • キャラクター、コンテンツ、シーンは『Adam 2』のアセットパックに含まれるものであり、Unity Technologies, Aps がその著作権を保有しています。

ウォークスルー

コンテンツの編成

Film Sample Project のすべてのコンテンツは、専用のフォルダー構造によって整理されています(以下参照)。これはベストプラクティスでもあり、本プロジェクトに含まれるマルチシーンフレームワークに必要とされるものでもあります。皆さまのコンテンツもこれに近い方法で整理されることをお勧めします。

以下のセクションでは、皆さまご自身のプロジェクト用にシーンのフレームワークを設定する方法をご説明します。

Content

  • 3D モデル、アニメーション、キャラクター、プロップ、オーディオなどはすべてこのフォルダー内にあります。

Scenes

  • サンプルとチュートリアルのシーンが含まれます。

Timeline

  • サンプルエピソードの Timeline のシーケンスが含まれます。

Film Sample Project の使用を開始する

Film Sample Project には、2 つのサンプルと、Timeline および Cinemachine の独自の概念を理解するために役立ついくつかのチュートリアルシーンが含まれており、皆さまご自身の制作にご利用いただけるようになっています。

1 つ目のサンプルは事前ビルドされており、ショートフィルム『ADAM: Episode 2』に含まれるいくつかのアセットを用いて、コンテンツやシーン、タイムラインの整理方法を示しています。皆さまご自身の制作にお役立てください。

2 つ目のサンプルは、空のテンプレートに、事前作成された Unity シーンと Timeline のシーケンスが付いたものです。これらはすべて、皆さまがご自身のシーケンスを 1 からビルドしていただけるように設計されたものです。

サンプルを読み込むには、Unity プロジェクトの Scenes フォルダーを開いてください。

上のキャプチャー画像のように、Scenes フォルダーの配下に多数のフォルダーが表示されます。各種サンプルは EmptySeries フォルダーおよび FilmSampleV1 フォルダーの中に格納されています。

Scenes/FilmSampleV1 フォルダー内に FilmSampleSceneLoader というファイルがあります。これを選択するとインスペクターに以下が表示されます。

マルチシーン読み込みシステムは使いやすく汎用的な形で設計されています。このシステムの主な目的は、Unity シーンのリストを、2 つのカテゴリー(Main Scenes または Set Scenes)のどちらかに定義して読み込めるようにすることです。

ダイアログ下部のボタン(以下)で、適切なシーンの読み込みを行います。

  • Load Full Workflow をクリックすると、Main Scenes と Set Scenes の両方のリスト内のすべてのシーンを読み込みます。
  • Load Set Only をクリックすると、Set Scenes のリスト内のシーンのみを読み込みます。

シーン読み込み用のワークフローが 2 つあるので、環境アーティストやライティングアーティストは、キャラクターやアニメーションなどのすべてが含まれるタイムラインを丸ごと読み込まずに、シーンのサブセットを読み込んで作業を行うことができます。大規模な制作の完全なワークフローは非常に大きくなる可能性があるため、効率化を図るショートカットとして、ライティングおよび環境デザイナーのためにこのシステムが開発されました。

Film Sample V1 のシーンローダ―を開いて「Load Full Workflow」を選択すると、本ブログ記事冒頭のヘッダー画像にある設定が表示されます。このサンプルは『ADAM: Episode 2』からの 3 つのショットを含んでおり、「入れ子にした Timeline」を用いた Timeline の使用方法や、ショット用のカメラ作成における 2 種類のアプローチ(Cinemachine のみを用いた方法と、Oats Studios が元々のショートフィルム用に開発した元々のモーションキャプチャーカメラを用いた方法)が学べるようになっています。

Scenes/EmptySeries フォルダーを開くとサンプル「Empty Series」に対応するシーンローダーが入っています。このサンプルは、皆さまご自身の制作を始める際のたたき台としてご利用いただけます!

Film Sample Project にはこの他にも、『ADAM』のようなリニアコンテンツの制作をより簡単に行うための、ツールやカスタムのタイムライントラック、エディターショートカット、およびその他のユーティリティーが、数多く含まれています。詳細は本プロジェクトに含まれる FilmSample Readme ファイルをお読みください。

皆さまの制作物を拝見できるのを楽しみにしております!

Unite Los Angeles

2018 年に開催された Unite LA 2018 では、多くの皆さまが Unity for Film: Tools for Linear Storytelling をはじめとするワークショップにご参加下さいました。今後も、「リアルタイム描画技術を用いた Unity での映像制作」に関連したワークショップやウェビナーのお知らせをお楽しみに!

17 コメント

コメントの配信登録

コメント受付を終了しました。

  1. Mike Wuetherick

    10月 22, 2018 8:25 pm

    Thanks for the feedback all, we have submitted an updated package that should the issues with the analytics package that were being reported previously. Thanks for your patience!

  2. Philip Walker

    10月 19, 2018 5:03 pm

    Missing scripts on components: screenshot: https://imgur.com/a/Ypxouyb

    1. Mike Wuetherick

      10月 22, 2018 8:26 pm

      This is likely because of script errors from something else (possibly related to the issues other people have reported). An updated package is up on the asset store that should correct this!

  3. Antonis Fassolas

    10月 16, 2018 7:33 am

    Antivirus wont let some of its files run seeing them as ransomware (bit defender)
    there is an error ragrding HDR pipeline
    the thing is unusable with unity 2018.2.12f1

  4. This mentioned Unity Analytics are needed. I made a new empty project without analytics and I got some errors. Then I greated empty project with analytics included then everything worked fine. So somehow Analytics module is required.

    1. Interesting. That should not be the case. I see Mike W investigating below.

    2. Mike Wuetherick

      10月 22, 2018 8:26 pm

      An updated package is up on the asset store that should correct this!

  5. Catalin-Alexandru Nastase

    10月 12, 2018 4:42 pm

    “com.unity.modules.unityanalytics”: “1.0.0” line is missing from manifest.json generating 2 compile errors.

    1. Mike Wuetherick

      10月 12, 2018 8:39 pm

      Someone else mentioned this as well, I’ll have to dbl check what could possibly depending on this – don’t know why the Analytics module would be required?

    2. Mike Wuetherick

      10月 13, 2018 1:41 am

      Did you import the package into an empty project? if so, which template did you use to create the empty project?

    3. Mike Wuetherick

      10月 22, 2018 8:26 pm

      An updated package is up on the asset store that should correct this!

  6. Asad Mehmood

    10月 12, 2018 1:30 pm

    Thank you Team Unity, I just started working on Cinemachine for cinematic for my game and boom a full example project is here for my ease.

  7. Thomas Ingram

    10月 12, 2018 5:42 am

    Great, except:
    – keyframe compression is enabled, causing all the character’s feet to slide around!
    – No Undo support on the tools
    – Wasp’s Rifle has the wrong material

    1. Mike Wuetherick

      10月 12, 2018 7:27 am

      Thanks for the feedback.

      I’ll see what I can do for the undo support on the tools. This is a library that we’ve been building up (and continue to work on for our own projects) over the past few years, strangely enough no one has ever mentioned lack of undo before ;}

      I’ll do a pass on the animations, definitely a great point about the compression – definitely something that you want to disable for the majority of productions like this (we definitely did for both ADAM and Baymax Dreams). Animators are picky about this sort of thing ;}

      ps I swear I fixed Wasp’s rifle ;\

  8. What great timing; I am currently spending time doing some tinkering with Timeline & CineMachine.

    1. We know! We’ve been watching you and decided that now was the perfect time :)

      1. Thank you