Search Unity

Unity と Autodesk の提携 ― ワークフローの効率化で没入型の体験を強化する

, 11月 13, 2018

Unity と Autodesk の製品を使用してリアルタイム 3D 体験を制作されている皆様に朗報です。Unity は Autodesk との連携を一段階推し進めて、より高度な相互運用性を実現するに至りました。Unity と Autodesk 製品(Revit、VRED、Shotgun、3ds Max、あるいは Maya 製品)を併用されている方は、ぜひこの先を読み進めてください。

Unity は、ゲーム・映画・自動車・AEC(建築設計・エンジニアリング・建設)など業界の別に関わらず、すべての皆様のために、多くの Autodesk 形式との直接的な連携を実現すべく取り組みを進めています。デザイナーやエンジニア、クリエイティブ職や建設に携わる皆様にとって、CAD データや BIM データの Unity への大量インポート、環境のビジュアライゼーション、インタラクティブなバーチャル体験の構築、あるいは全部署をつなぐリアルタイムな共同作業環境の構築が、今まで以上に簡単に行えるようになります。私達の目標は、すべてのユーザー間でデザイン上の摩擦を無くすことによって、皆様のコストの節約、効率性の向上、より快適なコラボレーションを可能にすることです。

私たちが Autodesk との提携を 2017 年 10 月に発表した時、Unity は、Autodesk FBX SDK のソースコードアクセス搭載を搭載し、アセット共有やゲーム内イテレーションのプロセスを効率化した初のリアルタイム 3D 開発プラットフォームとなりました。これは、Autodesk Maya および 3ds Max を使うアーティストにとって、コンテンツをより簡単に Unity に取り込み、より迅速にイテレーションできることを意味ていました。Unity と Autodesk DCC ラウンドトリップに関する詳細は こちらをご覧ください。

スムーズな BIM データインポートでインタラクティブな AEC モデルを構築する

Revit および 3ds Max のモデルが簡単に Unity インポート可能になることで、ワークフローが効率化され、インタラクティブな没入型 3D コンテンツの市場公開にかかる時間が、VR、AR、モバイルを含む 25 種類以上のプラットフォームで短縮化されます。

従来は、Revit で作成したモデルとそのすべての BIM データの Unity へのインポートは、困難で時間のかかる作業でした。多くの場合、ユーザーは Revit で作成したモデルを複数のプラグインを使用して Unity にインポートしていました。インポート後は Revit データの一部(BIM やマテリアルなど)が失われ、これが余計な作業を発生させていました。

今回の提携で Revit データの Unity へのスムーズな取り込みが可能となり、AEC デベロッパーは、プロジェクトのどの段階でも、オフィスのインタラクティブなウォークスルーや実際の建設現場の AR モデルなどの VR ビジュアライゼーション体験を、従来より遥かに簡単に構築できるようになります。

Unity と Autodesk 3ds Max で作成された Unity ロンドンオフィスの建築デザイン

BIM データの Unity へのインポート

この提携が AEC 業界のユーザーにもたらす利点については、こちらをご覧ください。

自動車産業のワークフローが加速する

今回の提携によってワークフローが改善され、自動車産業のデザイナーとエンジニアは、忠実度の高い VRED データ(環境、ライティング、マテリアル、アニメーションなど)を Unity に直接インポートできるようになります。これにより、インタラクティブなリアルタイムアプリケーション(カーコンフィギュレーターやトレーニングアプリケーションなど)を迅速に開発して PC、VR、AR、モバイルなど、複数のプラットフォームで実行できるようになります。

従来、VRED で作成したモデルの変換は、1 つのバージョン毎に何時間もかかるものでした。通常複数のデザインバージョンを扱わなければならない自動車関連のプロジェクトにおいては、今回の提携によって大幅な時間短縮が実現されるでしょう。

Unity に取り込まれた後でも CAD モデルのデータと忠実性が維持されます。

VRED と Unity の連携に関する詳細はこちらをご覧ください。

Shotgun と Unity がメディアとエンターテインメントの生産性を向上させる

Shotgun、Maya、3ds Max と Unity の密接な統合により、アニメーションや映画の技術ディレクターは、統合された UI によるシームレスなワークフローが実現できます。アーティストは、アセットの場所や命名規則やファイル管理に神経をすり減らす代わりにクリエイティブな作業に集中できます。アニメーターやモデラーにとっては、シーケンスの流れの中でスムーズに作業を進め、ライティングやカメラの位置、アセット選択の変更に対するリアルタイムなフィードバックを得ることができます。

結果の分析データをトラッキングすることで、スーパーバイザーはアーティストマネージメントに関するより正確な評価を行え、生産性の向上に繋がります。開発チームは、業界トップクラスの採用実績を持つアセット管理ツール、Shotgun の使い慣れたインターフェースで、Alembic・USD・FBX などの各種のアセットを Unity 内で簡単に管理することができます。

Shotgun for Unity を使えば、アーティストはアセットやタスクやノートに即座にアクセスできます。

Shotgun と Unity の連携に関する詳細はこちらをご覧ください。

2019 年秋実現予定

Revit および VRED の相互運用、そして Shotgun の統合は、ともに今秋までに実現される予定です。

Unity と Autodesk の提携に関する詳細は こちらをご覧ください。

16 コメント

コメントの配信登録

コメント受付を終了しました。

  1. I specialize in Revit to Unity workflows and they are problematic because of problems from both companies. It is unclear if any of these shortcomings will be addresses. Some questions that have not been addressed. Will the workflow provide:
    -Combining geometry by material like 3ds Max linking of FBX Revit files allows (this is good to save draw calls in Unity)
    -Splitting geometry (anything over 18000 faces is problematic in Unity if you wish you use UVWs for light baking)
    -Simplifying geometry. Revit curved surfaces are terrible and shock full of triangles.
    -Unwrapping UVWs automatically
    -Importing IES lights into Unity will likely be a continuous problem, since Unity does not support most Revit light types (rectangular, circular and linear are not supported, neither are IES profiles and lumen values which are essential to accurate architectural lighting)
    -The ability to do ‘jacketing’ and ‘defeaturing’ to remove the useless parts of the model that is inside geometry and never sees the light of day

    There are lot of operations that cannot be done properly in Unity and we don’t know if this workflow will help. There is no user testing that I know of, so I am looking forward to testing, but foresee a lot of limitations to doing the conversion manually, which is extremely time consuming. If Unity and Autodesk were open to listening to customer during his process, maybe we could get what we really need out of this. Hopefully we will be happily surprised.

  2. As a user of both Unity and Revit, I am looking forward to tracking the progress of these developments. Thank you!

  3. Stefan Boeykens

    11月 20, 2018 10:22 am

    This post doesn’t give any technical information: Unity editor platform support (Mac, Windows)? Runtime platforms supported? Loading models at runtime? What is retained from files: hierarchy/scenegraph, metadata, object GUID, naming of objects, components, materials? How are materials created: name, color, texture mapping? Will you load RVT-files directly? Or improvements to the current FBX-importer (FBX from Revit are not usable, from 3ds Max they are)? The screenshot shows IFC via Tridify. Is this related to this announcement?

    Disclaimer: I have a blog where I document my approaches to loading BIM models into Unity. Multiple scenarios have been documented, with varying success. Currently, using a combination of a converted Mesh and the embedded information from IFC gives the most usable result.

  4. Would prefer better integration with Blender…

    1. This

  5. Concerned user

    11月 14, 2018 2:44 pm

    “Unity Democratizes Development for Artists and Developers Around the Globe”
    Unity, I hope you understand your partner, Autode$k, doesn’t share this vision….
    Please stay close to your core values.

  6. Still, no runtime fbx loading.

    1. We’re about to release an update to the FBX Exporter that includes FBX SDK bindings that work in the runtime for Mac/Win.
      This is not exactly a runtime FBX loader, per se, but will enable developers to roll their own.

  7. What about mesh optimization? Ok I can import huge cad model, but there is no way one can use it for for example AR if not spending days of work on optimization…

    1. With the PiXYZ Plugin (2018.3 version) a user can now optimize meshes directly within Unity.

  8. Stefan Hollekamp

    11月 14, 2018 6:44 am

    works this Multiplatform or ONLY on Windows ???
    like I’ve said before…
    it only makes sense if Mac & Windows…

    1. At this time, Windows only.

      1. Not for long :)

  9. So did you guys ever fix the 90 degree rotation on meshes when importing from 3ds max?

    1. We are working on this, but it may take some time. In the meantime, here is a workaround: https://forum.unity.com/threads/tutorial-best-way-to-import-3ds-max-models.470733/

      1. Actually, there is a much better solution : Using a AssetPostProcessor (I’ll post an anwser with details on the forum thread)