Search Unity

リアルタイムデザインによる BIM データのビジュアライゼーション

, 11月 13, 2018

2018 年 11 月 13 日、Unity は、さまざまな 3D デザイン業界のリーダーである Autodesk との大規模なコラボレーションについて発表しました。Unity では、Revit データを Unity に取り込めるようにするため、Autodesk との緊密な連携を進めています。これが実現すれば、世界最先端の建築情報モデラーのデータフローを、世界最先端のデザインビジュアライゼーションのソリューションにリアルタイムで取り込めるようになります。デザイン上の摩擦の解消とワークフローの合理化という究極の目標を達成できれば、コストを削減できるだけでなく、効率性が向上し、チーム間でのコラボレーションがさらに促進されます。

リアルタイム 3D の力をご自分の目でお確かめください

Unity は、デザインビジュアライゼーションの例として、今後公開予定の HD レンダーパイプライン(HDRP)機能により、信じられないほどリアルな Unity ロンドンオフィスのバーチャルウォークスルーを作成し、公開しています。このオフィスのデザインと構築は M Moser Associates、制作は VR 制作会社の Oneiros が手掛けました。よりよいデザインに迅速にたどり着けるということがよく分かる内容です。美しく、フォトリアリスティックなコンセプト映像を利用することで、クリエイターはデザインの承認プロセス全体を通じて、リアルタイムでテスト、設定、意思決定を行うことができます。非常に没入感のあるインタラクティブな 3D 環境は、見込み客にも顧客にも驚きを与え、その結果として成約率も上がります。

データの損失や、数週間にわたる再モデリング作業をゼロに

Unity のデザインビジュアライゼーションの効果は、見た人を驚かせるだけではありません。Revit は、建築デザイン、構造工学、建設など、建物のデザイン業務分野において標準的に使用されているデザインツールです。しかし、Revit の 3D データや BIM データをインタラクティブなリアルタイム環境に移すことは困難でした。

今では、Unity のサードパーティーパートナーである PiXYZ のソリューションを使用するか、2019 年のネイティブサポートバージョンを使用することで、指先ひとつでデータを Unity に移動できます。このソリューションには、全 BIM データの移行、Unity でのスムーズな再生を実現する 3D ジオメトリの最適化、テクスチャーやマテリアルの UV の自動生成などの機能が含まれています。

優れたデザインで建築業務を改善

建築物の設計、建造、運営はいずれも複雑なものです。関係者の数がきわめて多く、しかもプロジェクトの参加者とその成果物を実際に利用する人々の間には大きなギャップがあります。このプロセスでは高度なコラボレーションが必須ですが、全員の考えを一致させることは非常に困難です。そして、問題が起これば損害が発生します。1 年あたり 4,500 億ドル相当の問題が発生しており、これが業界全体に影響を及ぼしています。これは非効率、つまり不適切なワークフローによって手戻りが発生したことに対する代償にほかなりません。

そこで役立つのが、インタラクティブなリアルタイム 3D です。役職やスキルレベルに関係なく、誰もが自分のデザインを、インタラクティブでコラボレーションが容易な環境にリアルタイムで移せるようになりました。たとえば、あらゆるイテレーションを、顧客が世界中のどこからでも XR などのテクノロジーで確認できるようにすることで、建設が予定どおりに進んでいることを分かりやすく示し、意思決定をスピードアップできます。誤りやデザインの問題を、現場に出す前に見つけることもできます。設計図を読めない人や、Revit のモデルを確認できない人でも、デザインを承認できるようになります。さらに、実際にその建築物を利用することになる人々も、土地の掘削やコンクリートの流し込みが始まる前から、完成後の環境を没入的な体験によって確認することができます。建物をまるごとインポートして、すべての重要な BIM データを指先ひとつで操作できる環境を想像してみてください。見たいものを何でも、好きな方法で、いつでも必要なときに、リアルタイムで表示できるのです。

スタートガイド

BIM データのインポート、インタラクティブでリアルタイムな体験の作成、複数のプラットフォームへのパブリッシュにあたっては現在、AEC Bundle の PiXYZ ツールを使用する必要があります。Revit データを Unity に取り込むための完全版のソリューションは、2019 年の秋に提供予定です。

Revit と Unity の間で、ネイティブかつ直接的な相互運用が実現すれば、ワークフローがさらに高速でシームレスなものになります。今や、実際にビルが建造される前の VR による環境体験、物理的限界に拘束されることのないトレーニング、多様な関係者全体からデザインの承認を受けるためのコラボレーション、コンクリートを流し込む前のチーム間イテレーションなどが可能になっています。Unity を使って、新たな高みに到達しましょう。

ご意見やご要望がありましたら、下のコメントセクションからお寄せください。お客様からのフィードバックや貴重なご意見は、すべて詳細に検討しております。今すぐ使い始めるための詳しい方法については、Autodesk とのコラボレーションの詳細情報をご覧いただくか、Unity までお問いあわせください

Unity と Autodesk のコラボレーションによる、ゲーム、映画、自動車、AEC(建築設計・エンジニアリング・建設)業界のワークフローの改善についてご紹介します。

Unity と Autodesk の提携 ― ワークフローの効率化で没入型の体験を強化する

VRED データでリアルタイムのユーザー体験を実現

Shotgun テンプレート、2019 年に公開予定

FBX Exporter ― Autodesk 3ds Max・Autodesk Maya と Unity とのラウンドトリップの実現

コメント受付を終了しました。

  1. Thanks so much for sharing this fantastic BIM design.

  2. A very welcome improvement I think. A lot of architects and construction companies are currently looking for ways of benefiting from their BIM models for client engagement purposes. Not only for those one or two high-profile rooms for which they have to invest a lot of resources to get a realistic rendering, but for every corner of they building. A smooth transition of Revit models into such an easy to use and accessible tool as unity helps a lot.

    My previous experience with this workflow learned me that I’m interested in the following things:
    – With unity, I want to build a VR-experience that supports client decision making with regard to wall and floor finishes. Having the right right prefabs in place that enables the user to pick a finish off a palette and beam it onto a surface would be of great use. Especially when it is combined with an easy to follow tutorial on how to build such a unity application.
    – One of the most essential animations that is needed to create a dynamic VR experience instead of a static one, is the opening and closing of doors. It would be really helpfull if the Unity import of revit projects handles doors well. The firm I work for uses shared nested revit families where to door is a nested family inside the door frame family. being able (through an import setting maybe) to choose whether you want to import nested revit families into unity as a seperate objects with a parent child relation in unity would be really useful and desired, for the purpose of creating realistic animations.

    Looking forward to the integration of both products!

    Jesse

  3. Hello,
    It’s great to read the article where two companies are open to develop an interoperability tool.
    Two years back, we were hired to develop animation of a building project and that was more of a construction simulation for prefabricated installations or PPVC blocks in Singapore with camera controls and then we baked that simulation in an app and on webpage.
    Combining Autodesk Revit with Unity workflow will be a great option.
    For any BIM related query, feel free to connect on greg@wdistudios.com

  4. Good to see these developments. At the moment I go through the process of Revit->3dsmax->Unity
    Besides the issues with materials and UV mapping there are other things I need to do to get it working as desired.
    -Replace same Revit family types (Revit Instances) with a single object (prefab).
    -Make sure that each Revit instance translates to a single object. Because I need also be able to manipulate all the objects (e.g. materials, moving).
    -Build it so that non-unity users can use it on their own computer (or ways to easily host it in the cloud).

    It should not rely on too expensive add-ons. As it is not our core business spending yearly thousands of dollars on licenses will be no option

  5. Aurélien MOREL

    11月 14, 2018 9:16 am

    Hello,
    we are currently working on a import / export solution within Unity based on a open source library named xBim.
    When I read your article (with your super catchy title !) multiple question appeared in my mind :
    – Will it be possible to import directly at runtime ?
    – Will we need at Revit licence or will it be native ? (I think we need but I try)
    – I will probably have others questions or ideas… But I will write them when they will come in my mind.

  6. Too bad Autodesk had to get their grimey hands in everything. Such a solution might eventually win out, but Enscape and Fuzor have been doing this for a while. If you can actually make the bidirectional sync work and incorporate the other necessities, like notes and design options, that’s great. But please also make a way to explode geometry or make documentation (aka specs and CDs) more accessible, require less text, and incorporate construction process visualization. Maybe even relative construction docs as 3d art, exporting schedules, material takeoffs and structural members in a lot style, with quantity and measurements in 3D axon.

  7. Over a year ago I developed a demo for structural design in augmented reality using Unity , Vuforia and Tekla Structures:
    https://www.youtube.com/watch?v=Q-O_Gl0PVYM

  8. Hi, I’m an architect very interested in finding new workflows for BIM industry, this announcement is what a was waiting for too long, I’m so excited. I’m developing an app for BIM to VR but in a multiplayer way. I would like to know if it will be possible to import Revit models from the cloud into unity at runtime to interact with them. Thank you and regards