Search Unity

Unity Icon コレクション の Icon パック第 1 弾、『Buried Memories Volume 1: Yggdrasil』がリリースされました。このパッケージは、Unity とそのパートナーである Quixel Megascans、Arts United、Rokoko、Substance、Pinewood Studios との協力によって、最高品質の 3D コンテンツと音楽、サウンド、アニメーションを実現するべく開発されたものです。

Volume 1 で、クリエイターは完全な『Yggdrasil』のジオラマを制作しました―これには環境、ゲームにすぐ使えるアニメーション付きキャラクター、シェーダー、テクスチャ、ライティング、オーディオなどが含まれます。環境とキャラクターアートだけでなくアニメーションとサウンドと音楽も含まれており、それらすべてがひとつのプロジェクトにまとまって動くところを目にすることができます。

また私達は、開発にそのまま使えるアセットを提供したいと考えました。最適化されたテクスチャおよびシェーダーを使用したり、建造物や環境用のアート要素を含めるなど、アート面・技術面のディティールに特に配慮しました。

さらに、このパッケージは、拡張しやすい設計になっています。

  • アニメーションは、クリエイターの皆様が、独自のアニメーションシーケンスやゲーム内のキャラクター制御をご自身で開発していただけるように作られています。
  • キャラクターは、クリエイターの皆様が、テクスチャや色を変更したりアクセサリー・武器・ツールを追加することによって、独自のバージョンを作成していただけるように作成されています。また Substance Painter ソースファイルが含まれているので、完全に新しいテクスチャが素早く簡単に作成できるようになっています。
  • このパッケージに含まれるナラティブには、クリエイターの皆様が自由に適応、拡張したり独自のストーリーを作成したりするための十分な余地を持たせてあります。

詳しくはこちらをご覧ください。

バックグラウンドとインスピレーション

キャラクター頭部のいくつかのバリエーションのスケッチ

私達はまず何もない所から制作を始め、ワールドの設定や、その中にキャラクターがどのように組み込まれるか、そして彼あるいは彼女がどんな役割を担うかを考えていきました。また北欧の伝統的なデザインを環境に取り入れ、ノルウェーの神話を背景のストーリーに取り入れたいと考えました。

いくつかのスケッチから少しずつ方向性を絞って行くことで、最終的に『Buried Memories』の背景となるナラティブが出来上がりました。この方向性は、ノルウェー本州と北極の間に位置するスヴァールバル諸島にあるスヴァールバル世界種子貯蔵庫からアイデアを得たものです。『Volume 1: Yggdrasil』のシーン設定は、遠い未来の、北半球にある、この貯蔵庫に類似した種子貯蔵施設になっています。生い茂った植物に覆われたこの施設で、力強い知恵の樹「ユグドラシル」(Yggdrasil)が生まれました。

私たちは、未曾有の出来事によって AI コアが貯蔵庫内の種子と融合した世界を想像しました。以前この施設を自律的に制御していた高度な機械が進化を遂げ、独自の意識と文化を発展させました。

機械の生活を表現したコンセプトアート

私たちは、こうした機械による新しい世界の中で、彼らがどのように感じ、歩行し、会話し、行動するかを想像してみました。これには、シーンを自分たち自身で演じてみることが、しばしば役に立ちました。

満足できるキャラクターアートが出来上がるまでには数多くのスケッチを必要としました。最終的に、それらすべてがひとつのプロジェクトにまとまったのを見ることができたのは非常に素晴らしい体験でした。

キャラクター

Unity でレンダーされたキャラクター

パッケージには完全な HumanIK リグ(MotionBuilder)とカスタムのリグ(Blender)が含まれるほか、キャラクターを動かすための 31 種類のナビゲーション用アニメーション(アイテムを拾う・扉を開く・歩く・走る・ジャンプするなど)も含まれています。

キャラクターの作成

キャラクターの作成に使用したツールは、3ds Max、ZBrush、3D-Coat、Substance Painter、そして Photoshop です。

3ds Max 上のキャラクターモデル

ZBrush 上のキャラクターモデル

Substance Painter を使用すると、テクスチャの変更や修正が非常に簡単に行えます。これは、パイプラインが非破壊的であるためです。プログラム外でモデルの変更や UV の更新を行えば、Substance がそれを適切に読み出し・更新してくれます。Substance では、バリエーションの作成(マテリアルの色や種類の変更など)だけでなく、ウェザリングの分布を変更したり、法線のディティールを直接追加するのも簡単です。

Substance Painter 上のキャラクターモデル

Substance は、Unity の新しい HD レンダーパイプライン(HDRP)へ直接エクスポートします。これにより、Unity 内での強力なレンダリングと、Substance の作業データへの直接変換が可能となります。

環境

Unity でレンダーされた環境

このパッケージには Quixel Megascans ライブラリのモジュラーコンテンツを始めとする 250 個以上の環境プロップやモデルが含まれ、自在度の高い創作とスケーラビリティが実現されています。

環境の制作

Unity でレンダーされた環境

環境の制作には以下のツールを使用しました。

  • 3ds Max、ZBrush、3DCoat、Substance Painter、Photoshop
  • HDRI のライティングの設定 ― ディレクショナルライトで太陽の方向を模倣し、ポストプロセッシング処理(カラーグレーディング、フィルム調のトーンマッピング、ビネットなど)を施しています。
  • ボリューメトリックフォグ ― シーン内の全体的および局所的なフォグには、この設定を使用しました。

今後の予定

今後も本ブログにて、『Buried Memories Volume 1: Yggdrasil』の制作プロセスに関する記事をお届けして行きますので、どうぞお楽しみに。また、本パッケージに関して特に詳しく知りたい事があれば、ぜひお知らせください。

ウェブサイトから『Volume 1: Yggdrasil』をダウンロードして、ぜひご自分のプロジェクトの制作を始めてみてください!

 

『Volume 1: Yggdrasil』を入手する

24 コメント

コメントの配信登録

返信する

これらの HTML タグや属性を使用できます: <a href=""> <b> <code> <pre>

  1. Who in the hell came up with the name “icon pack” ??
    99% of the people associate something completely different with that term.

  2. For the price there should really be more sample images, videos, etc, to see what you are actually getting, not just a trailer cinematic video… As mentioned before this may be too unique to be useful, at least that’s how it seems at first glance since there’s been no apparent effort into making alternate levels to show the environmental art can be used in other moods and scenarios (really, the only screenshots in the asset store are about the character posing with a little bit of backdrop…). The character on the other hand is probably not a great idea, it’s just not generic enough (would much have preferred to see a customizable human or a cyborg at least). For serious development you are likely to not use it at all (maybe just the animations if they are humanoid, I guess), or have it show only as a cameo or as an extra(s) wandering around, and even then you’d have to explain where that thing came from, if your story has nothing to do with robots…

    1. Small correction: I meant “most” of the main pack screenshots show the character on a little bit backdrop. There are only one or two images with only a backdrop but still not very useful, and really too specific to their world. Some images showing how much the assets can (easily) be tweaked to other moods and scenarios would help. And a few images showing all of the assets too. Else you should probably pick themes rather than make up your own stories…

  3. These might look cool but is pretty much useless for anything other than tech demos and as learning material; except maybe for some of the environment art? You can not use this character in a game without someone shouting asset flip. Maybe it will work as some background character in a sci-fi game.

    I am not really sure what the target is with this pack. Perhaps you are hoping on a bunch of games developed for this universe you are defining?

    We need generic stuff, pick a theme (fantasy, sci-fi, space, whatever) and make characters (with perhaps UMA support), hair styles, blends, clothing, weapons, buildings, nature, and various other that fits in the theme.

  4. I really would like to support Unity with these high quality asset releases.

    Hopefully you keep releasing more, and eventually there will be some really nice assets that can fit in my game.

    1. Thank you for support!
      We are in good progress to release more volumes with different narrative and themes under the Buried Memories universe, and we hope that these high quality assets will be inspirational and useful to our community.

  5. I would have assumed that at this price tag it comes with the 3d source files ( max, zbrush etc.. ). But apparently not ?

    1. It looks like at least the character includes source files: “character model is built to be highly customizable and includes all the source files”

      No idea about the rest, however.

    2. Yes, we do plan to include the source files. They are planned to be included in our updates for the package early 2019. Thanks!

      1. Thanks for the updated info
        @MechEthan: no they are not in the package currently( max/zbrush files, as Unity Pro subscriber i already redeemed my package )
        The size of the package is huge, a whopping 11GB download . This spikes the question how updates will be delivered ?
        Assetstore seems quite unfitting for such huge deploys without any patching mechanism available

  6. Hi, how can I redeem the code to download it free? I am part of my company’s organisation, which has Unity Pro 1 year prepaid, and I have a seat, but when I try to redeem it on the asset store, it gives me an error. Can I redeem it at all, or only the organisation’s owner can. (I am just a user.) Thanks in advance.

    1. If it’s a free prepaid Plus plan from Oculus or some other company then you probably won’t get the free assets of the month. All you get is the 1 year of pluralsight video courses (happened to me, it seems Unity doesn’t give the free asset keys unless you paid for the plan yourself).

  7. I’d like to mirror my fellow commenters. The pack is too unique to be anything useful in a new project. The art is quite stunning, but I can’t imagine it being useful for anything else than just playing around with it. For that, it is way too expensive.

  8. Calling it an “Icon Pack” means that on any form of text search, people will skip it. Nice one…. not.

  9. Yeah as stated by a couple others already, don’t call this an Icon Pack! I was expecting a bunch of icons for UI, and in-game symbols etc but then the article is all about characters and animation??? So confusing. So mis-labelled. The earlier post about mouse pointers pretty much nails it.

  10. I would love to see a more generic set of professional assets. Textures, Materials, Terrain assets, Props, etc. These assets like the character and tree etc. are cool but not really useable for any project unless you want exactly that character/environment. Making it only usable for just playing around with.

    1. Exactly, someone has gone off on a weird tangent with this Icon thing. Time for a rethink!

  11. Love to spend $250 on a diorama.

  12. The only descriptive thing about the eviroment pack is “+250 prefabs”, and the only thing is a couple of images.
    Can you expect someone to pay 150 bucks if they don’t really know what they are buying ?
    At least show an overview picture of the assets that you get !

  13. The second pack should be named Yggdrasil Mouse Cursors, just to confuse the shit out of people even more…

  14. I frankly believe that the content described, at the price mentioned, is very affordable. I seriously doubt someone could get so many modular, well built assets for less than a few thousand dollars. And they are HDRP ready – very few assets can claim so right now.

  15. It took me until now to realize that Unity is not literally releasing a pack of icons as part of the larger pack (like forum avatars) and that the pack itself is called ‘Icon Pack’…

  16. Icon Pack sounds like you get some sombols in svg or png format. The pack looks good, but is probably too unique, I’d be afraid to make a game using it, putting 2 years of work into it, just to see another game release with the same asset right before I finish my game.

  17. At the price point it is currently at, this seems pointless. The assets are so unique that it will be difficult to look that different and not be associated with this pack.

    For the price, it seems like a user would be better of simply getting a megascans account.