Search Unity

回転サーフェスを使用してフォトグラメトリアセットを作成する

, 3月 11, 2019

フォトグラメトリは、日常的なオブジェクトからリアリスティックで忠実度の高いアセットを素早く作成するに当たって非常に有益です。様々な小さなオブジェクトを回転するサーフェスに配置することで、それらを全ての角度からキャプチャーすることができます。Unity は最近、フォトグラメトリ技法の習得にお役立ていただける、この 360 度キャプチャーのプロセスに関するエキスパートガイドを公開しました。

オブジェクトのキャプチャーは、適切なカメラと強力なライト、そして小さな回転サーフェス(例えばチーズ用の簡単な木製のラウンドテーブルなど)さえあれば可能です。高価な装置は必要ありませんが、専用の部屋があればより行いやすくなります。

カメラとライトはどんなものでも使用できますが、質の高いレンズと強力なライトを用いれば、より良い結果が得られ、シーンの設定がより簡単になります。

このガイドは、回転サーフェスを使用して、同じ位置に配置したカメラとライトを用いて 360 度のキャプチャーを行う方法を解説したものです。これは比較的に短時間で終わるプロセスで、結果をご覧いただければ、できるだけフォトグラメトリを使用したいと皆様も思われることでしょう。

あらゆる形状のオブジェクトをキャプチャーして、その大きなバージョンをシーン内に作成できることを想像してみてください。皆様も、周囲の環境からアイデアを得て、ご自身の創造性を発揮し、プロジェクトに命を吹き込んでみましょう!

モデルの再構成

再構成のプロセスは、Unity が公開しているフォトグラメトリに関する eBook で紹介されているものと基本的に同じです。このガイドは、回転サーフェス上のオブジェクトからアセットを作成する方法を解説したものですが、Zbrush を使用して簡単に UV を生成するためのヒントも紹介されています。

モデルを Unity にインポートして使用する

HD レンダーパイプライン(HDRP)を使用すれば、タイル化されたマテリアルとレイヤードシェーダーを用いて、より質の高いゲームやアプリケーションを作成できます。たったの数時間で以下のような美しいアセットが作成できます。

フォトグラメトリのプロセスをマスターすれば大幅に時間を節約できます。この新しいガイドを、フォトグラメトリの習得にお役に立ていただければ嬉しく思います。ぜひ、皆様の創造性を活かした作品をフォーラムでご紹介ください。なお、フォトグラメトリを用いて Unity が制作したデモ作品『Fontainebleau』も、GitHub からぜひご覧ください

 

エキスパートガイドはこちら

8 replies on “回転サーフェスを使用してフォトグラメトリアセットを作成する”

Not sure about “The whole process is pretty fast” when it’s about taking, importing and aligning 500 photos for just one set of rocks.

I’m aware of that but we have seen absolutely nothing about photogrammetry from Unity Technologies that explores the details needed for things with more topographically complex props. It is near universally cylindrical objects or things like rocks.

Comments are closed.