Search Unity

GDC で Google が行った特別基調講演を視聴されていた方は、Google の新しいクラウドベースのゲームストリーミングプラットフォーム「Stadia」の発表に触れられたと思います。そして Unity が Stadia プラットフォームを公式にサポートすることを、ここにアナウンスいたします。

Unity は最重要ミッションの 1 つとして「ゲーム開発の民主化」を掲げています。これはゲーム開発者がリリースしたいプラットフォームに向けて、使いやすいツールやワークフローでゲームを開発できるようにすることを意味します。

Unity をお使いの開発者に Stadia 向けの開発をスムーズに進めていただけるようにするための技術的な作業や、エンジニアリング作業はまだ残っておりますが、開発コミュニティの皆さんにお伝えしておきたい情報もありますので、ここにお知らせさせていただきます。

Unity での Stadia 向けゲーム開発にはどのようなメリットがあるでしょうか

すでに Unity に精通している開発者の皆さんにとって、Stadia 向け開発はおなじみのツールで、従来の開発プロセスに非常に近い形での開発が出来ることを期待できます。

Unity がサポートする、Stadia あるいは Google 固有の機能はどのようなものになりますか

皆さまが開発されたゲームを配信したり、プラットフォームの機能を利用するために必要な Stadia 固有のネイティブ機能はすべて Unity でサポートする予定です。機能サポートに関する詳細な情報は 2019 年を通じて順次公開していく予定です。

現在 Unity を使って開発をしています。Stadia 向けゲームの開発や配信はいつから行えるようになりますか

Google は多数のパートナーやスタジオと連携した取り組みをすでに始めており、2019 年のうちに開発者向けアクセスの提供を開始する予定です。Stadia SDK への早期アクセスをご希望の方は、Stadia developer ウェブサイト(英語)をご覧ください。Unity 開発者の皆さまは 2019 年末には Stadia 向けの開発をスタートできるようになる見込みです。

Unity で開発した既存のゲームを Stadia に移植することはできますか

はい。Stadia 以外で新しくプラットフォームをサポートする場合と同じように、現在、開発者の皆さまがお使いの Unity の機能やサポートは Stadia 向けにも提供されます。これは既存のプロジェクトを Stadia にも移植できることを意味します。ただし、適切なバージョンの Unity にアップデートする必要があります。

Stadia では Vulkan が利用されます。Vulkan をターゲットにしたカスタムのレンダリングプラグインやシェーダーを開発している(または開発する見込みがある)方は、この点について留意するようにしてください。

Stadia は Linux ベースのオペレーティングシステムを使っています。つまり、ネイティブのプラグインに Stadia の OS と互換性を持たせる必要があります。Unity での開発については、現在お使いの Windows PC 上のエディターをお使いいただけます。ビルドターゲットに Stadia を指定していただくだけで OK です。

最後に、Stadia は IL2CPP を使用するプラットフォームなので、開発しているゲームを Stadia で動作させるには、ランタイムのゲームコードを IL2CPP に対応させる必要があります。

GDC 参加者の皆様へ:カンファレンス参加者の方は、Unity の expo floor 内ブース(#S227)で、3 月 20 日(水)10 時から 14 時に開設される Unity の Answer Bar に是非お越しください。Stadia と Unity の担当者が皆さまのご質問にお答えします。expo floor では GDC の参加者バッジが必要となりますのでご注意ください。(※イベントは終了しました)

Stadia の壮大なポテンシャルに期待は膨らむばかりです。Unity の Twitter アカウントをフォローしていただき、これから 2019 年を通じて発表される Unity の Stadia 向け開発に関する情報をぜひ入手してください。

20 コメント

コメントの配信登録

コメント受付を終了しました。

  1. Is they are for Dev ?
    I Plan to buy some monster PC for DEV.

  2. 3trivia.com

    3月 28, 2019 3:36 am

    Great!!

  3. Alan Mattano

    3月 25, 2019 12:21 am

    Welcome Stadia to this world! I hope that when you grow up also in our country.

  4. Piyush Goyal

    3月 24, 2019 3:27 pm

    I want to reply unity

  5. I try to make as soon as possible

  6. James Arndt

    3月 22, 2019 3:09 pm

    Ha ha so yep the Stadia developer enrollment pretty much eliminates about 85% of Unity developers out there, i.e. individuals or smaller non-corporate developers. Guess this one will be left to the bigger developers and developers who own small-to-mid companies. You’d think Google would know Unity’s userbase?

    1. I think it also holds a clue to how game streaming might affect indies. Who will want to play my much smaller open world game when you can play AAA Ubisoft games on your iphone? I do think there is room for Stadia and indies together, but the fact that non corporate indies are excluded from Stadia, at least at the start, doesn’t fill me with confidence.

  7. Since the oppressing system is Linux based does that mean IL2CPP builds will need to be made on a Linux based system, or will cross compiling from Windows be supported?

  8. Jaimi McEntire

    3月 20, 2019 3:53 pm

    Does the Unity license agreement still forbid us from distributing our applications through a streaming service? if so, will this be addressed?

    1. Jaimi McEntire

      3月 20, 2019 5:16 pm

      Apparently I am late to the game, and those restrictions were removed in January.

  9. Truly an unholy alliance.

  10. Awesome! Very excited for this :)

  11. Stadia looks very cool. Am curious if the platform will host Unity apps/games created by individual developers? The Stadia.dev signup seems to want Tax IDs, and corp/company emails in order to sign up..

    1. Me too. I’m a Canadian Sole Proprietor with several mobile games under my belt. Unlike Android and IOS, It looks like Stadia might be reserved for corporations, at least for now?

      1. It looks like Stadia development is more akin to living room consoles (like PlayStation and XBOX) than mobile platforms, meaning a more stringent set of requirements to become a developer.

      2. Looks the requirement to apply at stadia.dev is incorporation (LLC may work, as well). Seemed specifically geared to dissuade individuals and sole-proprietors to my eye. You should judge yourself, though, and if you’ve had a few successful mobile games, I’m inclined to suggest looking into incorporating in some way.

        1. Isaac Surfraz

          3月 21, 2019 9:33 am

          So just register as a company? We did to combat things like this, its not difficult and does not cost too much.

      3. @Isaac Surfraz That is good advice and a solution for many people. I’ve already looked into incorporating because of this. But incorporation is not an easy solution for some developers. Either because they don’t wish to, or because of the overhead involved, especially with solo developers. In Canada incorporation can cost up to 1000$ after all is said and done, according to colleagues of mine who are incorporated. This fee may seem small to many people, but it presents a substantial barrier to others. Additionally you will need to take into account the overhead of hiring an accountant and the extra work with taxes as compared to being a sole proprietor. Unity, Apple, and even Google’s Android are institutions that allow developers to release games without being incorporated. So while i do think that your advice is logical and helpful for many, there’s also the other side of the coin to consider.

    2. Yea that form left me with a big taste of “f**k you”. I guess they don’t want to have to support thousands of one-man indies and hobbyists who won’t make them any money or PR, however it would be nice to set out plans for a later phase to include the usual broad church Unity and Unreal thrive on. It strikes me as predictably out of touch for a company inexperienced in working with video game developers.

      1. No body cares about your bedroom asset flipping game.