Search Unity

Unity がビルディングインフォメーションモデリング (BIM) ワークフロー用に新たに開発したリアルタイム 3D 製品、Unity Reflect がベータ版を経て、ついに 12 月 2 日に販売開始されます。

昨年、Autodesk University Las Vegas で Autodesk との戦略的提携の次のフェーズを発表し、多くの Autodesk 製品と Unity 間の完全なデータ相互運用性を達成する、という取り組みを強化しました。2019 年後半に、提携によって生まれる最初の成果のローンチを計画していました。

その約束どおり、Unity Reflect のリリースをすぐそこに控えています。Unity Reflect は、業界をリードする BIM ソフトウェアの Autodesk Revit と統合する、アーキテクチャ、エンジニアリング、建設 (AEC) 業界向けの新製品です。Autodesk と協力し、AEC 関係者全員が容易に作業できるようにしたことで、リアルタイムの BIM を実現しています。

  • 設計者とエンジニアは、Revit モデルを拡張現実 (AR) や仮想現実 (VR) などのリアルタイムの体験に変換できます。
  • 開発者は、Unity エディターを使用して Unity Reflect 上に構築することにより、BIM データを活用して高度にカスタマイズしたリアルタイム 3D アプリケーションを作成できます。
  • クライアントと共同作業者は、さまざまなデバイスを使い、没入型のインタラクティブな方法でプロジェクトをレビューできます。

 

Unity Reflect を始める

 

Unity Reflect とは

SHoP Architects の許可により掲載

開発者であっても、建築家、設計者、またはコードにまったく触れたことがない建築エンジニアであったとしても、Unity Reflect を使用すれば、BIM データをさまざまなデバイス上や、AR や VR でのリアルタイム体験に変換できます。

たった 1 回のクリックで、複数の Revit モデルとそのすべての BIM メタデータがリアルタイムの 3D に取り込まれ、その変化は常に継続的に反映されます。また、Unity は、その本質としては開発プラットフォームであるため、Unity エディターを使用して Unity Reflect 上に構築することによって、リアルタイム BIM アプリケーションに変更を加え、ユーザー体験をカスタマイズすることもできます。

結局、Unity Reflects はより多くのプロジェクトを獲得し、没入型の設計レビューを実施し、設計と建設のギャップを埋めるのに役立ちます。

なぜ Unity Reflect を作成したか

AEC 業界の数百の企業との会話を通して、1 つ明確になったことがあります。リアルタイムの 3D 体験の作成は、リアルタイムで即座にはできないということでした。リアルタイムの 3D 体験を実現するには、高度に技術的なチームが、複数のツールをあれこれ使いながら数十もの手順を踏んで、数日から数週間に及ぶ期間をかけて、BIM データを準備し最適化する必要がありました。骨の折れる努力にもかかわらず、BIM データの多くはジオメトリとともに転送されず、追加の作業が必要でした。

リアルタイム 3D が活用される設計プロジェクトは少なく、建設現場に使用する BIM モデルもほとんどないのが現状です。1 つのプロジェクトに多くの分野で数千回の反復と共同作業を必要とし「時は金なり」である業界では、既存のワークフローはほとんどの企業にとって利用できるものではありませんでした。

私たちは、リアルタイムテクノロジーを利用したシームレスなインテグレーションを実現することによって、BIM データの価値を簡単に自在に活用することを目指しました。

どのように機能するか

Unity Reflect を利用すると、Revit モデルをリアルタイム 3D に取り込む処理を非常に簡単に行なえます。Unity Reflect プラグインをインストールした後、Revit のツールバーにある Unity アイコンをクリックするだけで、モデルの同期が開始されます。

このプロセス全体は、建築家、設計者、建築技術者がすでによく知っていて愛用する BIM ソフトウェアの使い慣れた操作で行われます。Unity Reflect の最初のインテグレーションは Revit とですが、それはほんの始まりにすぎません。2020 年には、Autodesk 製品のサポートを Navisworks に拡大するとともに、ArchiCAD、Rhino、SketchUp などの他の業界のツールにも拡大する予定です。

複数の設計者とエンジニアが 1 つのモデルに対して様々なシステムで作業していても、建築設計、構造、または、機械、電気、配管 (MEP) などのそれぞれのデータセットを 1 つの Reflect プロジェクトに加えることができます。この BIM データは自動的に統合され、リアルタイム 3D 用に最適化されてから、ローカルマシン (PC など) やネットワークサーバーに保存されます。Unity Reflect を実行するコンピューターは、サーバーとして機能します。

クラウドホスト型のプロジェクト管理サーバーは、ユーザーがどのプロジェクトにアクセスできるかを判断するのに役立ちます。これにより、複数のオフィスや部門にまたがるプロジェクトとアクセス権の管理が容易になります。このサーバーには 3D データは保存されず、プロジェクト名と権限のみが保存されます。

最後に、クライアントと共同作業者は Unity Reflect Viewer にアクセスできます。これは、最初のうちは、PC、Apple の ARKit などの iOS、そして、Unity Reflect をそのまま利用できる最初の VR ヘッドセット、 HTC Vive で使用可能です。プロジェクトリーダーからコンサルタントやクライアントに至るまで、複数の関係者が選択したデバイスで同時に Viewer にアクセスできるため、共同作業や合意に至ることが容易になります。また、Viewer には、BIM フィルタリングが組み込まれており、機械や配管からドアや窓まで、プロジェクトのさまざまなコンポーネントを分離できます。

これからも Viewer がサポートするデバイスとプラットフォームの範囲を拡大してゆきます。詳しくは、ロードマップ をご覧ください。最も重要なものを優先的に進められるよう、皆様からのフィードバックをお待ちしております。

Unity Reflect を使用するために Unity エディターは必要ありません。ただし、開発者であれば、最高のユーザー体験を提供するためのアプリケーションを、Unity エディターを使用して Unity Reflect 上に構築することができます。また、提供されているアプリケーションのソースコードを使用して、ビュー体験を好みに合わせてブランド化することもできます。

AEC 企業がどのように Unity Reflect を活用しているか

Adam Chernick と Christopher Morse (敬称省略) は、SHoP Architects のインタラクティブビジュアライゼーションチームで働いています。なぜ、Unity Reflect が会社にとって「非常にありがたいテクノロジー」なのかを共有してくれました。

Unity Reflect の優れた拡張性は、「プロジェクト固有の問題を解決するために必要なアプリケーションを開発する能力」という強力な手段を提供します。

ベータ版を使用した顧客の 1 つである SHoP Architects は、ニューヨークに拠点を置く企業で、世界中の米国大使館とサンフランシスコの Uber 本社を設計しています。Unity を利用することで、インテリアデザインからトラフィック管理まで、設計チームが取り組んでいる特定の問題に応じて、デスクトップアプリケーション、没入型 VR ウォークスルー、モバイル AR アプリケーションなど、適切なツールの構築に柔軟に対応できる能力を得ています。

Unity Reflect は、1 クリックで自在にデータを直接リアルタイムの体験にストリーミングすることができるため、SHoP Architects のインタラクティブビジュアライゼーションチームは、これらのプロジェクトを非常に早く、貴重な BIM データをそこなうことなく、Unity に取り込むことができます。ベータユーザーであった間、彼らは 様々な範疇のカスタム AR や VR アプリケーション を作成しました。

SHoP Architects のアプリケーションは、画期的なプロジェクト、9 DeKalb (2021 年の終わりまでに完成すると、ブルックリンで最も高い建物となる住宅用高層建築) に対する、建設管理の従来の工程を強化しています。SHoP Architects は、より便利な方法で BIM データを現場 (この場合、プロジェクトの開発者とゼネコンの両方である JDS Development Group) に提供するために、アプリケーションを構築しました。

複雑なプロジェクトには何千ページもの構造図がありますが、それには SHoP Architects が特別にキュレーションを行った情報のみが、コンテキストや周辺情報なしに表示されます。開発したアプリケーションでは、ユーザーがオブジェクトをクリックすると、ビュー/シートの一覧が表示され、SHoP Architects がカスタマイズした Viewer iOS アプリケーション内で PDF ドキュメントに接続し、見ることができます。

このようにして BIM を現場に取り入れることで、SHoP Architects ははるかに高いレベルの情報を伝え、現場の人々が 2D で見ることのできない状態について状況を踏まえた判断を下せるよう支援できます。このアプリケーションはまだ現場で展開されていませんが、これによって、どれだけ間違いを減らし費用を節約できるかは、言うまでもありません。

SHoP Architects の Unity Reflect 関連の経験について、詳細は ケーススタディ のページをご覧ください。

費用はいくらかかるか

Unity Reflect ライセンスの年間費用は 82,800 円です。

Unity Reflect プラグインを使用する Revit ユーザー全員と、Unity Reflect ベースのアプリケーションを開発するユーザー全員がライセンスを必要とします。ただし、必ずしも組織内の Revit ユーザー全員がライセンスを必要とするわけではありません。Viewer は無料なので、Viewer にアクセスするために Unity Reflect ライセンスを取得する必要はありません。

Unity Reflect の顧客への出荷は、12 月 2 日、月曜日に始まります。Unity Reflect を手に入れる準備はできましたか。下のボタンを押してご相談ください。

 

Unity Reflect について相談する

 

Unity Reflect に関する詳しい情報はブログFAQ ページ製品ページをご覧ください。

14 コメント

コメントの配信登録

返信する

これらの HTML タグや属性を使用できます: <a href=""> <b> <code> <pre>

  1. I remember, back when Unity used to be a game engine, it had features that weren’t in perpetual beta status, and they were released on time, with documentation.

  2. Jelmer: There has been a service to bring IFC to Unity for couple of years. It is called Tridify. They have plugin in AssetStore.

  3. I personally would love for unity to focus on support for nuget so we can utilize other .net standard libraries with just one click. Just like how they are working with their package manager. (also how visual studio works)

  4. Why only with Revit?! Why not IFC? Now we can’t use it for a 5km long infrastructure project.

    1. Jelmer: There has been a service to bring IFC to Unity for couple of years. It is called Tridify. They have plugin in AssetStore.

    2. Unity is working on supporting other BIM as part of the Reflect Roadpmap. You can take a look at what is in development here: http://tiny.cc/AECroadmap

    3. Unity is working on supporting other BIM as part of their AEC Roadmap. You can take a look at what is under development here: https://portal.productboard.com/ryk149xi2qtmns5iehpngb6u/tabs/4-in-development

  5. “Unity was founded to democratize game development” – David Helgason, Unity’s previous CEO.

    Is it just me or is Unity moving away from their founding reason more and more every day recently?
    Feels to me like they now want to democratize all the industries and start cluttering the engine more and more.

    1. Setriakor Nyomi

      11月 20, 2019 4:15 am 返信

      I don’t think Unity has deviated. The scope has just widened. This is just another use case that uses game design to accomplish their end goals. To be fair, they are also have continued to add features that are aimed squarely at game development. You should take a look at release notes every now and then. Unity is doing something noble by realising the vision that Dave Helgasen had, but they’ve got to keep the lights on and pay dividends. Architecture as an industry pays quite a but more than the indie game dev community. If you however want the purity of an open source tool that has no corporate interests and only serves the interests of indie game devs, there are options out there and you should explore those. I do need to say though that me might not have seen those options as quickly as they sprung up if Unity did not set out on this mission to democratise game development. Trust me, I’ve been around a while and I’ve seen how Unity has helped transform the entire industry. Kinda like what Tesla has done with Electric cars.

    2. Agreed, at this point they should really seperate it into seperate engines for seperate goals with seperate teams. Would be nice to have people focusing on the GAME engine for GAME related stuff, instead of everyone being torn in different directions. There is some crossover, but in general there mostly isnt.

      1. Most new features will be coming in via the Package Manager, so a lot of the unneeded ones can most likely be excluded. I mean, even timeline is a package.

      2. You know, UE4 did that stuff and they eventually merged everything back to the single UE4 solution.

    3. Partnering with Autodesk has little to do with democratizing an industry.

    4. These non-game articles are very important to us who work in the AEC industry. In my last two jobs, I’ve been using the unity game engine for industrial use (indoor positioning, oil & gas, training) and I do care a lot about these AEC-related blog posts. A quick job search shows significant users of unity are non-gaming companies.