Search Unity

XR Interaction ツールキットのプレビューパッケージ公開

, 12月 17, 2019

XR Interaction ツールキットを使用すると、一からインタラクションをコーディングしなくても、サポートされているすべてのプラットフォームで AR & VR 体験にインタラクティビティを追加できます。現時点では、パッケージマネージャーから Unity 2019.3 向けのプレビューパッケージとして入手可能です。

XR Interaction ツールキットの最初のプレビューリリースが Unity 2019.3 向けのパッケージとして利用できるようになりました。このツールキットでは、ユーザーがインタラクティブな没入型の体験をすばやく簡単に構築するための一連のコンポーネントが提供されます。目標は、独自のインタラクションを作成したい開発者のためにシステムの拡張性を確保しつつ、コードを書かなくても拡張現実(AR)とバーチャルリアリティ(VR)の一般的なインタラクションを実現できるようにすることです。また、このツールキットは、サポートされているすべての AR および VR プラットフォームと互換性があります。



プレビュー版として提供中

XR Interaction ツールキットを実開発でお使いいただくことはもちろん歓迎ですが、このツールキットは現在プレビュー段階であり、正式リリースまでは未完成の製品として扱われることに注意してください。特に、AR 機能は現時点では実験的なものとしてお考えください。

プレビュー期間中は、機能セット、ワークフロー、パフォーマンス、そして安定性についてユーザーのニーズを満たせるように、幅広いお客様からのフィードバックを求めています。私たちは、今から正式リリースまでの期間に何度かイテレーションを行う予定ですので、お客様からのフィードバックをお受けして品質向上に役立てたいと考えております。

オブジェクトインタラクション(AR & VR)

XR Interaction ツールキットでは、VR シーン内でオブジェクトのホバー、選択、グラブ(直接または遠くから)、スロー、回転を行うための手段が提供されます。AR Foundation と一緒に使用すると、同じインタラクションが AR にも対応可能になります。さらに、このツールキットではワールド内の AR オブジェクトとのインタラクションのために、タップ、ドラッグ、ピンチ、ズームもサポートされます。

オブジェクト配置(AR)

また、AR での自動コンテンツ作成のための手段も提供され、ワールド内で 3D オブジェクトの配置とスケーリングを行うことができます。配置された AR オブジェクトと実行可能なインタラクションに関する情報をユーザーに表示するために、AR アノテーションもサポートされます。

UI インタラクション(AR & VR)

このツールキットにより、サポートされているすべての AR および VR プラットフォームのコントローラーとの基本的なキャンバス UI インタラクションも可能になります。

ロコモーション(VR)

このツールキットでは、VR シーン内でテレポート(スナップターンの使用を含む)を行うための手段が提供されます。この移動システムを拡張して、ルームスケールの VR 体験に他の移動方法を含めることができます。

準備 OK?

XR Interaction ツールキットは、現在「リリース候補版」段階に入っており、来年早々に正式リリースされる予定の Unity 2019.3 向けのプレビューパッケージとして提供されます。この製品は Unity 2019.3 のベータリリースを使用してお試しいただけますが、弊社では Unity 2019.3 の正式版リリース前に発生した問題への対応の保証およびお約束はいたしかねますのでご了承ください。

ドキュメントについては、こちらをご覧ください。サンプルはこちらの GitHub リポジトリから入手できますが、Unity 2019.3 以降とのみ互換性があります。

これはプレビューパッケージであるため、プレビューパッケージの表示を有効にする必要があります。「Package Manager」メニューの検索バーの横に「Advanced」ドロップダウンがあります。これを開くと「Show Preview Packages」が表示されます。

Unity の XR チームはまだ始動したばかりのため、開発は今後も続きます。ぜひこちらの簡単なアンケートからフィードバックをお送りいただくか、フォーラムにご参加ください!

19 replies on “XR Interaction ツールキットのプレビューパッケージ公開”

This! I can’t find anything saying why Vive is not supported, if it will be and if so, when? It’s a major platform, please give us some information.

This is a really helpful package. But actually it seems not possible to delete objects placed in AR. Do I miss something here?

There’s a nice touchscreen gesture system including multi-touch hidden in that package. It would be great if Unity could separate it out (since your engineers have clearly identified this as a useful subsystem for building stuff on top of) and make it a standard multi-touch gesture package instead of constantly referring people (and occasionally half-heartedly endorsing) to the various half-assed assetstore packages out there. One of which, I note, has just published an update to maintain compatibility with 2019 (and avoid official deprecation and ensure continued sales) even though it hasn’t been supported for about 4 years.

“In 2020, Unity Finally Releases Officially Supported (Preview) Package for Handling Basic Multi-Touch Gestures on Mobile” doesn’t make for quite a thought-leadership blog post though.

Amazing idea! I was expecting something like that for a while… finally hands interactions will become standard in Unity and we won’t have to look for other 3rd party plugins

Great!
I’m working on a VR app (yes app, not game) that i want to be able to test on the two headsets that i have: an Acer WMR and an Oculus Go.
Please tell me that you will continue to support the Oculus Go going forward. It is an amazing -very underrated- headset.

The XR Interaction Toolkit is not open sourced, only the samples are, am I correct? Would you be so kind to open source the toolkit, just like you open sourced Unity UI? Then extensions and adaptations would be a lot easier to do.

It’s a really good thing to centralize AR/VR interaction directly in Unity.
Did some test on Oculus Quest, and it does’t quite work yet. I can see the teleportation lines, but I can’t interact, none of the buttons of the controllers seems activated. I will keep testing, and fill out the feedback.

Thanks benoit! if you’re still experiencing problems check the forums and/or file a bug and we’ll look int it

That toolkit sounds really interesting! However, most of the stuff is already implemented in the steamVR asset, other than the AR things and UI elements. So your use case would mainly be platform independence, right? The idea of moving away from the steamVR asset is tempting, because you never know what happens with other platforms… however, I really want the finger tracking elements of the SteamVR asset, especially when using the knuckle controllers. I have a project in 2019.2 and wanted to recreate the project with a more clean approach anyways, also using the LWRP instead of standard, in January, so maybe this fits right in. But the beauty of the SteamVR asset is that I can really just drop it right in and get what I need quite quickly and can focus on the content…

That toolkit sounds really interesting! However, most of the stuff is already implemented in the steamVR asset, other than the AR things and UI elements. So your use case would mainly be platform independence, right? The idea of moving away from the steamVR asset is tempting, because you never know what happens with other platforms… however, I really want the finger tracking elements of the SteamVR asset, especially when using the knuckle controllers. I have a project in 2019.2 and wanted to recreate the project with a more clean approach anyways, also using the LWRP instead of standard, in January, so maybe this fits right in. But the beauty of the SteamVR asset is that I can really just drop it right in and get what I need quite quickly and can focus on the content…

This is great we needed the UI interaction presets, I downloaded and tried working around it on my oculus quest. its not working perfectly. Can can know what is a device support for VR.

Thank you, please keep up the solid XR work. Having a native cross-platform option is a great move and I can’t encourage it enough. Also, please release an OpenVR XR Plugin integration soon!!

It would be nice to have like a drawing interaction as well, like the one in tilt brush :D

Comments are closed.