Search Unity

Daimler の自動車のライフサイクルにおける Unity の利用

, 3月 25, 2020

Daimler Protics の Daniel Keßelheim 氏と Sebastian Rigling 氏をお招きし、Unity を最適な開発ツールとして使用した経験についてお話を伺いました。同社がメルセデスベンツ車のライフサイクルの主要なステージに混合現実をどのように導入したかをご紹介します。

Daimler Protics は、世界最大の自動車メーカーの 1 つである Daimler AG のデジタルリアリティ技術を担当する企業です。同社の混合現実チームでは、メルセデスベンツやその他のブランド向けに、コンセプト実証からすぐに使えるアプリケーションまで、あらゆるものを開発しています。

以下の Unite Copenhagen での講演をご覧ください。Daimler Protics が Unity を使用して各種システムと製品ライフサイクル管理(PLM)データと連携した混合現実パイプラインを構築し、Microsoft HoloLens、Oculus デバイス、スマートフォンなどの複数のプラットフォームにアプリケーションをデプロイする方法を紹介しています。

自動車のライフサイクル全体に混合現実体験を提供

 

Keßelheim 氏と Rigling 氏は講演内で、R&D から販売後のサービスまでのあらゆるステージに向けた柔軟な開発プラットフォームを Unity を利用してどのように実現したかを話しています。「自動車のモバイルの混合現実に関する問題はすべて Unity で解決できました」と Keßelheim 氏は語っています。自動車のライフサイクルの各ステージで HoloLens アプリケーションを作成してデプロイするために、同社は Unity をさまざまな方法で利用しました。その方法をいくつか見てみましょう。

生産

Daimler Protics では、工場レイアウトの計画(機械や建築物のプレビジュアライゼーションなど)から組み立てトレーニング(従業員に対する自動車の組み立て方のトレーニングなど)まで、生産フェーズのさまざまな場面で Unity を使用しています。このセクションでは、安全検査での使用例について説明します。

Daimler の HoloLens アプリケーションでロボットレーザー溶接システムの安全検査が可能になりました。

自動車メーカーは多くの場合、自動車のさまざまな部品を正確かつ効率的に接合するために、ロボットレーザー溶接を使用します。ところが、Daimler のロボットセルは、稼働させるとそのスペースが周囲から遮断されて内部を見ることができなくなるため、安全検査を行うことが困難でした。

同社のチームは、セッション完了時に、記録した各ロボットの動作を HoloLens で再生するアプリケーションを開発しました。このアプリケーションでは、事前に定義した安全領域が表示されるため、ロボットの動作が安全手順に準拠しているかどうかを簡単に確認できます。

セールスとマーケティング

Mercedes-Benz EQC のために Daimler Protics が開発した HoloLens による混合現実体験。

メルセデスベンツは新しい電気自動車ブランドの EQ を立ち上げました。Daimler Protics のチームは、Daimler 初のコンパクト型の完全電動高級 SUV 車である Mercedes-Benz EQC のために HoloLens を使った混合現実体験を開発し、慣れ親しんだガソリン車と比べながら、ドライバーが電気自動車の内部構造をよりよく理解できるようにしました。

これはモーターショーやディーラーのショールーム向けに作られたセルフサービス型のアプリケーションであり、ガイドに従い(ほとんどのユーザーは複合現実ヘッドセットを使用した経験がありません)ユーザーが車の周囲を歩くと、見るべき場所やさまざまな注目点が示されます。Daimler は Unity と HoloLens を使用して、自動車の電源バッテリーの位置やバッテリーの仕組みと充電方法など、Mercedes-Benz EQC に関するさまざまな情報をインタラクティブな形で伝えています。

販売後のメンテナンスと修理

技術者は Daimler の HoloLens アプリケーションを使って 9 段変速機に関するトレーニングを受けます。

従来のトレーニングプログラムでは、自動車の変速機の整備方法を技術者に教えるために、切断模型を使用していました。実物大の模型は理解の助けにはなるものの、車体から切り離されているため、教材としての価値は限られていました。

Daimler Protics は混合現実を利用してこのジレンマを解決しました。このアプリケーションでは、変速機の目視しにくい各種部品が明示されるだけでなく、稼働中のエンジンの様子が容易に再現され、変速時やブレーキ時の変化の様子が可視化されます。

あらゆる AR および VR コンテンツの 60% が Unity で制作されていることはご存知ですか?Unity を使用した AR アプリケーションの開発を始める方法をご紹介します。

自動車のライフサイクルでの Unity の利用方法の詳細については、こちらのブログ記事ホワイトペーパーをご覧ください。

 

5 replies on “Daimler の自動車のライフサイクルにおける Unity の利用”

These kinds of posts are just marketing for Unity and Unity partners, but you could at least pretend you read it. It literally is the bulk of the post.

“Daimler Protics uses Unity for a variety of use cases in the production phase, from planning factory layouts (e.g., previsualizing machinery and architecture) to assembly training (e.g., training workers on how to assemble the cars). This section walks through a safety inspection use case.

Daimler’s HoloLens application enables a safety inspection of a robotic laser welding system.

Automakers often use robotic laser welding to precisely and efficiently fuse various parts of the vehicle together. When Daimler’s robot cell is in operation, however, the space is closed off to prevent anyone from looking inside and losing their sight, making safety inspections difficult.

The team developed an application that replays each robot’s logged movements on the HoloLens once a session is complete. This application displays predefined safety spaces, so it’s easy to verify whether the robot’s movements have adhered to safety protocols.”

“Mercedes-Benz formed the EQ brand for its new fleet of electric vehicles. For the Mercedes-Benz EQC, the automaker’s first fully electric compact luxury SUV, the Daimler Protics team created a HoloLens experience to help drivers better understand the inner workings of an electric vehicle compared to the gas-powered versions to which they’re accustomed.

Designed for auto shows and dealership showrooms, the self-serve application guides users – the vast majority of whom have never used a mixed reality headset – showing them where to look and identifying various points of interest as they walk around the vehicle. Daimler uses Unity and the HoloLens to tell a rich, interactive story about the Mercedes-Benz EQC, including the location of the battery powering the vehicle, and how it works and charges.”

“Traditional training programs use cut-section models to instruct technicians on how to service an automotive transmission. While working on a full-scale physical model is helpful for understanding, the value of a cutaway version disconnected from the car as an educational tool is limited.

Daimler Protics solved this dilemma using mixed reality. The application not only surfaces the transmission’s various hard-to-see components, it also makes it easy to replicate the experience of the running engine and visualize how it changes when shifting gears or braking.”

Comments are closed.