Search Unity

2020 Call for Code:クリエイターが気候変動と COVID-19 への取り組みを支援する方法

, 3月 27, 2020

Unity は、新しいテクノロジーで世界に真の変化をもたらすスキルと専門知識を持つクリエイターや開発者が作るグローバルコミュニティの一員であることを光栄に思っています。

「Call for Code」グローバルチャレンジは、オープンソースのコラボレーションに焦点を当てた、年に一度の大規模な技術コンテストです。人類と環境が直面する最も困難な問題のいくつかを解決するための、最先端の実用的なテクノロジーを生み出すために、世界中から開発者が集まります。

このチャレンジは、David Clark Cause と IBM が、国連および Linux Foundation と提携して 2018 年に開始しました。過去の受賞者は、何もないところでネットワーク接続を構築できる太陽光発電で駆動するメッシュネットワークデバイスや、消防士のための健康監視プラットフォームを作成しました。今年は 3 月 22 日にチャレンジが公開され、すべての開発者がソリューションの設計と開発を始められるようになりました

IBM から Unity for Humanity チームに 2020 年のチャレンジへの協力を依頼されたとき、私たちは全面的に同意しました。なぜなら、このイニチアシブは技術革新を効率的な実世界ソリューションに結びつけるものであり、それは Unity for Humanity チームが果たすべき役割の一部であり、また、Unity の DNA とも共振するところだったからです。私たちの役割は、他のパートナーと協力して参加者のためのスターターキットを開発することでした。これらの貴重なツールを使用することで、開発者は 2 つの分野のソリューションをいち早く作成することができます。すなわち、気候変動と COVID-19 の感染拡大防止です。

スターターキットへの貢献

2 月に Unity の技術革新を担うグループである Unity Labs のソフトウェア開発者、Scott Sewell が、ジュネーブで開催された Call for Code のキックオフに参加し、テンプレートの共同開発を行いました。Scott は、世界中の企業のプログラマー、データサイエンティスト、デザイナーなどと協力しました。彼らは 4 人のチームを組み、国連の専門家と協力して、今年のチャレンジで扱う各分野向けのスターターキットを作成しました。

キットには、出来上がったソリューションがどのように見えるかの例が、プログラミングレベルで示されています。これには、データ分析、人工知能(AI)、インターネット・オブ・シングス(IoT)などの IBM クラウド・テクノロジーをこれから作るソリューションに統合する方法を示すコードが含まれています。

2 つのトラック:気候変動と COVID-19

Call for Code の 1 つ目のトラックでは、開発者、データ科学者、その他各分野の専門家に、私たちの世界における気候変動の影響を食い止める、あるいは影響を受けた部分を回復させるために役立つソリューションの作成が要求されます。たとえば、水の持続可能性、エネルギーの持続可能性、災害からの回復力に焦点を当てたソリューションといったものが挙げられます。

COVID-19 トラックでは、開発者、ビジョナリー、その他問題解決に取り組もうとする人たちに、緊急時のクライシスコミュニケーション、遠隔学習の改善方法、地域コミュニティの協力を促す方法の 3 つの大きな問題分野に対応するためのオープンソース技術ソリューションを構築するためのリソースを提供するためのソリューションを考案します。

 

Unity の力を使ってチャレンジに挑みましょう

イノベーションとコミュニティは常に Unity の重要な柱でありつづけています。このチャレンジは、地球にポジティブな変化をもたらす可能性のある方法で人々を結びつけるものです。私たちは、参加者がこれら 2 つの地球規模の問題に対する画期的なソリューションを設計・制作する中で、Unity の提供する、開発への参入障壁が低いツールや、XR、シミュレーション、機械学習などの分野にわたる幅広いテクノロジーがどのように役立つかを考えてくれることを期待しています。

今年のチャレンジに参加するには、2020 年版 Call for Code グローバルチャレンジのウェブサイトをご覧ください。

5 replies on “2020 Call for Code:クリエイターが気候変動と COVID-19 への取り組みを支援する方法”

If you want to help the planet, I think you have plenty of opportunities by improving your own product, before you start to look somewhere outside your expertise.

Want to reduce CO2 emission?

* Unity drains mobile phone batteries hard. Optimize Unity’s energy consumption so phones need fewer recharges.
* Optimize Unity editor, so we don’t have to run a server farm for days to bake lightmaps for example. You have countless opportunities to optimize the editor to do the same task in a shorter amount of time.

1. There are multiple systems in development designed around improved efficiency, especially on mobile devices. This is a part of the DOTS performance by default framework and the on-demand rendering system
2. This is also in development. The new GPU lightmapper is specifically designed around this.

Then if users talk about the dark theme is Spam? well, many people need visit Wikipedia and learn a bit about the spam term.

It literally has nothing to do with this post, nor does it have anything to do with most of the other posts it’s getting put on. It is noise that adds nothing to the conversation and is typically the same four posters doing it again and again.

It. Is. Spam.

Comments are closed.