Search Unity

Unity 2017.4 LTS の 2 年間のサポートが 2020 年 4 月で終了します

, 4月 8, 2020

Unity 2017.4.0 は 2018 年 3 月 20 日にリリースされました。これは Unity として初の長期サポート(LTS)バージョンであり、Unity リリースのサポート方法に大きな変化をもたらしました。そして、近日リリースされるバージョン 2017.4.40 で、Unity 2017 ストリームでのリリースは最後となります。Unity 2019.4 LTS のリリースが迫る中、2017.4 LTS に毎月バグ修正を提供するサポートが終わりを迎えます。

TECH ストリームのリリースと LTS リリースを組み合わせてご提供することで、Unity は皆さまに開発サイクルの各段階におけるニーズに最もフィットするリリースを選んでいただける優れた柔軟性を実現しています。LTS ストリームでは、新機能を取り入れるよりも開発に集中したい方向けに、安定バージョンの Unity をご提供しています。

Unity 2017.4 LTS からの移行

Unity 2017.4 LTS のリリースから 2 年が経ち、当初発表されていた通り 2020 年 4 月 20 日から始まる週で、Unity 2017 はサポートサイクルの終了を迎えることになりました。バージョン 2017.4.40 が Unity 2017 の最後のリリースとなります。引き続きバージョン 2017.4 系の Unity をご利用していただくことはできますが、2017.4.40 のリリース後は、Unity 2017 へのバグ修正を含むパッチは提供されません。

このため、皆さまには 2018.4.LTS へのアップグレードか、まもなくリリースされる 2019.4 LTS へのアップグレードをご検討くださいますよう、強くお勧めいたします。プロジェクトのアップグレード作業の参考として、現在ご利用のバージョンとアップグレード先のバージョンのリリース間に公開されたアップグレードガイドをご覧になることをお勧めします。

2017.4 LTS から 2018.4 LTS のような直接アップグレードを行うことが難しい場合は、たとえば 2017.4 LTS、2018.1、2018.2、2018.4 LTS のように段階を踏んでアップグレードを行っていただくことで、変更を最小限に抑え、問題に 1 つずつ対処することができ、スムーズにアップグレード作業を行っていただけます。

依存関係が多い複雑なプロジェクトの場合は、スムーズなアップグレードプロセスの進行のために、Success Plans の購入もご検討ください。Core Support プラン、Integrated Success Services プランの詳細については、こちらからお問い合わせください。

Unity 2018.4 LTS に関する予定

Unity 2017.4 LTS と同様に、2018.4 LTS では TECH ストリームリリースの最終バージョンである 2018.3 からの追加となる新機能や、API の変更や改善は反映されません。その代わりに、LTS のアップデートには、クラッシュやリグレッションに対応する修正や、コンソール向けの SDK/XDK、または大部分のユーザーのゲームの出荷を妨げるような大きな変更など、コミュニティの広範囲に影響を与える問題の修正が含まれています。Unity は、最初のリリース日から 2 年間、これらのアップデートを提供することを保証しています。2018.4 LTS の場合、このサポートは 2021 年春に終了します。このバージョンに切り替えると、スクリプタブルレンダーパイプライン(SRP)、ビジュアルエフェクトグラフとシェーダーグラフ、新しいライティング機能、Nested Prefab、Addressables、新しい 2D ツールが利用可能となり、その他、プラットフォーム、スクリプティングに関するいくつかの改善点が適用されます。

Unity 2019.4 LTS

Unity 2019.4 LTS(バージョン 2019.4.0)は、2020 年の晩春に Unity 2020.1 とともに出荷される予定です。それまでの間、もう一つの LTS バージョンである Unity 2018.4 LTS のサポートも継続して行い、隔週でのアップデートのリリースを予定しています。2019.4 LTS のリリース後は 2018.4 LTS はレガシーの LTS となり、アップデートは月 1 回となります。代わりに、2019.4 LTS に隔週でアップデートがリリースされるようになります。

2020 年の予定

今年から TECH ストリームのリリースを年 3 回から年 2 回に減らしました。Unity 2020.1 の TECH ストリームリリースは 2020 年春、Unity 2020.2 のリリースは 2020 年秋を予定しています。バグやリグレッションの修正に対応するアップデートのスケジュールは変更しません。これは、メジャーリリースの回数を少なくして、ツールの安定性と品質を向上させるパッケージのアップデートをよりタイムリーに配信してほしいという皆さまからの声に基づいたご対応となります。

また、現在のベータプログラムも刷新し、ユーザーの皆さまに Unity 開発チームと直接コミュニケーションを取る機会をより増やして、Unity の未来を共にデザインしていければと考えております。より詳しい情報をお知りになりたい方は、ベータ版のニュースレターにサインアップし、ベータ版のフォーラムをフォローしてください。

21 replies on “Unity 2017.4 LTS の 2 年間のサポートが 2020 年 4 月で終了します”

Hey there, as we’ve commented on a previous blog post.

“Unity 2019 LTS (2019.4.0) will ship along with 2020.1 towards the end of spring 2020.”

I hope this helps!

While Unreal Engine 5 can handle 80 milion poligons, Unigine Engine 2 has now a free version(and is the version of unity we will never get), Cryengine 5 is getting in the high end mobile graphis pretty soon while Unity is stagnating. Since Unity 5 we did not have a water shader, a refraction, tranlsucency, tesselation option for the standard shader, a performant shadow map that can be drawn on far objects, not to mention networking and postprocessing that have been trashed.Every demo you have made was done on a custom made engine version because you had bugs on the release once plus no AAA game release d like the rivals , Fortnite and Crysis. Unity is like an ox cart, the driver puls to right and the ox goes left.(Urp has nothing in plus over the standard RP exept is a limited use ,cutdown version of it that has do documentation so far and is has been 3 years since you develop it.)

Why is Unity still promoting Preview features as production ready?

I’m talking specifically about Scriptable Render Pipeline (SRP), Visual Effect Graph and Shader Graph, which are still “Preview” in the latest Unity 2018, hence out of the picture for any production project. Not to mention that all those “new 2D tools” (animation, IK, etc) are also Preview packages.

Hi Edy,

Sorry for the confusion. We meant that devs could use 2018.4 and start building their projects on SRP until 2019.4 (LTS) comes out with the production-ready packages. We removed this section from the blog post.

As for the 2D tools, most of the packages are production-ready in 2019.3+. You can find all the info on this web page: https://unity.com/unity/features/2dtools

Dear Unity, before you move to making 2018.4 LTS the legacy LTS, please get off your lazy side.

There are RIGHT NOW in the bugtracker, 100’s of bugs marked as FIXED that affect 2018.4 LTS some severe, that hurt current production games, That are fixed in 2019.x or even 2020.x and NEVER BACKPORTED!!!

What does LTS mean if you don’t merge in the fixes in the version that people use.

When 2019.4 LTS releases it will not be picked up by the game devs for at least a month or 3 till the worse errors are ironed out. from experience with the 2019.3 I don’t have high hopes, a lot of users are commenting 2019.2 is better.. what’s up guys?

I don´t like the way you are focusing the engine, I felt that you aren´t thinking about your user’s needs and just adding more and more incomplete features. LWRP and HDPipeline destroyed all the previous workflow, have really poor documentation, you just deprecating all that and put the shader graph for amateurs, where is the documentation about writing shaders for this pipelines?, this is horrible, I don´t want to update to any version after the unity 2018.21 because of all that, also LWRP sucks compare to the standard render used by years on the previous versions, nested prefabs is a good addon but I felt it is badly integrated, it broke all the workflow and also you lost all the compatibility with previous engine versions.

Thank you for the feedback, Titangea. Please know that we hear you. In the LTS release (2019.4), our focus will be on stability and quality.

The upgrade guides for 2019.2 and 2019.3 are missing. Please complete the documentation so people can successfully upgrade from 2017.4 to 2018.4 and then beyond.

RIP 2017.4. You were the Unity 5.0 we all wanted.

You didn’t need to mention the SRP in the post though. I know “AAARGH!, we need to actually make the SRP work” is Unity’s entire mission for 2020, and that’s great, but you can safely ignore it here and we still know you’ve got the message. Nobody upgrading their long-lived production from 2017.4 to 2018.4 is interested in tinkering with 2018.4’s half-baked SRP. (Sorry, I mean “production-ready LWRP”.)

Having upgraded several large 2017.4.x projects to 2018.4.x, here’s the practical message
– Nested prefabs are awesome.
– NGUI still works better than you expected – it looked like a disaster early in the 2018.x cycle due to prefab changes but with the latest NGUI, your “legacy” UI system lives on and you can keep praying UIElements is useful, unlike Unity UI.
– Scripting and general use of legacy particles will be more painful than you expect. Unity’s tool to convert the assets may only be half your battle.
– The greatness of 2018.4 (and actually, 2019.4) is a thousand little changes by intelligent unity developers, not the big features from blog posts. Read the release notes. Smile as you use them.

Comments are closed.