Search Unity

『The Heretic』のデジタルヒューマンのパッケージが公開されました

, 5月 13, 2020

ショートフィルム『The Heretic』を公開した時、寄せられた質問の中で最も多かったものは「このプロジェクトを公開する予定はあるのか」というものでした。この度、制作したプロジェクトのうち最も公開の要望が多かった要素である、デジタルヒューマンキャラクターと技術スタックがダウンロード可能となったことをお知らせいたします。

『The Heretic』のリアルなデジタルヒューマンの制作において、Demo チームは、3D および 4D データの取得から処理、Unity でのセットアップまで、完全なデータパイプラインをセットアップする必要があり、そしてそれを可能にするための技術をいくつか開発しました。まだまだ多くの作業が残ってはいますが、私たちの取り組みの現状をご覧いただけるように、現時点での成果物を共有することとしました。これらのツールの制作への使用や、必要に応じての改造は自由に行っていただけます。

パッケージの内容は以下の通りです。

  • フェイシャルアニメーションシステム
    • 4D クリップのインポートと加工を行うためのツールです。ここでの「4D」とは、メッシュのシーケンスが経時的にキャプチャされていることを指します。
    • タイムラインを統合した 4D クリップレンダリングを行えます。
    • フェイシャルリグからのディテールの作り込みを可能にする 4D フレームフィッティングを行えます。
    • Snappers からのフェイシャルリグの組み込みが可能です。
    • Unity で直接フェイシャルリグのポージングが可能です。
  • スキンアタッチメントシステム
    • 動的に変形するスキンに追従させてメッシュとトランスフォームを駆動します。
    • 眉毛、まつ毛、無精ひげ、および論理マーカーの駆動に使用されます。
    • C# Job System と Burst コンパイラーによって高速化されています。
  • シェーダーとレンダリング
    • 『The Heretic』で使われた、肌、目、歯、髪の完全なシェーダーグラフが収録されています。
    • 複数のマテリアルが使われる箇所での法線バッファによるブラー(テアライン処理)のカスタムパスが使われています。
    • 目と歯に対してカスタムマーカーによるオクルージョンが施されています。

 

また、イギリス人俳優 Jake Fairbrother をモデルにしたデジタルキャラクター「Gawain」もリリースしています。この 3D キャラクターは、リアルタイムグラフィックスやコンテンツ制作の分野での知識の向上と共有を目的とした、学習、研究、および同様の非営利目的での利用を目的としています。

 

デジタルヒューマンパッケージの動作要件

  • Unity のバージョン:2019.3.12f1 以降
  • HDRP のバージョン:7.3.1 以降
  • Git LFS が必要
  • サポートされているプラットフォーム:HDRP がサポートするすべてのプラットフォーム

 

パッケージはアセットストアからダウンロードしていただくか、または 以下のリンクから GitHub にアクセスしてクローンしてください。

 

Unity パッケージマネージャーを使って、Unity エディターから直接 GitHub パッケージを取得します。詳細はドキュメンテーションを参照してください。

また、サンプルパッケージの実行可能ファイル版(Windows のみ)もご用意しました(1.04 GB)。こちらも GitHub でご入手いただけます。

ヘルプが必要な場合

Unite Now に参加しましょう。5 月 20 日(日本時間 5 月 21 日午前 12時〜 1 時(5 月 20 日 24 時〜 25 時))に、このパッケージに関連した「Meet the devs」セッションが開催されます。このパッケージについてさらに詳しく解説して、皆さんからの質問にライブでお答えします。日時と zoom リンクをカレンダーに登録してセッションの開催をお待ちください。

追加のリソース

プロジェクトの詳細については、『The Heretic』のウェブサイトをご覧ください。追加のリリース、ブログ記事、プレゼンテーション、動画の詳細な分析など、さまざまな取り組みについての情報が得られます。

18 replies on “『The Heretic』のデジタルヒューマンのパッケージが公開されました”

Too late, Epic Games just hit very hard with their UE5 announcement, we still have delays on ArtEngine, no production HDRP and many other stuff. I feel even releasing the full Heretic scene as sample, will not capture the audience attention enough to start a project on Unity.

Well i disagree, hdrp has been out since one year, and the heretic demo happened last year and before that unity used photogrammetrie asset with the book of the dead demo.
So basically UE5 is two years late.

Have you seen the Unreal 5 demo?? Unity is like a dinosaur that is looking the meteor approaching. Is 10 years that I’m using Unity but it doesn’t mean that i can’t recognise something mind blowing if i see it.

in a long time i was in idea that LOD system is not good.you most create one high quality asset and game engine reduce or increase details automatically.

There should be always some degree of doubt about anything epic demonstrates. They did show fully dynamic GI in UE4 demo in 2012. They did say that it is production ready feature. And it still weren’t happen in 2020 (for 8(!) years).

That is a bit of a rash assumption. Yes people looking to start somewhere will probably see the shiny demo and choose Unreal, but there are more factors in play.

This is something that is still a year away from being available, them promising a short upgrade path is a nice thing but a lot can happen in that time.

If you are invested in Unity, and build prior games on it you will probably have a library of things that can be reused and have to be rebuild in a new engine you have no experience in. It would have to be a clean start. And the switch from C# to C++ is one I’m not looking forward to make and is one of the main reasons I did not choose Unreal in the first place.

What I think is one of the biggest issues Unity is facing is the amount of money Epic is throwing at their platform. So much is free to use, and while Unity is also acquiring a lot of companies, I think they really are making it hard for small teams to choose Unity over Unreal when it comes to thing that are free to use.

It is unrealistic to think that Unity can compete at the same level as Epic, just because of funding. But Unity used to be a great alternative before Epic changed their pricing, and the stupid dark theme is still behind the pay wall of stuff you don’t need as an indie dev.

Epic announcing free cross platform and not fee for first $1M couple with UE5 is also landing at a very bad time for Unity. So many users and companies are frustrated with incomplete features and instability that I fear this will hurt us bad. Every community member we lose ultimately will affect us all. Epic when for the jugular here

Thanks to sharing nice blog about working on the realistic digital human in the Heretic.

Comments are closed.