Search Unity

先月、Unity のエキスパートやクリエイターによる刺激的なトーク、デモ、Q&A、ストーリーなどをお届けするデジタル番組シリーズ「Unite Now」がスタートしました。何から見ればいいか迷いますよね。ここでは、プロジェクトの開発、運用、収益化に関連する、最も人気のあるセッションをご紹介します。

プロジェクトに命を吹き込むためのヒントや新しいツールを探している方にも、他のクリエイターからのインスピレーションを得たい方にも、Unite Now はぴったりです。インタラクティブなセッション、オンデマンド視聴できるビデオ、ポッドキャストが毎週配信されているので、お好きな時間に Unity のスキルをアップさせることができます。

 

Unite Now の詳細はこちら

プロジェクトを次のレベルへ

まず、創造性と生産性の両方を高めるためにおすすめしたい動画をいくつか紹介します。これらのセッションでは、Unity のエキスパートが、制作プロセスを改善するための時間短縮のヒントやベストプラクティスを提供しています。

Speeding up your workflow for mobile apps

このセッションでは、モバイル向け開発におけるイテレーションの時間を劇的に短縮し、生産性を向上させる方法を学びます。各開発フェーズを効率化することを目的に作られた新しい Device Simulator を含む Unity の機能を使用して、モバイルアプリのプロトタイプ作成、ビルド、洗練の手順を説明します。

Meet the Devs: Input system

対面で行われるイベントの醍醐味の 1 つは、皆さんのようなクリエイターとの交流です。これが Unite Now で「Meet the Devs」の動画シリーズを作ったインスピレーションの源となっています。このシリーズのセッションは、どれも Unity チームからのざっくばらんな話から始まり、ライブな Q&A パートで締めるという形式を取っています。質問は事前の Twitter や Unity フォーラムへの投稿や、ウェビナー中のライブチャットで受け付けています。

この動画では、弊社の開発者が新しい Input System が簡単に導入できることをお見せしています。デモプロジェクトで、エバンジェリストの Andy Touch が簡単な接続を作成したり、再バインディングを素早く行ったり、ローカルのマルチプレイヤー環境を立ち上げたりします。

Better artist workflows in Unity

このセッションはあらゆるアーティストに向けたものです。より速く、より効率的な制作パイプラインを実現するためにワークフローを強化する方法をご紹介します。この動画では、人気のある 3D コンテンツ制作ツールからアートを簡単にインポートする方法と、Unity で直接作品に手を入れるための強力なアーティストやデザイナー向け機能の一部を紹介します。

Create landscapes and terrain faster

インタラクティブな体験向けの風景を制作するのは難しいことです。しかし、新しい Terrain(地形)ツールを使えば、その制作をより簡単かつ迅速に行うことができます。この動画では、新しいブラシ、地形をスカルプトするためのカスタムブラシの作成方法、マテリアルペイント、そして要望の多かった機能である地形に穴を作成する機能など、地形ツールに含まれるものの一部を紹介します。

プレイヤーの楽しみとエンゲージメントを最大化

素晴らしいプレイヤー体験を提供することは、ゲームの成功の鍵となります。以下紹介するセッションでは、プレイヤーの楽しみとエンゲージメントを最大化するのに役立つツールやサービスを詳しくご紹介します。

UA tips & tricks: A view from the inside with Gram Games, Uken, and Small Giant

適切なプレイヤーを獲得し、さまざまなチャネルやパートナーを活用することは難しいことです。Unity のパフォーマンスマーケティング責任者である Paivi Putsepp-Seufert は、広告主からのインサイトに基づいたユーザー獲得(UA)のための最善のヒントを共有しています。Paivi は、Gram Grams、Uken、Small Giant の UA リーダーたちに加わり、成功へのヒントを共有します。

Learn the real costs of hosting your game

ゲームのホスティングにかかるコストが気になりますか。ゲームサーバーのホスティングの専門家集団、Multiplay が、コストをコントロールするために欠かせない重要な知見を与えてくれます。この動画では、Multiplay の Paul Manuel 氏と Larry Rye 氏がコストをコントロールして健全な収益を維持するために考慮すべき 5 つの主要な要素を紹介しています。

Key takeaways from the 2020 Mobile Game Monetization Report

Unity の広告運用チームが、2019 年のすべての収益化データを集計、匿名化した上で、そのデータから得られる知見を「2020 Mobile Game Monetization Report」にまとめました。ゲームの収益化をより良く行う方法を学び、最新のトレンドを把握するために、このレポート、そして動画をご覧ください。

ゲームの裏側を見る

新しいポッドキャストシリーズ「Unity: Behind the Game」では、Unity を使って作られた素晴らしいゲームと、その背後にいる才能ある人々に視点を合わせます。どのエピソードでも、クリエイターたちがインスピレーションと創造的なプロセスに飛び込み、ゲームを構築するために使用した技術やツールを明らかにしてくれます。

Hardspace: Shipbreaker

このポッドキャストでは、Blackbird Interactive のクリエイターである Trey Smith 氏と Richard Harrison 氏が、ジャンクの宇宙船をサルベージする彼らの最新ゲームの舞台裏を紹介してくれます。プレイヤーがゲーム内で利益を挙げるために、オブジェクトを切ったり破壊したりするうちに生じる何千ものオブジェクトを、Unity の新機能と DOTS を使って生成する方法が語られます。これは面白い話なので、ぜひご覧ください!

今後の配信にもご期待ください!

引き続き最新情報をご確認ください。また、セッション日時をカレンダーに登録することもお忘れなく。新しい Unite Now の講演、Q&A、ポッドキャストを毎週配信しています。Unity フォーラムに参加して、質問をしたり、Unity のエキスパートとチャットしたりしましょう。また、Twitter, TwitterFacebookInstagramYouTube で Unity をフォローして、#UniteNow2020 の最新情報やニュースをチェックしてください。

※日本語版註:上記に加えて、ユニティ・テクノロジーズ・ジャパンの Twitternote では、日本語で Unite Now 関連情報、その他 Unity 関連の最新情報を随時発信しております。

いつものように、皆様からのご意見をお待ちしています。この記事のコメント欄にて、どの講演が面白かったかをお伝えいただければ幸いです。

6 replies on “Game on:Unity のスキルをレベルアップ”

We are very lucky to be able to live in an age of technology like this.
At this time I began to ask about my existence which might be replaced by AI

I personally still do not believe the development of the Unity application, which originally made the GooBall game now as advanced as this 💘💘💘

I just wanted to know that if I can use Unity for making graphic architecture and character modeling for PS5 too? So far my experience with Unity is going phenomenal and I have really enjoyed working with it, so far so, that I am documenting my journey on my own publication theusables.com too. Moreover, I would just like to know if there’s any Unity PS5 related course coming out officially?

I have been using Unity since version 3.0 and I think Unite Now is a really great service, especially to be able to interact with the speakers by asking questions in real-time.

I hope we also start to see more technical blogs posts like we used to have before, but Unite Now is a great and needed start.

I participated in a course and really enjoyed. My feedback would be to provide a more detailed description of what will be taught/discussed as many of us were confused on the breadth and depth of the course topics.

Knowing which Unity version will be used in the course is also helpful so we have it ready beforehand.

Is there any place we can make suggestions on what courses we would like to see in the future?

Thanks.

“Is there any place we can make suggestions on what courses we would like to see in the future?”

You can totally leave us a message on any of our community/social channels, we’re always keeping an eye out and we’re happy to send suggestions over!

Comments are closed.