Search Unity

プレイヤーファーストのエンゲージメント ― deltaDNA から学ぶこと

, 5月 15, 2020

プレイヤーのエンゲージメントを確立し、それを維持するには、マクロレベルとミクロレベルの両方のレベルで運営を行う必要があります。すなわち、ゲーム全体でベストプラクティスを遵守しつつ、プレイヤーごとにメッセージを調整して発信していく必要があるということです。

適切なエンゲージメントこそが、ゲームの長期的な成功の鍵です。プレイヤーを第一に考えた賢いエンゲージメント戦略を採用しなければ、発売時にブームになった素晴らしいゲームコンセプトであっても、その後すぐに失敗する可能性があります。

嬉しいことに、いまやゲームのデザインを完全に変更しなくても、さまざまな施策を実施し、メッセージングをパーソナライズすることができるようになりました。データに基づいたアドバイスに従い、高度なエンゲージメント技術を使用してターゲティングを最適化するだけで、プレイヤーと賢明で長期的な関係を構築することができます。

Unity の技術には何千ものゲームの分析と最適化に使用されてきた実績があり、そのため Unity には数週間、数か月、場合によっては数年もの間にわたり、プレイヤーの満足度を高め、エンゲージメントを維持しているものは何なのかについての独自の知見が蓄積されています。シニアゲームデザインコンサルタントであり、deltaDNA のエキスパートユーザーでもある Franco Spina によるウェビナー「Best Mobile Engagement Practices in 2020」では、Unity のノウハウの一部をご紹介します。

deltaDNA とは何か

Unity の deltaDNA は、表層的なものにとどまらないデータ分析機能を搭載した、ゲーム制作者向けの洗練されたプレイヤーエンゲージメントツールを提供します。クロスプラットフォームと豊富なデータ機能を備えたこのエンドツーエンドのソリューションにより、パブリッシャーや開発者は、さまざまなプレイヤーの行動をよりよく理解し、個別のプレイヤーをターゲットにしたパーソナライズ済みの体験をリアルタイムで作成することができます。どなたにでも、deltaDNA のフル機能を備えた 30 日間の無料トライアル版をお使いいただけます。

長い間プレイヤーを維持する要因は何か

開発者は、長期的にゲームをより魅力的なものにするために、さまざまな仕組みやテクニックを実装することができます。それは、人間の基本的な心理に根ざしたものです。

人間は社交的で、競争的で、習慣づけされるものでありながら、一方ですぐに飽きてしまうという性質を持っています。また、常にやり取りの中に価値を求める性質があります。開発者は、これらの特性を利用した仕組みをゲームに組み込むことができます。ここでは、ゲームをより魅力的で離れがたいものにするための機能や仕組みの例をいくつか紹介します。

定期的なタスクとトーナメント

特定の周期に結びつけることができるイベントやタスク、報酬は、健全で習慣的なプレイを促すことになります。毎日のタスクやウィークリートーナメントがプレイヤーのルーチンの一部になれば、いらだたしいセッションをしたり、他のゲームに気を取られたりしたときに、プレイヤーが離脱する可能性ははるかに低くなります。

季節性のコンテンツ

ユニークなアセット、期間限定のオファー、特別なイベントなど、季節性のコンテンツは幅広いレベルのプレイヤーに歓迎されます。熱心なプレイヤーにとってはコンテンツの提供前から期待感を高めてくれるものになりますし、ゲームに飽きてきていたプレイヤーにとっても、特別なコンテンツはゲームを放棄する寸前のところから戻ってくるきっかけとなるかもしれません。

ギルド/クランの仕組み

コミュニティと社交性は信じられないほど強力なモチベーターです。プレイヤーがチームに参加したり同盟を組んだりすることを奨励することで、さらなる名声と達成感をもたらすだけでなく、ある種の忠誠心をもってプレイヤーをゲームに戻ってこさせることにもつながります。気分だけではプレイヤーをログインさせることができない場合は、チーム精神を活用すると良いでしょう。

ステータスアイテム

ステータスや名声が付いているアイテムは非常に好ましいものです。プレイヤーは多くのタスクをこなし、仲間の羨望の的になるために多くの努力をすることになるでしょう。しかし、開発者はここで注意しなければなりません。プレイヤーが、課金アイテムが競争上の優位性をもたらすと感じた場合、そのゲームを「ペイツーウィン(より多く課金した者が勝つ)」と認識してしまい、大挙して離脱してしまう可能性があります。

ターゲットを絞ったエンゲージメントとは何か

ターゲットを絞ったエンゲージメントとは、プレイヤーにパーソナライズされた方法でメッセージを送り、やり取りを行うことです。プレイヤーの好みやプレイスタイル、行動に基づいたオーダーメイドの体験を提供することで、離脱の可能性を大幅に減らすことができます。

洗練されたエンゲージメント戦術は、一般的なアプローチよりよい結果をもたらすことができます。deltaDNA で実施されたすべてのキャンペーンの内訳は以下の通りです。

  • 48% は、特定のターゲットを設定せずに、すべてのアクティブなプレイヤーを対象としたもの
  • 15% は、マイルストーンイベントと重要な行動に基づいてプレイヤーをターゲティングしたもの
  • 35%は、特定の行動と複雑なプロファイリングに基づいてプレイヤーをターゲティングしたもの

「洗練された」35% のキャンペーンについては、それよりさらに低い割合のゲームの間でしか共通していないことがわかりました。これは、洗練されたキャンペーンは似たようなプレイヤーの小さなサブセットをターゲットにしているためです。そのため、オーディエンス全体をカバーするためには、洗練されたキャンペーンをさらに数多く打つことが必要ということになります。

別の方法で見てみると、このデータは次のことを示しています。

  • 85% のゲームが基本的なターゲティング手法を使用しており、平均的な上昇分は 11%
  • 15% のゲームが洗練されたターゲティングを使用しており、平均的な上昇分は 47%

この上昇分の大きな差が、ターゲットを絞ったエンゲージメントの力を証明しています。ゲーム内で追跡することにしたイベントを利用して、プレイヤーのセグメントを作成し、プレイヤーが何を求めているかをより良く理解し、そしてプレイヤーに引き続きプレイしてもらうためのオーダーメイドの体験を提供することができます。


 

次回のウェビナーでは、プレイヤーのエンゲージメントについての詳細をご紹介します。以下の方法を学ぶことができます。

  • 最高のパフォーマンスを発揮するためのメッセージ発信のタイミングを決める方法
  • プレイヤーの行動に基づいてターゲティングを行う方法
  • ゲーム内広告の最適化手法
  • 長期的にプレイヤーの興味を引き続ける方法
  • ゲームに飽きてきたプレイヤーを再びアクティブにする方法

 

ウェビナーに登録する