Search Unity

Unity for AEC の紹介とリアルタイム 3D 体験の作り方

, 5月 21, 2020

AEC

リアルタイム 3D 技術を導入したことで、まだ存在していない環境の体験、物理的な制約を受けないトレーニング、コンクリート打設前にチーム間で繰り返し修正を行うなどを行うことが可能になった企業が出てきています。毎週開催され、オンデマンドでも視聴可能なウェビナーシリーズ「AEC Digital Series」に参加して、Unity for AEC(建築業界向けの Unity の製品やサービス)がどのようにこの未来を牽引していくかを学び、Unity Pro と Unity Reflect を使った建築プロジェクトの進め方についての専門家によるウォークスルーをご覧ください。

リアルタイム 3D はゲームだけにとどまらず、建築、エンジニアリング、建設(AEC)など、あらゆる業界で製品や建築物のライフサイクルに変革を起こしています。Forrester Consulting 社が Unity の委託を受けて実施した調査によると、現在、AEC および製造業に属する企業の 19% がリアルタイム 3D を導入しています。また、リアルタイム 3D を採用していない企業のほぼすべて(97%)が、リアルタイム 3D によってワークフローやプロセスが改善される、あるいは革命的な変化を起こせるとも考えています。

AEC 業界は、設計からプレコンストラクション、建設現場、さらにはそれ以降にまで、建築物のライフサイクル全体に及ぶリアルタイム 3D の価値を認識しています。そこで、Unity のリアルタイム 3D 開発プラットフォームの力を紹介するために、Unity Pro と Unity Reflect でリアルタイム 3D 体験を構築する方法を専門家が解説するウェビナーシリーズ「AEC Digital Series」を開始しました。

AEC Digital Series で、Unity for AEC を使ってワークフローを変革させる方法を学びましょう。ウェビナーでは、以下のような内容を扱います。

  • Unity Reflect を使ってメタデータをインポートして、Unity Pro でモデルを作成する方法
  • Unity でシンプルなユーザーインターフェースを作成する方法
  • Unity Reflect のカスタムビューアーを作成する方法
  • AR で 1:1 スケールの現場を再現する方法

オンデマンドのウェビナーご視聴や、今後開催されるウェビナーへのご登録を検討されている方向けに、最初の数回のセッションの概要をご紹介します。

The future of Unity for AEC

このセッションでは、Unity Pro と Unity Reflect など、Unity for AEC のビジョンを深く掘り下げます。AEC 業界が直面している問題や、リアルタイム 3D が建築物の設計、建設、運用の方法をどのように変えているかを学びましょう。また、Unity の製品の最近のアップデートや将来のロードマップについてもご紹介します。

今すぐ視聴

Introduction to Unity Pro and Unity Reflect

第 1 部

Unity では、Revit、SketchUp、Rhino が最初からサポートされており、これらのソフトウェアでモデルを準備して転送し、リアルタイム 3D 環境で使うことができるようになっています。この 2 部構成のウェビナーの第 1 部では、Unity Reflect を使用して、すべてのメタデータを引き継いだ形でモデルを Unity Pro にインポートする方法をご紹介します。

今すぐ視聴

第 2 部

第 2 部では、ライティングの設定、マテリアルの交換、背景の空の変更、ポストプロセスエフェクトの追加、アセットストアからのカスタムモデルの追加方法を説明します。

今すぐ視聴

Creating a simple UI in Unity

Unity Pro でレスポンシブデザインのユーザーインターフェース(UI)を作成する方法を学びます。ソーラースタディ、マテリアルのリマッピング、照明のスイッチなどを操作するために、カスタムアプリケーションでユーザーインターフェースを活用する方法を取り上げます。

今後のセッション

ウェビナーでは、皆様からのご意見に耳を傾け、皆様からの投票で選ばれたトップセッションを追加していきます。今後のアップデートをお待ちください。それまでの間、AEC Digital Series のページにアクセスして、次回のウェビナーへのご登録をいただき、過去のセッションをオンデマンドでご視聴ください。

次回のセッションに登録する

6 replies on “Unity for AEC の紹介とリアルタイム 3D 体験の作り方”

Unlike some of the squeaky wheels here, I am pleased to see Unity increasing its emphasis on usability, education and focused messaging for AEC. Unity stands apart from other AEC software because of its streamlined approach to real-time rendering. Historically and even today AEC software is dominated by pre-rendering solutions. And the AEC market is much slower than the video game market to shift its core toolsets. But, once it does, the winning company can enjoy a 20-year (or more) run at the top.

Kudos to Tony F. and the team for creating a warm landing space for AEC developers! My sincere hope is that Unity is able to nurture an AEC community that is as generous and supportive as the Unity VR community.

Adding these pay walls (like other companys in the AEC area) will one day pay off, negative wise. AEC is a pro area, sure. You want to earn money, sue (most of us want). Just hiding your tools to your vast audience is very alaraming. Hopefully you will not get the bad reputation like other companies which are working at these field (for many years)…

Why are you putting so much emphasis on Unity Pro ?
Unity Personal / Plus and Pro have all the VERY SAME EXACT TECHNICAL CAPABILITIES, there is NO functional difference tech-wise.
So why are you doing this ?
Is Unity Reflect ONLY available with Pro subscription ? If so, can you state this hard requirement publicly ?

Can you explain this ? Cause otherwise it surely doesn’t look like you’re pushing Pro subscription to these companies without them actually realizing it’s not needed, at all.

As a longtime Unity user, I have to say Unity’s situation is getting very worrying and alarming. And judging by what we see in the community, it looks like a majority of people are thinking the same.

Unity clearly appears to have abandoned the idea of giving us solid core tech/tools for making games, and instead shifts its focus almost entirely towards industrial, film, “services” & other non-game sectors. Just look at the blog posts in the last year.

While other engines are being developer-friendly and developing exceptional tools that everyone have been asking for, Unity is still grappling with the same kind of stability/efficiency problems it’s been having forever. And they can’t even offer us a dark theme for free, which is not only incredibly insulting to your customers, but also is a failure to meet even the most basic accessibility requirements. This is shameful and wrong. Please end this absolute circus.

People are looking everywhere for reasons to abandon Unity at this point, and they won’t need much convincing. You have been making yourselves too unlikeable for too long with your out-of-touch buzzword-obsessed PR person attitude. Start acting like humans who listen to your users’ needs, and show us that you care with your actions; not just words. Start with robust, well-tested core game engine tech, and get to the bells & whistles after. I’m well aware you guys are working on DOTS and the SRPs, and I think these things are definitely steps in the right direction, but these still look like an afterthought compared to all the rest, and they seem to be years away from being ready. Ever since 2014, people have been waiting for Unity’s rendering tech to catch up with a certain other engine, and we’re still not there yet after all this time.

After last week’s news from your main competitor, you need to reassure your customers in a big meaningful way, and reaffirm your commitment to making a GAME engine, with stable battle-tested tools that we can rely on. Force all your demo teams to work exclusively with publicly-available engine/package releases. Make demos that are closer to being games than films.

Amen!
Stop this coverup operations to divert the attention from the core.
Go back to basic and make Unity to fun to work with instead of fighting.
The inconsistent and archaic UI lacking fundamental features make the experience a nightmare; not to mention the clunky Editor performance.
Will Unity ever listen, or do something? They alwasy say they listen, but it’s marketing personal speaking from the bottom orifice. I would like to hear what CEO or CTO has to say about the dire situation.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です