Search Unity

アーティストとデザイナーのための Unite Now セッションのご紹介

, 6月 26, 2020

Unity を使えば、アーティストやデザイナーはアイデアを実装する上でのプログラマーやテクニカルアーティストへの依存度を下げ、自身の創造性をより自由な形で発揮することができるようになります。こうした状況の実現への第一歩として、アーティストやデザイナーの皆さんにぜひご覧になっていただきたい Unite Now セッションをこの記事にまとめました。

Unity には、美しいものや楽しいものを作る上でプログラミングの知識を必要としない、アーティストやデザイナーにも使いやすい機能が増えています。私たちは、たとえ大規模なチームの中にあっても、ゲームに携わるすべての人が、自らの芸術的なビジョンを忠実にリアルタイムで実現できるようにしたいと考えています。Unity を使ったことのないアーティストの方でも、Unity の機能を最大限に活用したい方でも、素晴らしいコンテンツを可能な限り簡単に作成するために必要なツールをご用意しています。

 

Unite Now をチェック

Better Artist Workflows in Unity

より迅速で効率的な制作パイプラインを実現するために、アーティストのワークフローを強化する方法をご紹介します。よく使われる 3D コンテンツ作成ツールからアートを簡単にインポートしたり、Unity で直接作品に手を加えられるようにするための、アーティストやデザイナーが使いやすい強力な機能をいくつかご紹介します。

Introducing Unity ArtEngine for AI-Assisted Artistry

最近、Artomatix が Unity ファミリーに加わりました。このセッションでは、創業者の Eric Risser 氏と製品の責任者である Ely Leow 氏が、AI を活用したアート制作によってより実現した強力な 3D マテリアル制作ワークフローとそれによる QOL の向上について講演します。Artomatix が提供する Unity ArtEngine の可能性とロードマップをご覧ください。

Create Landscapes and Terrains Faster

インタラクティブな体験のためのランドスケープを作成するのは難しいものです。Unity の新しい地形(Terrain)ツールを使えば、そのプロセスが格段に楽になります。このセッションでは、地形をスカルプトするためのカスタムブラシ、マテリアルのペイント、さらには地形に穴を空けるツールなど、最新のツールを紹介します。

Cinemachine: Powerful Camera Tools for Games and Film

Cinemachine はゲームと映画の両方で使いやすい、カメラ関連の強力なモジュールのセットです。両方のユースケースで Cinemachine を活用している熟練のユーザーから、このプロダクトの今後についてお話を伺います。

Reusing and Retargeting Animations Between Rigs

Unity 認定インストラクターと一緒に、再利用可能でスケーラブルなキャラクターアニメーションを作成する方法を学ぶ一連のミニチャレンジに取り組みましょう。

VFX Graph: Building Visual Effects in the Spaceship Demo

Spaceship Demo プロジェクトの内部を詳しく調べて、ビジュアルエフェクト、ライティング、サウンドがどのように Timeline シーケンスに統合されているかを見てみましょう。また、エフェクトをゲームプレイに反応させるための鮮やかなスクリプティングのテクニックも学べます。

Deep Dive with Post-Processing Color Grading

このチュートリアルでは、カラーグレーディングを使って好みのスタイル、ムード、エフェクトを追加する一連のミニチャレンジに取り組みます。

これから行われるセッションにもご期待ください

これから数週間にわたり、アーティストやデザイナー向けの素晴らしいセッションが予定されています。本ブログ記事をブックマークしておいてください。ここから後のリストは、セッションがリリースされ次第アップデートされていきます。

Meshes Simplified – Going from 3ds Max to Unity

3ds Max でメッシュを編集されている方におすすめです。このセッションでは、Unity 認定インストラクターと共に一連のミニチャレンジに取り組み、シンプルなハイポリゴンメッシュをリトポロジ化する方法を学ぶことができます。

Introduction to the Post-Processing Stack

Unity デモの中でもよく使われる「The Courtyard」を使って、アンビエントオクルージョン、ブルーム、アンチエイリアシング、ビネットなどのポストプロセッシングエフェクトの追加およびカスタマイズの方法を学びましょう。これらのテクニックを Unity プロジェクトに適用して、ルックアンドフィールを改善させることができます。

Improve your Animation Workflow with Animation Rigging

Animation Rigging パッケージが、より優れたツールとより柔軟なワークフローによって、プロジェクトのアニメーションをどのように強化できるかをご紹介します。リガー、アニメーター、シネマティックデザイナーを対象としたこの実践的なデモンストレーションでは、キャラクターのセットアップ方法、ランタイムリギングとアニメーションオーサリングの両方を活用する方法をご紹介します。

Get up to Speed with Timeline

Timeline を使って、Unity で映画のようなシーケンスを作成する方法を学びましょう。Timeline で複数の火星探査機のアニメーション、起動、オーディオをコントロールすることで、皆さん自身の Unity プロジェクトでコンセプトをゲームオブジェクトに乗せる方法を学ぶことができます。

今後もカレンダーをチェックして Unite Now の番組をご視聴ください。毎週、新しい Unite Now トーク、Q&A、およびポッドキャストを公開しています。Unity フォーラムに参加して、質問をしたり、Unity のエキスパートとチャットしたりしましょう。また、TwitterFacebookInstagramYouTube で Unity をフォローして、#UniteNow2020 の最新情報やニュースをチェックしてください。

3 replies on “アーティストとデザイナーのための Unite Now セッションのご紹介”

These Unite sessions are very good, especially when they actually go through and show you the little details, such the retargeting, and the Animation Rigging.

I casually stumbled into this comment. Thanks Shakeel! I did the Animation Rigging one. There’s a couple more coming out soon for artists, on baking lighting and Timeline from me.

Comments are closed.