Search Unity

Codice Software が Unity ファミリーに加入:リアルタイム 3D ワークフローにバージョン管理を導入

, 8月 17, 2020

今日ほどインタラクティブなコンテンツ制作をやりやすい時代はありませんが、同時に制作の複雑さも頂点に達しています。高速なリリースサイクル、大容量ファイルの取り扱い、分散チームでの共同作業といった事柄は、最高度に統率されたチームにとっても困難な課題です。ユーザーは、さまざまな役割の人が関わるプロジェクトでバージョン管理の更新を確実に行うために、柔軟性があり、アジャイルで高速なプラットフォームを必要としています。

Unity は、皆様が必要とするソリューションを確実に提供するために、バージョン管理ソリューション(VCS)の Plastic SCM を主要製品とする Codice Software を買収しました。Plastic SCM は、強力なマージオプションを提供し、分散型と集中型の両タイプのレポジトリをサポートを実現しながら、最大規模のリポジトリ、大規模なバイナリファイル、数千人の同時使用ユーザーを扱うことが可能な製品です。また、クラウドでもオンプレミスでも、すべてのリアルタイムコンテンツ作成ワークフローに対応できるように設計された素晴らしい機能を備えています。先週のブログ記事で、私たちは、Unity からリリースされるすべてのものが本番環境に対応し、安定した状態で提供され、かつ、すべてのユーザーにより高い Quality-of-Life(より良いユーザー体験)を提供できるようにすることに取り組むことを改めて表明しました。今後私たちは、Plastic SCM を含む Unity のすべての運用ツールとサービスにこの取り組みを浸透させていきます。

Plastic SCM + リアルタイム 3D

Plastic SCM は、柔軟性、アジャイル性、スピードのユニークな組み合わせを提供します。Plastic SCM は、より深いコントロール性と柔軟なアーキテクチャを備えた豊富な機能セットを求める、あらゆる規模のチームやプロジェクトに対応するワールドクラスのツールであり、開発者とアーティストがより効果的に連携して作業を行うための架け橋となります。複雑でコードの多い負荷にも対応できるスケーラビリティと、アーティストのための GUI オプションも含め、すべてのユーザータイプに対応したワークフローと UI を備えており、開発者とアーティストのどちらにも満足していただける製品となっています。

Plastic SCM は、ゲーム、自動車、製造業、小売業、家電製品など、様々な業界で使用されています。これは Plastic SCM があらゆるタイプのユーザーにとって理想的なソリューションであり、また将来的にさらに幅広い業界をサポートしていくことが見込まれるためです。現在までに、Unknown Worlds、Facepunch、Dreamscape Immersive、Aptiv、Medtronics、Nike などの企業が、バージョン管理のニーズを満たすために Plastic SCM を採用しています。

お気に入りの VCS を使い続けることができます

Unity の Collaborate のサポートも継続します。また、Unity ユーザーではない Plastic SCM ユーザーの方にも、同製品の新たな展開をご用意しています。ところで、Plastic SCM と Collaborate は、どちらもワークフローを効率化するために使用されるチーム重視のツールです。そのため、私たちはそれぞれの製品に対する考え方の違いについて、ここで簡潔に述べておきたいと思います。

複雑なバージョン管理に煩わされることなく、簡単にプロジェクトを同期させたい小規模なチーム間でプロジェクトを共有する機能をユーザーに提供するために Collaborate を開発しました。Plastic SCM は、より複雑なプロジェクトで共同作業を行い、ブランチ、ロック、マージ、スタンドアロン GUI などの VCS 機能を必要とする大規模チームのために開発された製品です。Plastic SCM を使えば、市場をリードするソリューションにアクセスすることができます。

また、Unity を使用する際には、クリエイターが自分の開発ニーズやチームに合ったツールを柔軟に選択できることが重要だと考えています。そのため、Plastic SCM、Collaborate、およびその他のサードパーティのバージョン管理サービスが継続してサポートを受けられるようにし、お客様のニーズに合わせて最適なツールをご利用いただけるようにしています。

スタートガイド

Plastic SCM は、どのような技術を使ってプロジェクトを構築しているかに関わらず、すべての人が利用できるようになります。また、Unity ユーザーであるかどうかに関わらず、Plastic SCM を使い始めることができるように、新たな無料版をご用意しました。価格の詳細はこちらをご覧ください。

Plastic SCM の詳細はこちらでご確認ください。最大 3 人のユーザーまで無料でご利用を開始していただけます。Collaborate ユーザーで、プロジェクトを Plastic SCM サービスに移行したい方は、移行ツールをご利用ください。Unity Plastic SCM プラグインについては、こちらをご覧ください。