Search Unity

Unity アセットストア 10 周年を記念したメガバンドルのご案内

, 10月 22, 2020

アセットストアの 10 年間を彩る素晴らしいアセットを、大幅割引した価格でお求めいただけるメガバンドルをご用意いたしました。大人気ゲームの制作にも使われたアセットを大変お得な価格で手に入れるチャンスです。

11 月 11 日に、アセットストアは 10 周年を迎えます。アセットストアが産声を挙げてから 10 年間で、取り扱うアセットは 60,000 件に達し、これらのアセットによって何百万人ものユーザーが、何十億時間もの時間を節約することのできる仕組みが整いました。現在、11,000 を超えるパブリッシャーがアセットストアの重要なコンテンツであるアセットの制作に関わっています。

これまでの 10 年間、アセットストアは Unity ユーザーの皆さんにとって、時間の節約やプロジェクトの仕上げに役立つ高価値なアートや拡張などを確実に提供してくれる場所でありつづけてきました。1 人で開発を進めている方から AAA タイトルを手掛けるスタジオまで、Unity アセットストアはあらゆる種類の素晴らしいプロジェクトの推進に役立っています。この度、過去 10 年間にわたってリリースしてきたアセットから、今でもリリース当時の価値を失わずに残っているものを集めたメガバンドル「Asset Store X」をお送りします。

日本時間 11 月 13 日午後 4 時 59 分まで、Unity が過去 10 年間提供してきたものの中から厳選した 20 のアセットを、95% オフという驚異的な割引価格にて提供いたします。今回のメガバンドルに収録されたアセットは、Unity のメジャーリリースに対応してサポートや更新がなされてきたものばかりで、リリースからの年月を感じさせません。必要なものだけお買い上げになることも、メガバンドルに収録されたすべてのアセットをお買い上げいただくこともできます。このメガバンドルは、あらゆる方にとって価値あるものであることを確信しています。

ティア 1:9.99 ドルでご購入いただけるアセット

最初のグループは、Protofactor の GOLEM と、Polygonmaker の Fantasy Horde – Orc をフィーチャーしたものです。両社とも長年にわたりアセットをリリースしてきたパブリッシャーであり、この 2 つのアセットも、進化を続けてきたレンダリング機能を取り入れながら更新が重ねられ、プレイヤーの期待に応えてきたアセットです。Oak Trees Package は 2011 年にリリースされたアセットですが、2020 年のいま見ても美しく、ウィンド効果や HDRP 用のシェーダーにも対応しています。

このグループの仕上げとなるのは、The Combat Collection PRO Edition に収録された John Leonard French によるプロ仕様のマスタリングを施された 21 曲のサウンドトラックと、BitGem の Micro Monster & Heroes Pack Low Poly です。いずれもプレイヤーが深く没入できる体験を創り出すためには必須のアセットです。

ティア 2:24.99 ドルのお支払いでさらに充実

次のグループはすぐにゲームに使えるアートアセットを収録したものです。モバイル対応の冬をテーマとした UI パックの Frozen GUI Pack や、ManufacturaK4 の超人気アセット Top-Down Assets などが収録されています。目的にぴったりマッチしたグラフィックスや、Top-Down Assets の入念に作り込まれたデモシーンなどは、特におすすめできるポイントです。このデモシーンは完全に動作するシーンとして作られているので、プロジェクトにすぐ使うことができます。

Beffio の UI – Builder はカスタムの UI を簡単に構築できる UI 要素の巨大なライブラリであり、HDRP にも対応するように更新されています。ぜひマイアセットとしてお持ちいただきたい製品です。加えて、このグループにはタワーディフェンスゲームの開発に必要な要素をすべて備えた Tower Defense Toolkit 4 や、インスタンスをより効率的に管理してパフォーマンスを向上させるツール PoolManager も収録されています。

ティア 3:35.99 ドルのお支払いで全部入り

最後のグループには、皆さんが名前を聞いたことのあるアセットも収録されているかもしれません。プロジェクトで使うグラフィックスなどのアートを作成するアートツールを備えた Procedural UI Image や、空、天候、雲を扱う強力なシステム UniStorm、シーン中にインタラクティブな水のエフェクトを作成する SUIMONO Water System などのアセットが収録されています。

アセットは単独で使うより組み合わせて使うほうがその能力を引き出しやすいものですが、このセットに収録されたアセットはまさにそれが当てはまる組み合わせとなっています。たとえば、カーレーシングの物理演算を扱う人気ツール Edy’s Vehicle Physics は、EasyRoads3D Pro v3Master Audio: AAA Sound と組み合わせて使うことで、その能力を最大限に引き出すことができます。レーシングゲームに関するアセットとしては、他にも SICS Games の Toon Racing が収録されています。

エディター拡張はアセットストアの中でも、常に人気上位を占めてきたアセットのカテゴリです。そのうち最も人気のある 2 つのアセットがこのメガバンドルに収録されています。1 つ目は SimpleSQL で、これは皆さんのゲームに SQLite を組み込み、より柔軟な方法でゲームデータを保存・活用できるようにするアセットです。2 つ目は Script Inspector 3 で、これは Unity エディターの中にシームレスに組み込むことのできる高速・高機能な IDE です。

最後にご紹介するのは、アセットストアが立ち上がった最初の月に Starscene Software からリリースされた Vectrosity です。これはシンプルな直線から 3D ベクトルグラフィックスまで、線を描くことに関しては何でもできるユーティリティです。Dreamora というユーザーが 10 年前に書いたレビューでは、「直線と曲線に関して何かする必要があるなら、Vectrosity を絶対に使うべきです。簡単に使えて、柔軟性があり、パワフルでかつ高速に動きます。お金を払って買っても絶対に後悔することはありません。」と述べられていますが、これは現在においても正しい評価です。

この 10 年間で、ツールやアートパック、完成品のプロジェクトなど、本当に数多くのアセットがパブリッシャーのコミュニティで生み出されてきました。現在、数えきれないほどゲームが存在しているのは、アセットストアがそこにあり、開発者たちに「車輪の再発明」をさせなかったことが非常に大きく貢献していると思います。

これからの 10 年で、何が起きるか。それを目にするのが今から楽しみです。

 

メガバンドルの内容を確認する

22 replies on “Unity アセットストア 10 周年を記念したメガバンドルのご案内”

At first glance, I would agree. But there are some Gems here with a pedigree as some of these assets are now 8 years old but still being regularly updated and have 5-star reviews. If you don’t already have half of these then it’s a great buy.

We’ve corrected this issue and you should now be receiving UI Builder if you bought the appropriate bundle.

‘SPACE for Unity’ in the 2nd tier is no longer available and was replaced with ‘UIBuilder’.

Hey team, same boat here. I bought the bundle but don’t have UI builder in my assets. The rest of the bundle shows as owned. What’s the plan to fix this up?

UI Builder now shows as part of the bundle, but doesn’t show as a purchased asset. Can you guys fix it, so that people that bought the bundle before the “hiccup”, automatically get UI Builder added to their assets?, thanks!

I see the same thing. I bought the complete bundle this morning but I don’t have UI Builder in my bundle?

There is a problem tho. People who purchased bundle before your changes didn’t receive UI Builder licenses. Will you handle it in bulk or should I open support ticket? Would prefer first solution because Unity support is already overloaded and I takes 2 weeks to get any response.

It is visible to me on that link, shown on the 2nd tier along with Poolmanager, Tower Defense Toolkit Frozen GUI pack and Top down assets, however I also didn’t get the asset in my asset list. Clicking that link shows all assets greyed out as purchased, except for UI Builder!
I’ve opened a ticket to see what’s going on. They shouldn’t advertise the bundle to include items that aren’t actually included.

Apologies for the confusion! Bit of a hiccup, but UI Builder should now show up as being part of the bundle.

From what I see in the Threads the tier 2 SPACE asset was replaced with UI builder maybe there was a limited number of licenses – but since there is a $10+ cost/value difference -between the assets- I think UI builder should be given to those that purchased before the swap or at min a discounted coupon – I could buy a 2nd tier bundle again for 24.99 vs the UI builder cost of 55.00 – but that just does not feel right ..

Comments are closed.