Search Unity

Unity の新しい LEGO Microgame でバーチャル LEGO® ブロックを使ったゲームを作ろう

, 10月 26, 2020

Microgames シリーズの最新作では、デジタル版の LEGO®部品を使ってもらうことで、新しいユーザーの方でも 1 時間以内で、はじめての 3D ゲームのビルド、カスタマイズ、共有までができる環境をご提供します。

私たちは、より多くのクリエイターがいれば、世界はもっと良い場所になると信じています。そのためには、ゲーム開発をより身近なものにし、新しいユーザーの負担を軽減する必要があります。また、Unity Microgames シリーズを作ったのもそのためです。Microgames シリーズの目的は、Unity を使った制作を気持ちよく始めてもらい、その過程で、はじめてゲームを作るユーザーのコミュニティの中でゲームを自分なりにアレンジすることを楽しんでもらうことです。

LEGO®ブロックを使って何か作ることが好きなら、この Microgame は、皆さんが創造的なことを始め、はじめてのゲームを完成させるまでの道のりを体験するための最適な場所です。しかも無料で、コーディングの経験は必要ありません。LEGO Games と提携して作られたこの Microgame は、オープンベータ期間を経て、今回グローバルでのリリース版となります。LEGO グループの「System in Play」と、LEGO のミニフィグがはじめて Unity エディターにやってきます。

 

エディター内でのシンプルなチュートリアルを通して、はじめて Unity に触れるユーザーが、最初のプロジェクトを開くところから、最初の 3D ゲームを公開して共有するところまで、ガイド付きのパスに沿って 1 時間以内で終えることができます。自分のペースで進め、自分の創造的な決定をして、自分の作る体験をカスタマイズしながら、あらゆるものがどのように連動していくのかを理解することができます。ここでは、楽しみ方をいくつかご紹介します。

  • ゲームプレイで使うアクションが組み込まれた LEGO Behaviour Brick をつなぎ合わせて、バーチャルブロックで構成されたインタラクティブな LEGO の世界をさっと構築する
  • LEGO Games がこのMicrogame専用に作成した4つのLEGOミニフィグの中から好きなキャラクターを選んで遊ぶ
  • Unity アセットストアからダウンロードできる様々な Creative Mod とアドオン形式のテーマを使ってパーソナライズし、自分だけのユニークなゲームに作り替える
  • ゲームをウェブベースで遊べる形にして友達と共有したり、Unity Play ウェブサイトで他のクリエイターのゲームを見つけて遊んだりして、インスピレーションを得る

始め方

  • 初めての方:ノートパソコンやデスクトップ PC を使って LEGO Microgame の専用ページにアクセスして、ページ上部の「Get Started」をクリックしてください。
  • 現在の Unity をお使いの方:Unity 2019.4 LTS がインストール済みであることを確認 → Unity Hub(v2.4.2 以降)を開く → 「使い方を学ぶ」タブを選択 → LEGO Microgame を選ぶ

Unity の設定方法を見て、最初のゲームを作り、遊び、共有しましょう。

Creative Mod とアドオンでゲームをパーソナライズし続けよう

LEGO の部品と Unity の拡張性およびワークフローを組み合わせることで、LEGO Microgame はバーチャルブロックが現実世界のブロックとどのようにつながるかを実証する最適の実例となりました。この物理世界を仮想世界につなぐ LEGO での制作をシミュレートすることで、はじめて何かを作り出す体験をする人に、作り始めてすぐに親近感のある本格的な体験をしていただける環境が出来上がりました。また、ゲームに追加の機能を組み込む方法もどんどん拡大していっています。

以下に示すように、多くの Creative Mod とアセットストアで提供しているアドオンがあります。

ゲームを改造する 9 つの方法

Unity Learn の LEGO Microgame のページでは、Unity の基本を学びながらゲームを作り替えてパーソナライズする 9 つの素敵な方法が紹介されています。Creative Mod の中の課題には、自分のミニフィグを選んだり、自分だけの敵キャラを作ったり、戦利品を隠すためにロックされたエリアを作ったりするものが含まれています。

もし皆さん(特に AFOL(Adult Fans of LEGO、大人の LEGO ファン)の方)が、ゲーム体験を本気で作り込みたいという場合のために、Unity は LEGO Games と、LEGO のパーツ、ミニフィグ、およびセットを売買するオンラインマーケットプレイスである BrickLink と提携して、Studio という環境で作られた MOC(My Own Component)コンポーネントをインポートできるようにしました。

LEGO Microgame の Creative Mod での作業過程

楽しくアドオンを使う 9 つの方法

Unity アセットストアは、ゲーム開発をスピードアップするための 2D および 3D モデル、テクスチャ、テンプレート、および様々なツールを収録した膨大なカタログです。ここで LEGO Microgame 向けに、下記の 4 つの「Unlockables(実績解除によって獲得可能)」と名付けたものを含む 9 つの無料アドオンを提供しています。このアドオンには、面白いテーマや、ゲームを盛り上げるためにアセットストアからダウンロードできる様々な追加要素が用意されています。

Unlockable アドオン

  • Knight’s Kingdom – 自分のゲームを共有することで獲得可能
  • Space Cadet – 自分のゲームをアップデートすることで獲得可能
  • Danger Zone – 11 月 19 日に開催されるゲームジャムに参加することで獲得可能(詳細は次の段落を参照)
  • Island Adventure – Showcase に入ることで獲得可能(詳細は次の段落を参照)

LEGO Microgame アドオンの一部(Unity アセットストアで入手可能)

Unity Hub で LEGO Microgame を起動する方法

ゲームを披露して、Unity と LEGO のデザインの専門家からヒントをもらおう

目の前のものをいじったり実験したりするのが好きな方にも、より体系的な学習体験が好きな方にも、私たちはエキサイティングな機会を用意しています。例えば、「Unity x LEGO」ライブラーニングシリーズ、ゲームジャム、および Showcase では、Microgame を開発している Unity と LEGO のデザインの専門家と直接やりとりすることができます。皆さんのスタイルに適したものを選んで、ぜひご参加ください。オンラインでお会いできる日を楽しみにしています。

Unity x LEGO ライブラーニングシリーズ

  • 内容:LEGO Microgame を使って、カスタマイズや反復して修正を加える方法を楽しみながら考えていただく体験をしていただきます。
  • 目的:Unity と LEGO デザインの専門家が各セッションを主催します。質疑応答の時間や、皆さんが自分のゲームについてフィードバックを得る機会があります。
  • 日時:11 月 9 日(月)から毎週、全 4 回、各回 1 時間のライブセッションを太平洋時間午前 9 時(東部標準時午後 12 時、中央ヨーロッパ標準時午後 6 時、日本時間翌午前 2 時(26 時))に行います。最終セッションは 11 月 30 日(月)(日本時間 12 月 1 日(火))です。セッションは録画されます。
  • 参加方法:登録ページからご登録ください。

Unity x LEGO ゲームジャム

  • 内容:皆さんがその時作れる作品を取り上げ、LEGO Microgameを使ってはじめて作った作品共有することを奨励する、インタラクティブで楽しいライブストリームです。
  • 目的:Unity と LEGO デザインの専門家が各セッションの司会を担当します。皆さんご自身のゲームに使える新しいアイデアを生み出すような、クールな障害物競走ゲームを一緒に作りましょう。
  • 日時:太平洋時間 11 月 19 日(木)午前 10 時(東部標準時午後 1 時、中央ヨーロッパ標準時午後 7 時、日本時間翌午前 3 時(27 時))。イベントの時間は 2~2.5 時間を予定しています。
  • 参加方法:TwitterFacebookInstagramYouTube でフォローして、参加の詳細をチェックしてください。

LEGO Microgame Showcase

  • 内容:ユーザーの皆さんに LEGO Microgame を使った作品を投稿していただくイベントです。優れた作品は Unity が新しく始める「LET’S PLAY!」ライブストリームで紹介させていただくこともあります。
  • 目的:優れた作品を投稿することでただ注目を集められるだけでなく、自分の経歴書に載せられるデジタルバッジを獲得することができます。また、Showcase の最終選考に残ったゲームを私たちも遊ばせていただき、その数日後に UnityTech(Twitch チャンネル)でのライブストリームで最優秀作品を表彰します。
  • 日時:第 1 回の Showcase は 11 月 19 日から始まり、エントリーは 12 月 16 日まで受け付けています。次回以降の LEGO Microgame を使った Showcase については、後日発表されます。
  • 参加方法:まず Unity Play にアクセスしてください。このサイトでは LEGO Microgame を使ったもの以外の Showcase も展開されています。このサイトで、LEGO Microgame を使った作品を共有してください。このプラットフォームで共有を行うには Unity ID が必要です。

LEGO Microgame を使って制作を始めよう

  • 初めての方:ノートパソコンやデスクトップ PC を使って LEGO Microgame の専用ページにアクセスして、ページ上部の「Get Started」をクリックしてください。
  • 現在の Unity をお使いの方:Unity 2019.4 LTS がインストール済みであることを確認 → Unity Hub(v2.4.2 以降)を開く → 「使い方を学ぶ」タブを選択 → LEGO Microgame を選ぶ

45 replies on “Unity の新しい LEGO Microgame でバーチャル LEGO® ブロックを使ったゲームを作ろう”

This is great for really new beginner to learn. But so sad this asset cannot help some beginner as personal, not professional, not company, to gain money in this pandemic situation. Just an input for Lego company as CSR part :).

What about videos on Youtube? Am I allowed to record gameplay from my mod and publish the video on a monetized channel on Youtube, where I earn money from ads?

Hey there! The “warning” shown on the prefab explains that you need to open the prefab instance to do import changes to the imported model (like optimising the model, reimport, calculate new pivot, etc.). This is, however, intended for advance users and the basic process of importing a model (from the mod) should be good in most cases.

Does the T&C mean that I also can’t commercialize a separate project that uses “lego-like” bricks from a 3rd Party (like ditzel, which existed before the Lego microgame)?

Hello Bill! As long as you’re not directly copying LEGO, any LEGO products, or using the name LEGO, you should be okay.

I teach technology programs with students from ages 6, and up and would like to know if students download their own software and create their own games, can someone teach using this software for a fee on how to use this. This would be something like someone taking a class using Microsoft Word, EXCEL, etc. I respect the use of IP and had worked in this field for years before moving into teaching.

Does streaming oneself playing around with these assets on a site like Twitch or Youtube, where monetization options are enabled like paid subscriptions count as “commercial use” of these assets, or does that only mean “you can’t sell the games, and you d*** sure can’t sell the assets!”

This is great.

Is there a tutorial or example on how to work with basic bricks? If I’m going to build my own game it will start with a new environment. I figured out that I can import the Standard bricks collection and then work with those bricks and duplicate them when needed. But they remain in that collection, they do not show up as separate GameObjects in Unity. And the other bricks from the collection must be deleted explicitly when I don’t need them.

I also tried creating an empty GameObject and then adding the Lego Asset component and Brick component, but then the GameObject disappeared from the Hierarchy.

So that I am sure I understand correctly then, we ARE allowed to publish what we make, as long as we use no third party IPs and as long as we do not make money?

I think there needs to be a platform for content creators to make money from this. Its great to see something for learners, but this could be a much larger thing if experienced creators were able to invest and monetize. Imagine an endless Lego world, that consists of only the worlds the user has purchased. A mega game that is full of micro-games.

Hello, so I can use LEGO bricks or lego character on my game. Also this for commericial use? Just I want use lego bricks..

If you take a look through the already existing comments you will see that you cannot use it for commercial use. You have to agree to specific TOS for this.

Hey there Rich! So there is no AI brick as such, however you can combine different behavior bricks (actions and triggers) to build simple enemy behaviors. We’re looking forward to seeing how inventive our creators can get with that!

This is what I found

Show off your new skills! Once you’ve added personal touches to your LEGO Microgame and tested the action, share it with friends and family. In just a few steps, you can upload a playable browser-based version of your game available for anyone to join in the fun.

Hey Brandon! These assets they cannot. In order to create a LEGO Microgame, users will have to agree to the terms specifying their games cannot be used for financial gain or monetary (commercial) purposes. The aim of the LEGO Microgame is to inspire digital creativity and share those creations with others.

Hi everyone! I am a young adult student from Brazil with a dream. One day, I may work with The LEGO team on the next games to come. I may bring joy and good memories to people like you did to me. And this project is the best thing that could ever happen. Thanks Unity and LEGO, for letting my imagination be one step closer to become a reality. Hope I see you around 😉

I worked @LEGO 25 years ago @SPU-Darwin we had dreams about such a thing to be released one day. And here we are. Dream come true! But we never ever would have gone with squashing and stretching LEGO figures. Call it puritan, I call it style. Real creativity comes form constraints!! So yeah, there’s still some space for a real LEGO product!

Hello Greg! So, to start creating a LEGO Microgame, you will have to agree to the terms specifying their games cannot be used for financial gain or monetary (commercial) purposes. This is when you launch the product from the Unity Hub.

Are we able to use any licensed LEGO properties when modding or using this? Example: As a 3D artist am I allowed to say make a LEGO stormtrooper helmet for characters from the LEGO Star Wars series?

Hey David! While you ARE able to do this, you wouldn’t be able to upload them anywhere. The Terms & Conditions state that you must own or have the license for any 3rd party IPs for use in your Microgame.

No. In order to create a LEGO Microgame, creators have to agree to the terms specifying their games cannot be used for financial gain or monetary (commercial) purposes. It’s aim is to help news users learn to create, and publish their creations with friends & family.

The LEGO Microgame, nor its assets, can be used for financial gain or commercial purposes. When creators launch it from the Unity Hub, they will be required to agree to these terms.

The purpose of the LEGO Microgame is to help new creators, inspire them, and encourage them to share those creations.

That’s sad and it means that this sample is almost useless in all cases other than learning. Well, tbh, I’d rather learn and be able to reuse created stuff in commercial projects.

Is it possible to publish those games on Itch or other platforms? Am I allowed to modify the colors of the Minifigures?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です