Search Unity

Game Growth プログラムがゲームの成長を加速させる方法

, 12月 18, 2020

Unity の Game Growth プログラムは、独立系デベロッパーが自分たちのゲームにとって適したプレイヤーを見つけ出す上で役立つように設計されています。この記事では、データサイエンス、機械学習、自動化を利用した、Unity のユーザー獲得に関する業界トップクラスのアプローチについてご紹介いたします。

皆さんのモバイルゲームが完成しました。さて、次はどうしましょう。皆さんのモバイルゲームの可能性を最大限引き出すには、どうすればよいのでしょうか。

ゲームを成功させるためには、ローンチ後に適切なプレイヤーを獲得することが重要ですが、適切な専門知識がなければそれは困難なことであり、また適切な資金提供を受けられなければ、必要なお金を集めることも難しいということになってしまうでしょう。

私たちは、独立系クリエイターすべてに、ゲームを成功させ、適切なプレイヤーにリーチするチャンスがあるべきだと考えています。そしてそれは、スタジオの所有権、クリエイティブなビジョン、プレイヤー体験を損なわない形で与えられるべきものです。Game Growth プログラムでは、選抜された独立系デベロッパーを対象として、ユーザー獲得のための最高クラスの資金援助と、世界最高峰のモバイルスタジオに所属する業界の専門家からの助力を得られるようにします。

このブログ記事では、Game Growth プログラムのパートナーとゲームの成長を加速させるために協力する方法や、力強くかつ持続可能なプレイヤーベースの構築を支援する方法をご紹介します。正式なパートナーシップを締結できるデベロッパーの数には限りを設けさせていただいておりますが、ぜひ皆さんのゲームをもってプログラムへの申請を行ってみてください。

成功への道筋を描く

ユーザー獲得を始める前に、新規プレイヤーが皆さんのゲームをインストールしたときに素晴らしい体験をしてもらえるようにする必要があります。Game Growth のパートナーになっていただいた場合は、将来の生涯価値(LTV)が高く、ユーザー獲得(UA)の取り組みが成功するように、重要な要素を最適化することから始めます。

収益化の改善:Unity のゲーム専門家グループは、アプリ内課金(IAP)の最適化、広告のプレイスメント、経済バランスなどを皆さんと一緒に改善していきます。また、ゲームプレイのバランスや主要な機能の改善もお手伝いします。これは現在のプレイヤーの主要な体験を向上させるとともに、将来の新規プレイヤーの維持にも役立ちます。

アプリストア最適化(ASO):印象的なアプリストアページの作成は UA を成功させるために不可欠な下準備です。競合他社とのベンチマークを行いながら、キーワードやクリエイティブアセットなど、ランキングに関わるパーツを最適化するお手伝いをします。有料 UA の他にも、全体的な発見されやすさや、オーガニックでのダウンロード回数の向上につながります。

Unity のチームは、コンバージョン率を向上させるために、ゲームアイコンからストアの説明文まで、すべてを最適化します。基本的な機能を実装した後は、定期的に A/B テストを実施し、オーガニックなトラフィックと有料トラフィックの両方から最高の結果が得られるようにします。

 

皆さんのユーザー獲得戦略を設計する

皆さんのゲームの最適化が済んだら、Unity の UA マネージャーが皆さんのゲームに合わせて、最高クラスのキャンペーンを構築します。プラットフォームにとらわれないアプローチにより、より多くのプレイヤーをゲームに引き込み、アトリビューションのための初期費用、管理費、手数料を削減して、独立系デベロッパーのパートナーのために UA を最適化します。

チャンネルと購買モデルの特定:すべては適切なチャンネルと購買モデルから始まります。皆さんのゲームをレビューし、重要なメトリクス、ゲームのタイプ/ジャンル、収益化モデルなどの要因に基づいて、どのチャンネルが UA に最も効果的かを決定します。Unity のチームは、Unity の広告プラットフォームだけでなく、Facebook や Google UAC などの業界標準のチャンネルも含めて、選択肢を検討します。

収益の予測と最大化:新規ユーザー獲得のためのキャンペーンを開始し、機械学習とデータサイエンスを駆使して獲得したユーザーの LTV を予測します。これにより、純利益を最大化する効果的な UA キャンペーンを作成し、実施することができます。

具体的には、広告費の回収率(ROAS)とインストール数を最大化することを目標としています。私たちは、獲得したユーザーの LTV をできるだけ早く推定し、UA ネットワークが私たちの入札と予算の最適化にどのように反応するかを予測することから始めます。この予測の正確性が高まるほど、ユーザー獲得の効果は高まります。

広告クリエイティブのデザイン:動画広告やプレイアブル広告などの素晴らしい広告アセットのデザインと制作は、成功を収めるため、それに早期にテストを行うための重要な要素です。私たちは、少なくとも 10 の明確に異なるコンセプトを出し、100 種類のバリエーション(動画編集、サイズ、長さなどを変えたもの)を作り、そこからスタートします。これらはチャンネルごとに最適化されており、今後の UA キャンペーンで使用されます。

適切なクリエイティブは、新しいプレイヤーを呼び込むためのコストを下げる大きな要因となります。私たちは、マーケティングの専門家とデータの専門知識を組み合わせて、クリエイティブを最適化し、ROAS の最大化を実現します。

皆さんのゲームの成長を加速させる

今こそアクセルを踏み込んで、皆さんのゲームに新しいプレイヤーを引き入れるときです。私たちの目標は、価値の高いプレイヤー、つまり皆さんのゲーム(とスタジオ)に長い間ついてきてくれるファンをできるだけ多く引き入れることです。

生涯価値の向上:より多くの UA キャンペーンを実施するようになってきている中でも、Unity のチームは LTV を改善するために継続的に取り組んでいきます。私たちは皆さんと直接協力して、重要なチャンネル、ロケール、オーディエンスを特定し、最も効果的なものに注力していきます。

K ファクターの最適化:課金ユーザーの獲得に重点を置きつつ、Unity は皆さんと協力して、キャンペーンと並行してオーガニックなトラフィックを増加させるための取り組みも行います。Unity のチームは、アプリストアの最適化やソーシャル共有機能の改善などの戦術を用いて、新たに獲得したユーザーがオーガニックなプレイヤーも引き込んでくれるように仕掛けます。

主要なゲームの要素の改善:核となるゲームを最適化することの重要性は、いくら強調しても強調しすぎるということはありません。UA キャンペーンと並行して、ゲーム内の核となるユーザーループ、ユーザーインターフェース(UI)、メニュー、システムを継続的に改善していきます。これは、既存のプレイヤーの体験を向上させ、新規のユーザーを確実に定着させるために非常に重要なことです。

テストして、洗練して、さらにテスト:優れたユーザー獲得は、いずれも継続的なプロセスとなっています。Unity の UA の専門家チームは、定期的にキャンペーンの効果をテストし、ROAS を向上させるための新しい方法を開拓します。

 


 

ベテランの独立系デベロッパーでも、新規参入のデベロッパーでも、Game Growth プログラムを利用することで、ゲームを 1 つ上の段階に引き上げるための専門知識を得ることができます。iOS または Android 向けの基本プレイ無料のゲームを運営されているデベロッパーなら、どなたでも Game Growth プログラムへの申請を行うことができます。Game Growth プログラムの詳細はこちらのウェブサイトでご確認ください。

12 replies on “Game Growth プログラムがゲームの成長を加速させる方法”

I have never seen a company as out of touch with its consumers as Unity. All these gimmicks about “accelerating” your growth with are precisely what the entire Unity community is completely and utterly sick of hearing about.

You are literally driving users away with this stuff. People are looking everywhere for reasons to move away from Unity and use alternatives instead. It feels downright insulting that you keep posting this useless corporate garbage every single week.

So, does the Game Growth program only helps with new user acquisition funding? Let say I have an online mobile game that is currently self hosted on a small Linode VPS, does the team also help out in scaling the backend?

Your idea or hard work is nothing if you can’t reach the people with it.
Marketing usually happens randomly but people need to think about it.

“We believe that every indie creator should have the chance to make their game successful and reach the right players…” so “…we give select indie developers access to best-in-class user acquisition funding and industry experts from some of the top mobile studios in the world.”

What a wonderful contradiction in that single paragraph.

This is not a great sell. I get that lots of people that work for you used to work on games, but no-one at unity actually makes commercially successful games anymore since coming to work for you – thats sort of the problem. Making small games in their spare time is not the same as trying to actually make good profits using the core engine.

You guys need to start dogfooding your engine, form a damn internal 8 man micro team finally and start making something with all the shackles you get when you try to make a game for profit. Cut them off from all the extra BS that the demo teams get (like custom stuff that is not accessible to anyone else or the safety net of having months to deliver a 10 minute experience) and force them to make a profit with the core engine like the rest of us have to do. Pay them regular industry rates, and hold yourselves accountable to make that team with regular funding make a profitable game.

Until then, what nonsense is this? I dont think involving Unity in ones actual commercial game development as closely as this is going to work – and its a hard sell because of the above stated reasons. Yes, you have lots of potentially useful data you have collected over the years, but no I dont think anyone is falling for you knowing how to actually use it in any way that will benefit real game developers who have to live in the real world and have actually had experience doing so in recent times as opposed to once in the past.

This to me reads as you have not been able to work out how to make money yet, so here is another stab in the dark at that in an attempt to figure it out. Anyones best guess as to how long this stays around, like most of the unity stuff coming out at the speed of light and then being abandoned or half baked, or superseeded by a soon to be released replacement service/feature.

accelerate your development:

Step 1: add a lot of features that you will finish in a decade
Step 2: witch every update make those tools even worst
Step 3: publish meaningless PR stuff on blogs

Did i sum it all up?!

Some features are theoretically almost finished and they are so buggy that Fallout 75 or Cyberpunk 2077 look very polished!

Drop the PR bs and finish what you’ve started years ago!

I have never seen a company as out of touch with its consumers as Unity. All these gimmicks about “accelerating” your growth with are precisely what the entire Unity community is completely and utterly sick of hearing about.

You are literally driving users away with this stuff. People are looking everywhere for reasons to move away from Unity and use alternatives instead. It feels downright insulting that you keep posting this useless corporate garbage every single week.

We need the Unity blog to be all about developers talking to developers; not marketing people talking to corporate stooges.

Thank you for speaking up for the “entire Unity community” and good luck with your launch. Your strategy of not needing stupid marketing rubbish because the reddit post about your PC-based RPG will go viral is rock solid.

Ironically, your attempts at sarcasm prove the OP’s points. And then some.

And this blog post, read with only a mere modicum of criticality, reveals unity inept at marketing, and completely lacking awareness of even superficial insight into the game promotion industry, something even sarcastic developers are more skilled at assessing and informing others about.

Which brings us full circle. Nobody at unity makes games. Leading to enormously irritating workflow issues, which is exactly what’s driving users in search of other options, because every unity user is aware that the failure to make games is causing the decay in performance and usability.

Now unity seeks users willing to believe that a company that doesn’t make games might know how to promote games… a bridge too far, so obviously, that even you might sense some of the issues with these attempts to milk unity users.

Worse, it’s just tacky. Further reinforcing what much of recent add ons to unity feel like.

Comments are closed.