Search Unity

リアルタイム入門コースのご紹介:Unity でのエンドツーエンドのアニメーションプロセスを探る

, 3月 26, 2021

もし、タヌキとウシガエルとウサギ、それにクマを 1 つの Unity シーンに収めるとなったら、一体何が起きるでしょうか。

リアルタイムアニメーションの知識が少しでもあれば、やりたいことが一通りできるようになるのになあ…と思ったことはないでしょうか。

その知識を身に付けるチャンスがやってきました。アニメーションに関心のある方は、新しいウェビナーシリーズ「Road to Real-Time」にぜひご参加ください。このシリーズでは、莫大な時間と費用をかけず、また過去に身に付けた CG スキルや既存のパイプラインも活用しつつ、見栄えのするリアルタイムアニメーションを作成することができることをお伝えします。

隔週で行われる各セッションでは、Dreamworks Animation、Sony Pictures Imageworks、Disney Feature Animation、MPC、Industrial Light and Magic などのスタジオで経験を積んだアニメーションのプロ、Ben Radcliffe 氏が、リアルタイムの力を使ってアニメーションのストーリーを伝えるためのプロセスを詳細に説明します。

プレビズから完成版画像の出力まで、アニメーションストーリーテリングのすべてのプロセスに深く入り込み、さらにはXRのような新しいメディアフォーマットにストーリーを展開する方法についても触れていきます。

ステップバイステップ方式でストーリーテリングを学ぶ

このシリーズの初回セッションは 4 月 6 日に行われます。初回のセッションでは、Unity を使ってストーリーのプレビジュアライゼーションを行い、迅速にイテレーションを回せるワークフローでショットやアクションの輪郭を描いていく方法を紹介します。

しかし、プレビズはほんの始まりに過ぎません。「Road to Real-Time」では、以下のようにアニメーションに関連するテーマを網羅したセッションを開催していきます。

  • プレビジュアライゼーション
  • アニメーションのストーリーテリングのためのタイムライン
  • 環境
  • ワールド構築詳説
  • ルックデブ
  • アニメーションのストーリーテリングのためのシェーダーグラフ
  • アニメーション
  • アニメーションのストーリーテリングのためのアニメーションリギング
  • レイアウト
  • アニメーションのストーリーテリングのための Cinemachine
  • ライティング
  • アニメーションのストーリーテリングのための HDRP
  • エフェクト
  • アニメーションのストーリーテリングのための Visual Effect Graph
  • ポストプロセッシング
  • アニメーションのストーリーテリングのためのカラーグレーディング
  • オーディオ
  • アニメーションのストーリーテリングのための空間オーディオ

枠を外して考える

さらに、「Real-Time Rascals」のアセットをダウンロードして、各セッションで紹介されているものと同じものを自分で作ってみることができます。伝統的なアニメーションパイプラインで作られたキャラクター、環境、およびアニメーションを、Unity で再現することができます。

このプロジェクトは、カスタム開発され、高度に専門化された内製ソフトウェアは対象外とし、カスタマイズされたパイプラインや Unity のツールに頼ることなく、基本的な機能だけを使った、本当に「すぐに使える」ものとしました。さらに、コンテンツは Unity に搭載された構築済みの HDRP を使ってレンダリングされ、一般に公開されている標準的な Unity ソフトウェア上で動作します。

このシリーズを通して、Unity にはプログラマー向けの強力なツールが備えられている一方で、プログラマーでなくてもリアルタイムのストーリーテリング能力を活用できる仕組みがあることを紹介します。

今すぐご登録を

「Road to Real-Time」で、皆さんのストーリーに命を吹き込む方法を一緒に学びましょう。ご登録はこの月曜日の午前 10 時(太平洋時間、日本時間 3 月 30 日午前 2 時(29 日 26 時))から受け付けを開始します。

 

今すぐ登録する

 

32 replies on “リアルタイム入門コースのご紹介:Unity でのエンドツーエンドのアニメーションプロセスを探る”

Hey Ben,

Thanks so much for putting all of this content together. Not only are the live sessions great but to be able to also pick up all the course content to learn from and experiment with is fantastic.

J

This looks fantastic and super easy to digest. Other offerings out there may be hyper functional but they can also be overly complex with too many options to try to wade through up front. So many people are looking to get a leg up on creating realtime content creation and this will be a great place to start!

This is the kind of content I am waiting for to dive into the real time storytelling, and learn Unity to explore its multiple platform compatibilities.

This is EXACTLY the type of tutorial I have been looking for to create cutscenes for in-game cinematics…as well as for personal non-game related projects. Thanks for posting this, Unity!

Very nice.
Always dreamed of making my own film after seeing Gnomeo and Juliet the first time.
I hope this series makes it possible.

Nice,
I always was hoping for an end to end learning path to realtime animation.
Can’t believe i finally found what I need to be an independent filmmaker.
Thank you Unity

One of the best things to come out from unity in a while, certainly will be joining all the sessions! I hope more webinars courses like this are to come!

Its GREAT that it uses normal unity instead of a customized pipeline like previous tech demos. Really looking forward to diving in!

This looks really great and the content is fun for the kids. The toolset has come a long way and looks much more user friendly. Wish I could do all this real-time stuff at !

What a fantastic and thorough course for a robust and exciting toolset. Now I just need to work out how I can persuade my superiors to implement it into our workflows.

Also I can run it in my browser on my phone?! Amazing, truly living in the future

Wow never knew unity have such a flexible pipeline, this is gonna be BIG, wish we could see this work-flow with more realistic characters too!

so much fun. just downloaded playing with this now. like a cool little cartoon sandbox. thank you for making this!

Sooooo CUTEE. I love the animal designs. I am definitely going to use these models. Please make more Unity

I downloaded the assets last night! They are great. Can’t wait to join some of these webinars. I have been telling my boss we need to make the switch to real-time before its too late! hopefully this will help convince him. thanks!

This is definitely the future of animation!!! I have been playing with UE4 but this exactly what I needed. I can’t wait to make my own short with these cute characters.

Hi Ben. I registered for these sessions but wasn’t able to make the first one live this week. Will it be available to view on-demand before the next live session?

I love this!!! Finally, a series made for us in the animation industry! kudos to you Unity. Good on you!

One of my fav assets made in ages , helping make real-time film making accessible to the masses, this is the future and assets like this are helping to build it. BIG UP

This reeks of using animation as a pretext to avoid discussing the real-time problems of using Shader Graph, VFX Graph, HDRP and post processing by focusing on cutscenes.

I can see a lot of potential for this leading to some dramatically improved in-engine cinematic tools, which I think would be excellent. That could be an edge that Unity has dipped its toes into with Cinemachine but could be expanded on greatly to become a serious consideration for people making games with heavily authored content.

Great resource, indeed!

Sessions like this actually help developers like us to know and understand the industry-standard methods while giving ourselves an opportunity to expand our workflow to use Unity Realtime in the production. Surely, this would polish up the current skills and will help us ahead to make our game visuals even more appealing. Great work team!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です