Search Unity

米国テキサス州オースティンにて、Unite Austin 2017が始まりました!アーティスト、デベロッパー、教育関係者、映像制作者、研究者、ストーリーテラーなど様々な方がそれぞれインスピレーションを得たり学びを得る場として参加されています。Uniteでは、ハンズオンセッションや、テクニカルセッション、Made With Unityショーケース、新機能のプレビューなどを通じて、最新の技術情報を提供しています。

過去12ヶ月の間、ユーザーの皆様のたゆまぬ創作活動により、これまでUnityを使って制作されたゲームは20億回以上もインストールされています。

Unite Austinでは、10月後半にリリース予定のUnity 2017.2をご紹介しています。2DやXRの機能改善、ワークフローの大幅な改善などUnity 2017.2にてリリースされる予定です。基調講演では、最新の2Dソリューションをご紹介し、オートデスクとの協業発表や、ARに特化した機能強化、そして将来Unityに実装されるテクノロジーなどをご紹介しました。

基調講演では、映画「第9地区」で知られるニール・ブロムカンプ監督とOATS StudiosによりUnityを使用して制作された新作映像作品 「ADAM: The Mirror」 が初公開されました。

基調講演の動画はこちらからご覧頂けます:

ADAM: The Mirror

2016年、最初のショートフィルム「ADAM」は、リアルタイムレンダリングデモとしてUnityの革新的なテクノロジーを示すものとして制作されました。基調講演で初公開された「ADAM: The Mirror」「ADAM」の最後のシーンの流れを引き継いでいます。アカデミー賞にノミネートされた映画監督、 ニール・ブロムカンプ監督と彼が率いるOATS Studiosのチームにより制作されたこの作品は、Unityでフォトリアリスティックで没入できる世界を創造できることを示しました。基調講演では、ニール・ブロムカンプ監督と彼のチームがどのようにしてグラフィックスとテクニックを使い、リアルタイムレンダリングを利用してこの素晴らしい作品を制作したかが語られています。「ADAM: The Mirror」はUnityのCG描写技術やカスタムレンダーテクスチャー機能、フォトグラメトリーテクニック、顔面や衣装の動きはAlembicストリームのアニメーション、そしてUnityのTimeline機能が使われています。

Unity 2017.2

2D制作ツールとワークフロー

Unity 2017.2 では2Dツールのセットを提供し、それには新しいタイルマップツールが含まれます。これによりイテレーションのサイクルを短くし制作時間を短縮することができます。
さらに2DにてCinemachineを使用することができ、正投影など2D特有の新機能が追加されました。これによりコードを書く代わりにカメラを作成するのに時間を費やすことができます。

2DツールとCinemachineによりUnityでのレベルデザインを素早く簡単に行うことができ、アーティストとデザイナーはクリエイティブなアイディアを追求することができます。

Autodesk製品とFBXフォーマットのサポートを強化

基調講演では、オートデスクとの協業を発表しました。UnityがAutodesk FBX SDKのソースコードへのアクセスを得ることで、UnityとAutodesk Maya及びAutodesk 3ds Maxを使用するアーティストのワークフローが改善され、ツール間のアセットの共有とゲームシーン内でのイテレーションを改善します。これにより、使い慣れたツールからUnityへコンテンツをより早く取り込めるようになります。

UnityとMayaを使った作業がスムーズに行える様子を動画でご覧ください:

プロトタイピングをクリエイティブに:Unityアセットストア、ポストプロセッシングスタック、TimelineとCinemachineによりアーティストの才能を発揮できます

基調講演にてNeonをお見せしました。Neonは、クリエイティブ・ディレクターのヴェセリン・エフレーモフにより週末の数日を費やして制作されたプロジェクトです。このプロジェクトで使われているすべてのアセットやツールは、Unityアセットストアから得られるものばかりです。
Unityアセットストアでは、制作時間を短縮し制作コストを軽減できるアセットやツールを見つけることができます。また、アートやモデル、スクリプトやサウンドエフェクト、エディター拡張なども利用でき、全てが開発作業を簡単にし時間を短縮するのに役立てることができます。

Neonプロジェクトと制作プロセスについてはこちらをご覧ください。

Unityアワード2017


Unityアワード2017の受賞者の皆様、おめでとうございます!受賞作品およびノミネート作品のリストは こちらからご覧頂けます。

今後の新機能

パフォーマンスの改善

ステージ上では、CTOのヨアキム・アンテが Nordeus ( Top Elevenを制作したスタジオ)により制作されたデモをお見せしました。

Nordeus による次期タイトルSpellsouls “Duel of Legends”を使用して、C#ジョブシステム、エンティティコンポーネントシステム、そして新しいコンパイラー技術を使ったデモをお見せしました。これらの新機能は将来的にUnityにて利用可能になる予定です。

ヨアキムはUnityで開発中のハイパフォーマンスマルチスレッドシステムを説明しながらマルチコアプロセッサのパワーを難しいプログラミングに時間や労力を費やすことなく利用できることをお見せしました。

C#ジョブシステムのテクニカルプレビュー版をお試しされたい場合は、こちらからサインアップしてご利用いただけます。 www.unity3d.com/jobsystem

14 コメント

コメントの配信登録

コメント受付を終了しました。

  1. Nick Collinds

    10月 8, 2017 9:43 pm

    Will this release include the support for VR development on the Mac? Now that we have High Sierra with native support for external GPUs, making the excuses from Oculus and company moot at best, I’ve played with the beta for it but would like to see it make it to a final release sooner rather than later.

  2. Will the Transform/Job/Compiler system also open the door to larger worlds via origin shifting?

  3. Where can I find more details about the new Entity Component system?

  4. Jacob Smaga

    10月 4, 2017 7:03 pm

    No info about Scriptable Render Pipeline?

  5. You guys did an amazing job with that Job System demo. This focus on actual high-end games has been missing from the Unity ecosystem for way too long! But now the results are incredible

  6. Anthony Rosenbaum

    10月 4, 2017 4:28 pm

    Um the Unity site may say “2017.2 Deliver awesome. Now.” But the download is still Unity version 2017.1.1, released 4 September 2017

    1. Stefan Schubert

      10月 5, 2017 1:59 pm

      It will deliver awesome very soon. Sorry for the delay.

    2. See https://unity3d.com/unity/beta for downloading the latest beta version.

  7. Signed up. I have a big plan with the the job system!

  8. Ippokratis Bournellis

    10月 4, 2017 9:04 am

    Great presentation, congrats.
    Is there some ETA regarding the new FBX pipeline between Unity and Maya ?
    2018.1 or earlier ?

    1. Stefan Schubert

      10月 5, 2017 1:58 pm

      It is planned for 2017.2, so very soon.

  9. Is it also planned to open the FBX API for using it in Editor Extensions?

  10. The C# job system and CineMachine tools look awesome. Can’t wait to try them out. Also, the improved asset workflow looks helpful as well. Keep up the good work!