Search Unity

Unity Student プランのご紹介 ― プロさながらの制作体験をはじめよう

, 2月 25, 2020

様々な業界で AR/VR やゲーム、その他インタラクティブ体験の制作に使用されているプロフェッショナルなツールやワークフローにアクセスし、プロの制作を学ぼう

Unity Student プランがついに公開されました。学生の皆さんは、ゲーム・建築・エンジニアリング・自動車・エンターテインメントなど様々な業界でプロが使用しているツールやワークフローを、無料で使用することができます。

 

Unity Student プランにサインアップ

 

今日、リアルタイム 3D 開発スキルの需要が世界中で急速に増加しています。実際に、最も急速に成長しているエンジニアリング職の上位 2 つは、ゲーム関連と AR/VR 関連です。学生の皆さんにとっては、AR/VR やゲーム開発を学習することが非常に有益と言えるでしょう。

最近の Hired のレポートによれば、2019 年のゲーム開発者の需要の伸び率は 146%、AR/VR 開発者の需要の伸び率は 1400% となっています。これは、世界構築、3D モデリング、ビジュアライゼーションの使用が普及しつつある様々な業界で、AR/VR の導入がさらに促進されていることを反映しています。

私達は、すでに Unity プロジェクトを公開したことがある方にも、創作性やキャリアの可能性を探るために興味を持ち初めたばかりの方にも、スキル上達のための強力な武器となる無料の学習リソースを提供しています。このリソースに今回新しく加わったのが Unity Student プランです。

Unity Technologies の役員で Global Head of Education である Jessica Lindl は「経済の動き方が変遷している今、これから求人市場に入る人々にとって、リアルタイム 3D のスキルは必要不可欠なものになりつつあります」と述べます。「求められる技術的なスキルの習得をサポートし、学生の力になることが非常に重要です。Unity Student プランは、学生が技術を磨いて、仕事をする上で優位に立てる戦力を身に着けるための、理想的なリソースです。」

プロフェッショナルなツールとワークフローへのアクセスを手に入れよう

最近行ったアンケートでは、大部分の学生ユーザーは単なる趣味としてではなくキャリアのために Unity を学んでいることが分かりました。また、学校で Unity を学んでいる場合は、主にグループプロジェクトの形式が採られていることも分かりました。グループプロジェクトにはコラボレーションが不可欠ですが、これに多くの時間が掛かってしまうことが往々にしてあります。

そこで私達は、Unity Student プランによって、クラウドベースの Collaboration などのプロフェッショナルなツールやリソースを学生に提供し、実際に業界で多くのチームに活用されているワークフローを学生が使用できるようにしました。

クラウドベースのコラボレーション

最大 5 人のチームメイトによるグループプロジェクトが行えます。バージョン管理、教師との制作物の共有、自宅と学校のコンピューターをシームレスに切り替えながらの作業などが可能です。

Cloud Build

複雑なプロジェクトにおけるビルドとイテレーションのサイクルを、最小限のハードウェアでスピードアップさせます。加えた変更の影響を素早く確認し、より効率的に学ぶことができます。

Learn Premium

教室での学習の補助として、特に興味のある事柄をより深く掘り下げるために活用できます。業界に特化したオンデマンドのリソースに無制限にアクセスし、問題を自分で解決することを学べます。リソースには例えば「Introduction to XR: VR, AR, and MR Foundations」コースなども含まれます。

XR の基礎を学習し、スマートフォン向けの簡単な XR アプリケーションを構築し、自作の XR アプリケーションのプロダクト概要を作成して第三者から評価を受けることができます。

Student Asset Pack
Snaps Prototype パックを無料で使用して、ゲームプロジェクトの試作とイテレーションを素早く行うことができます。初心者でも、ProBuilder と Snaps を使って、追加的な 3D モデリングツールを使用せずに 3D 世界を作成できます。これに含まれるアセットは、ProGrids によって簡単にスナップ可能です。

ダーク UI テーマ

目に優しい、暗い色の UI 環境でゲームやプロジェクトの開発を行えます。長時間の作業、時間に追われた深夜にまで及ぶ作業、ゲームジャムなどにうってつけです。

GitHub Student Developer Pack

Unity Student プランは、Unity と同じように学生クリエイターの応援に力を注いでいる GitHub との提携によって実現されています。このため、皆さんが Unity Student プランにサインアップし、学生ステータスが GitHub によって承認されると、GitHub Student Developer Pack へのアクセスも自動的に提供されます。これにより、100 以上のパートナーの提供する最高のデベロッパーツールが使用可能になります(この数は現在も増え続けています)。

さあ、使ってみましょう!

Unity Student プランは、基準を満たした教育機関に在学中の 18 歳以上の学生(日本在住の場合)の皆さんにご利用いただけます。自宅でも、どこでも利用することができます。

教育者の皆様は、ぜひこのリソースを学生の皆さんにご紹介ください。教室での Unity の使用をお考えの方は、Unity Education Grant Licenseのページをご覧ください。

 

いますぐサインアップ

 

  • Unity ID と GitHub ID をまだお持ちでない方は、サインアップ時にリクエストに従ってこれらを作成してください。
  • GitHub Student Developer Pack へご登録ください。この際に、GitHub への 在学証明書の提出が必要です。在学ステータスの承認に掛かる時間の目安が GitHub から通知されます。
  • GitHub からの承認メールが届いたら Unity Student プランのページに戻ってサインインを行い、Unity Student プランをアクティベートしてください。

(注)すでに GitHub Student Developer Pack への参加登録がお済みの方は、Unity Student プランのページでサインインするだけで Unity Student プランのご利用を開始していただけます。

今後も、Student Plan を最大限に活用するためのヒントや、近日公開予定の学生向けコミュニティスペースに関してなど、関連ニュースをお届けしていきますので、どうぞお見逃しなく!

56 replies on “Unity Student プランのご紹介 ― プロさながらの制作体験をはじめよう”

for the unity pro serial key, i found it on the id.unity website i just had to select my organization and selected my own account (as i had a friend ‘cause school project). Yet i still can’t find the snaps asset code

Para los que no les llega su clave licencia, VAYAN A SU CORREO ELECTRÓNICO CON EL QUE ESTÁN REGISTRADOS EN UNITY.

Hola te queria preguntar como activo el Unity Student
Ya he descargado unity personal y ya tengo el GitHub Student Developer Pack
pero no me a llegado la clave de Unity student
Soy universitario

I would really know where this ‘objective fact’ comes from. Lowering brightness (and you can always do this, regardless of your surrounding) can provide temporary relief but thats all. A bright monitor can cause dry eyes but no eye strain.

Anyone else able to read between the lines? Unity just admitted it directly that the dark mode is “easy on the eyes” meaning they admit the gray is harder on the eyes. All those people complaining about the bright UI hurting their eyes and Unity just saying “Meh, we don’t care”… at least now they say “Unless you are a student or you pay us for the rest of your life, suffer through the pain. Enjoy the pain. Embrace the pain. Your pain is not our problem even though we are causing it. Want to not have pain in your eyeballs any more, well we want your money every month until the day you die… You know what to do”.

So I guess it’s nice of them to at least not torture students any more. Thanks

I was wondering. Is this student plan also usable within a company. For instance, students here need to work within a company on their school projects and do research. This to get used to working within a company as well as learning from professionals. However the amount of students differs from time to time and if we need Pro licenses, this could be a costly thing. So I was hoping that students would be able to use their plan within the company without Unity actually contacting the company about certain licenses being used and not happy about it. This happened when there were students using Unity Free for research and their projects, while there were pro licenses used for all other professionals within the company.

Hey there, Nathan. The Unity TOS is clear that (1) anyone using Unity on a company’s behalf should measure their “Tier Eligibility” based on the company’s eligibility, and not the user’s; and (2) users may not co-mingle content created with one tier (e.g., content created by an intern using the Student Plan) with another tier (e.g., content created by a FTE using Unity Pro). So, if the student in this scenario is using Unity in the course of their work for a company, then we should look to the company when assessing eligibility to use student plan, Unity Personal, Unity Plus or Unity Pro.

Hi, I was wondering if you could provide a link to these TOS. Basically I’m wondering what happens if a student uses the student account to create a product and sells that product, is the licence viable for commercial purposes? Also If collaborating in a team with others, if one of the members is not a student but everybody else was, how would this affect things?

The regular gray isn’t bad, it’s certainly better than white. But not having the dark mode available is kind of ridiculous IMO. I do all coding, browsing, and most of my word processing in dark mode and it’s a world of difference.
That said, Unity is quite generous with its product, and I am constantly surprised about what they’ve made available for free. So pretty please include dark mode for everyone…

There’s really no excuse not to provide all users with the dark UI. It’s just petty marketing at the expense of the users, and it makes your company look bad. Honestly is there even anyone who would actually pay a monthly subscription JUST for the dark UI (aside from people who are rich enough where they don’t care what they spend) or are you just hurting all your users who currently can’t afford or do not have any valid reason to buy the subscriptions? Really shameful and unprofessional in my opinion.

Same here,
I got the email for voucher code of Unity Teams Advance.
but no free snaps package,
and there are no emails for license

I think the blog poster should have a word with the marketing team about the Dark UI part. Its not helping the whole argument that it doesnt affect peoples eyes using the light theme when you directly say it does.

FYI I dont really mind the light theme but many will use this as an argument point. So either remove it or accept that something has to budge.

How do I get the student asset pack?? I’ve activated the subscription key, but i can’t find how to get the assets

Hey Jessie,you should have received the voucher code and instructions on how to redeem the asset pack in your welcome email.

Hi Trey! I also did not get any voucher/coupon for the asset pack. I got the code for Unity Pro and Unity Teams Advanced in the emails, but not for the asset pack. My friends also have the same problem.

Hello, I also did not receive an email with instructions about the asset pack. Only received email with pro licence and code for unity teams. I have checked my spam folder as well.

I received the email for the asset pack yesterday , but still haven’t got the email for the unity serial key….

got the student asset pack yesterday, but still haven’t got the unity pro key after few day…

Hi Trey!! I activated my student plan today and got the Pro key, but I have not yet received the coupon code for the Asset Pack. Where should I go to get that fixed?

*Develop your game or project with an easy‑on‑the‑eyes, dark UI environment for those long hours, late-night cramming sessions, and game jams.*

Oh ok, then default is an hard‑on‑the‑eyes theme. I wasn’t expecting from Unity to knowingly creates a bad UI and then ask to pay for the healthy one.

Hey I applied for the plan and it showed me
“You’ve been approved for the Unity Student plan. The Unity Student plan is designed to support your learning, creation, and collaboration needs.”
but I haven’t received any emails till now for the serial key

Te llega al “correo electrónico” en el que estás registrado en Unity.
(No correo de github, no correo institucional)

Peter Mullins. Stop complaining. I’ve been using Unity’s default white theme for 6 years now without any problems. It’s not like the black theme is going to create a multi-million dollar project for you.

Eyestrain is not a joke. Talk with someone that suffer this and then think if a dark theme is not important, and remember, Unreal have dark theme by default for all users for free.

Good for you. However, it’s an objective fact that if your screen is brighter than the surrounding environment, it contributes to eye strain. Some people have control over the brightness of their surrounding environment, others don’t.

It’s absurd for Unity to monetize alleviating eye strain.

Really? You’re complaining about getting a FREE $1,500 engine and tutorials and community? You obviously don’t know what suffering is.

Thank you for providing such a valuable content for students, specially for the ones that cannot afford the Premium subscription for the tutorials :)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です