Search Unity

どんなスキルレベルの人にも使いやすいワールド構築ツールとエディター拡張機能:Black Horizon Studios の紹介

, 5月 19, 2020

Black Horizon Studios にとって、Unity アセットストアのパブリッシャーとして成功するということは、趣味で使う人にとっての使いやすさと、プロにとっての柔軟性のバランスが取れたアセットを提供するということです。この小さなスタジオでは、使いやすさと柔軟性の両方のニーズを満たすために努力を重ね、ダイナミックなワールド構築のための素晴らしいプログラミングシステムを開発しました。

「やりたいことをすべてやり遂げるのに十分な時間がないと感じることがあります。」Black Horizon Studios のオーナーである Will Shaw 氏はこのように話します。同社のアセットストアを見れば、その理由がよくわかります。Black Horizon Studios のアセットは、中世風のブーツポーション作成ツールなどの小さな 3D アートパックから、動的に空を生成したり、AI が搭載された野生動物のキャラクターを出現させたりする完成したシステムまで、その範囲は多岐にわたっています。幅広い好奇心とプログラミングへの情熱が、この小さなスタジオの原動力となっており、同社はクリエイターのためのツールを作るための新しい方法を探求し続けています。

「プログラミングとゲームデザインに魅了され、2010 年の初めに Unity を使い始めました」と Shaw 氏は説明します。「プログラマーとしてのスキルを高めるために、さまざまなシンプルなゲームやツールを作り始めました。Unity Tree Creator を使って樹木や自然風景のパックを作り、自分のウェブサイトで販売していましたが、Unity フォーラムの数人のユーザーから、アセットストアで販売してみてはどうかと勧められました。そこで実際に申請してみたところ、受理されたその日から売れ始めたのです。」

Black Horizon Studios は現在もアセットストアでいくつかのアートパックを販売していますが、開発の中心は大規模なプログラムアセットシステムにシフトしています。長年アセットストアのパブリッシャーとして実績を積んできた同社は現在、オールインワンの AI 作成ツールである「Emerald AI」、ランタイム中に AI とオブジェクトを生成して特定のバイオーム環境に配置し、不要になったらそれらを破棄する「Crux – Procedural AI Spawner」、そしてシャドウ処理されたボリューメトリックな雲や正確に再現された星座を含む、カスタマイズ可能な AAA 品質の空を生成するシステム「UniStorm」に注力しています。Shaw 氏は、Emerald AI で野生動物や群れを繁殖させるツールや、UniStorm で個別のバイオームに合わせた環境音、天気、音楽をカスタマイズできる新機能など、これら 3 つの主要製品をさらに発展させる大きな計画を持っています。

彼は『The Elder Scrolls』のようなゲームからインスピレーションを得ており、それらを評して「環境、AI、それからダイナミックな戦闘のやりとりで真の没入感を生み出している」と語ります。この「まとまりのある世界を作りたい」という思いが、どんな環境にも生命を吹き込むことのできるアセットをデザインするという彼のアプローチの原動力となっています。

誰もが使えるエディター拡張機能を作る

「複雑な機能を備えた高品質なアセットを作成することは重要だと思いますが、そのシステムが趣味で使う人にもプロの人にも使えるように汎用性を持たせることも重要だと思います。」と Shaw 氏は言います。このため、Black Horizon Studios のシステムは、シンプルなエディター拡張機能から制御することも、複雑ながら汎用性の高い API から制御することも両方できるように作られています。これによって両方のグループのユーザーのニーズを満たすことができ、他のキャラクターコントローラーや AI システムを幅広くサポートすることも可能になっています。

「私はモチベーションの大部分を顧客からもらっています。私のアセットが彼らの夢の実現に役立つのを見るのが大好きです。」と彼は説明します。「私は、カスタマイズの深い層を追加することで、私のアセットを可能な限り汎用性の高いものにしようとしています。私の Emerald AI システムでは、最新のアップデートでアビリティシステムを作成しました。Ability オブジェクトを通してカスタマイズ可能な能力を作成し、それを Emerald AI エージェントに追加することができます。私の顧客は、私が思い描いていた通り、これらの Ability オブジェクトを使って、あらゆる種類のかっこいい呪文や投射物、その他にもとにかくたくさんのアビリティを作成しました。私が想像もしていなかったようなアビリティを創り出してくれた顧客もいましたよ。」

Shaw 氏は、いくつかのプロトタイプや独自公開のアプリを作成してきましたが、彼にとっての醍醐味は、デモを作成して顧客と関わることです。

「私のアセットが、顧客が自分で書くには時間がかかりすぎたり複雑だったりするようなツールやシステムを提供することで、顧客が自分のゲームを作れるようになるところを見るのが大好きです。」と彼は言います。「パブリッシャーとして最も重要なことの 1 つは、顧客とそのフィードバックに耳を傾けることだと思います。アセットが必要だと感じている方向性と、顧客がアセットに欠けていると感じている部分のバランスを見つけるのは難しいかもしれませんが、それに向かって努力することが重要です。」

素晴らしい製品、顧客との強い関係、アセットストアのサポートにより、Black Horizon Studios の未来は明るいものになるでしょう。

5 replies on “どんなスキルレベルの人にも使いやすいワールド構築ツールとエディター拡張機能:Black Horizon Studios の紹介”

Stop spending time and money on blog posts like this…
Instead, actually work on the terrain for Unity and get it production-ready.

And please for the love of god…add grass support for HDRP.

Thanks to sharing the nice blog with as for giving the information about the world-building tools & editor extensions for all skill levels.

I use and rate the awesome work of Will, using Emerald Ai in our game “Dead Fury” has proven to be pivitol to our success.
Congrats on the well deserved feature Will!

Those are NatureManufacture assets. The clouds aren’t volumetric or why aren’t they shown as such? OverCloud has real volumetric ones. And I’ve bought Crux because of the promise of VSP Biome integration. Is that working finally? I gave up checking on that, money wasted.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です